秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

前回はパイロット不足で大量欠航に追い込まれているLCCの独自体質や弱点について伝えた。では、安全面についてはどうか? 効率性を重視するLCCでは、航空機の整備でも大手と違いはあるのか? 取材したジェットスター・ジャパンを例に報告する。

(2014年6月27日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

ピーチ・アビエーションやバニラエアなど国内LCCでパイロット不足が深刻化し、相次いで運航中止に追い込まれる事態が続いている。その背景では、何が起こっているのか?

(2014年6月13日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

キャビン最前方の仕切られた空間に、ごく限られた数だけ設置されているファーストクラス。閉ざされたカーテンの向こう側には、どんな世界が広がっているのか? 豪華シートと機内食から、この最上級クラスのニュートレンドを探ってみる。

(2014年5月30日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

LCC(格安航空会社)はいつどこで始まり、世界にどう広がっていったのか。その歴史を振り返ることで、航空の近未来が見えてくる。LCCは格安での旅を実現しただけでなく、人々の価値観やライフスタイルをも変えようとしている。

(2014年5月9日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

消息を絶ったマレーシア航空370便。インド洋でブラックボックスの信号を探知したというニュースもあったが、発見には至っていない。そもそもブラックボックスとはどういうものか?

(2014年4月25日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

その広大さに、ただただ圧倒されるばかりだった。全米一の規模を誇るデンバー国際空港。米国のほぼ中央に位置するという地の利を生かし、今後も間違いなく世界の空の要衝として大きな発展を遂げるであろう同空港を、関係者の案内のもとに歩いてみた。

(2014年4月11日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

トラブル続きで一時期は利用を敬遠する旅行者も出ていたボーイング787だが、その快適さはやはり別格! 2013年6月に開設されたユナイテッド航空の成田/デンバー線で、異次元のフライトを体験した。

(2014年3月28日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2013年12月20日、日本にまた新しいLCCが誕生した。同年10月で運航を終了したエアアジア・ジャパンの後を受け「リゾートLCC」として生まれ変わったバニラエアだ。その“変身ぶり”を探るため、成田から那覇へのフライトを体験した。

(2014年3月14日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

1970年にデビューして以来、世界の空で活躍を続けてきたボーイング747。ジャンボ機ならではの裏話やこぼれ話も少なくない。今回は、そんなエピソードを集めてみた。

(2014年2月21日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2014年3月31の那覇から羽田へのラストフライトで、ついに日本の空から姿を消すジャンボ機──ボーイング747-400。日本人に最も愛されたこの名機は、いかにして誕生したのか? その歴史を、改めて振り返ってみよう。

(2014年2月14日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

スカイマークは2014年3月、プレミアムシートのみを搭載したエアバスA330-300を羽田−福岡などの国内幹線に導入する。同社を率いる西久保愼一社長に、その戦略と今後のプランなどを聞いた。

(2014年1月28日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

国内でも海外でも、このところローカルな空港に降り立つ機会が多い。着陸後、駐機スポットに向けて地上走行する機内の窓からつい見とれてしまうのが、マーシャラーと呼ばれる人たちの仕事ぶりだ。今回はそのマーシャラーの仕事について──。

(2013年12月25日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

成田、羽田、関西の3空港から首都ジャカルタとバリ島のデンパサールへ、週28便を運航するガルーダ・インドネシア航空。日本からの路線では、実にユニークなサービスを展開する。そのサービスを実体験するため、成田からジャカルタへ飛んだ。

(2013年12月13日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

「ねえ、見て見て。この飛行機、羽をバタバタしてる」と、フライト中に男の子が声を上げた。それを聞いて「飛行機は鳥じゃないんだから、羽はバタバタしないのよ」と隣のお母さん。さて、どちらが正しいのか? 今回は旅客機の主翼の構造について──。

(2013年11月29日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

米連邦航空局(FAA)は10月31日、離着陸時でもスマートフォンなどの電子機器の使用を認める規制緩和案を発表した。これまで一貫して出発時や到着時に「電源オフ」を求めてきたのを一転、利用を許可した背景には、何があるのか?

(2013年11月2日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

エアライン各社はここ数年、ビジネスクラスの革新を進めてきた。従来のファーストクラスをしのぐ豪華シートも登場している。その最新トレンドは、ズバリ「全席通路側」だ。

(2013年10月28日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

大型機の登場で空の長距離移動が一般化してから半世紀以上が経過した。ジェット化で大量輸送時代の幕を開けた1950年代以降と、ハイテク機が登場する1990年代から現在までの2つの時期に分けて、駆け足で歴史を振り返る。

(2013年10月16日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

雲の上では、出会う乗客のタイプもいろいろだ。旅慣れたスマートな人もいれば、思わず目を覆いたくなるような身勝手な行動をとる人も。飛行機は大人のマナーを身につけて、カッコよく乗りたい。

(2013年9月25日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

ドイツのフランクフルト空港には、世界でも珍しいファーストクラスの利用者だけの専用ターミナルがある。運営するのは、同空港をハブ拠点とするルフトハンザだ。今回はこの“究極”ともいえる施設に、読者のみなさんをお連れしよう。

(2013年9月13日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

シンガポールを拠点に2012年6月に運航を開始した新しいLCC、スクートが急成長中だ。同年10月には台北(桃園)線を延長する形で成田にも就航。日本からの利用者に旅の新たな選択肢を提供してくれる同社のフライトを体験した。

(2013年8月30日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

エミレーツ航空は2013年8月1日、エアバスA380の運航開始から5周年を迎え、同機の乗客数が1800万人を突破したと発表した。その一大拠点が、アラブ首長国連邦最大の都市にあるドバイ国際空港だ。今回はその“スーパーハブ”を案内しよう。

(2013年8月13日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

旅とは、目的地に着いてから始まるものではない。目指す先が欧米であれ、アジアであれ、出発地の空港で搭乗ゲートをくぐった瞬間から旅は始まる。それが私の考え方だ。本格的な夏休みを前に、今回は“ヒコーキ旅行”のすすめ──。

(2013年7月29日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

MRJ(三菱リージョナルジェット)の離陸が間近に迫っている。予定している初飛行は、2013年の第3四半期。多くのファンが待ち望んだ国産旅客機の実用化に向け、これからの半年間はまさに正念場だ。

(2013年7月19日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

世界の空を飛びまわっていると、各地のさまざまな空港で意外なものやユニークなシーンに遭遇する。「世界の空港探訪記」と題して送る第1回は、米国と欧州の4つの空港で発見した、ちょっと面白いいくつかを紹介しよう。

(2013年6月26日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

観光列車でケアンズの熱帯雨林を抜け、復路はスカイレールで上空から景色を一望する。南オーストラリアのアデレードから北端のダーウィンへは、ザ・ガン鉄道で縦断。日本からのアクセスはジェットスター航空を利用し、空路と陸路で豪大陸を満喫した。

(2013年6月19日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

日本から南アフリカへの旅行者が、2012年は前年比30.9%増の3万4415人と過去最多を記録した。南ア旅行の人気が高まっている背景は? 今後の展望と課題は? 同国観光局の責任者に聞いた。

(2013年5月31日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

目的地へどういう経路でアプローチするか。どの時間帯のフライトを利用するか。それによって実現できる旅もずいぶん変わってくる。羽田から早朝のニューヨークを経由するアメリカン航空便を選択することで、限られた時間をムダなく有効活用し、私たちは憧れだった美しき碧きカリブの休日を手に入れた。

(2013年5月17日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

JALが利用者数を伸ばしている。その“復活”を支えてきたのが、サービスの最前線で活躍するCA(客室乗務員)たちだ。JALサービスの極意について、最高峰であるファーストクラスを担当する現役CA、秋澤麻由さんに聞いた。

(2013年4月26日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

LCCでありながら中距離路線を運航するエアアジアXは、大型の機材を使用し、エコノミーのみならず上級クラスのサービスも提供している。そんな同社のプレミアムクラスの取材を兼ねて私たちは羽田からクアラルンプールへ飛び、さらにマレー鉄道で世界遺産の街マラッカを目指した。

(2013年4月3日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

エアライン人気ランキングで常にトップ3の一角を占めてきたシンガポール航空。なかでも長距離用機材に搭載しているビジネスクラスは「最強」と評価する人が少なくない。エアバスA380で運航する成田からシンガポールへのSQ011便で、極上のフライトを体験した。

(2013年3月15日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2011年12月からスタートし、空の旅を続けながら読者のさまざまな質問に答えてきた「旅客機と空港のQ&Aシリーズ」。到着したロンドンから送る最終回は、空港でふと疑問に思う4つの話題にスポットを当てる。

(2013年2月27日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

贅沢の粋をきわめたエアライン各社のファーストクラスのなかでも、エミレーツ航空がオール2階建て機エアバスA380に設置した個室キャビン「プライベートスイート」はとにかくスゴい! 成田からドバイへのEK319便で体験した、極上の空のもてなしをレポートする。

(2013年1月23日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

上空で飛行中の機体の向きを変えるとき、コクピットではどんな操作をしているのか? 濃霧の中でもなぜ旅客機は安全に空港に降りられるの? 「旅客機と空港のQ&Aシリーズ」第4弾は、巡航飛行から着陸までの4つの疑問に答えていく。

(2012年12月27日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

私はいま、成田を12時30分に発つスカンジナビア航空(SAS)の984便でデンマークの首都コペンハーゲンに向かっている。かつてSASのパイオニアたちがこの「北極航路」を開拓した時代に思いを馳せながら、北欧での自由気ままな休日を楽しむために。

(2012年11月16日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

成田からロンドンへの空の旅を続けながら、読者から寄せられた素朴な質問に答えていく「旅客機と空港のQ&Aシリーズ」。第3弾は、フライト中の安全面や機内でのユニークなエピソードについて取り上げる。

(2012年10月26日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

次世代ジャンボがデビューした。747-8インターコンチネンタル(747-8I)である。この最新鋭機をどこよりも早く導入したのが、ドイツのルフトハンザだ。2012年6月1日、フランクフルトから米国ワシントンD.C.への初就航フライトを密着取材した。

(2012年8月29日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

1日の平均乗降者数が25万人以上、発着する旅客便は計2600便にも達し、まさに“世界一忙しい空港”と言われるまでに成長を遂げたアトランタ国際空港。デルタ航空最大のハブ拠点である同空港に2012年5月、新しい国際線ターミナルがオープンした。

(2012年8月7日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

エイビーロードが実施した「海外旅行調査2012」で、イタリアは3年連続で「今後行きたい渡航先」の第1位に選ばれた。そのイタリアへ、日本から唯一のダイレクト便を運航しているのがアリタリア-イタリア航空である。成田からのAZ785便で、私も初夏のローマへ飛んだ。

(2012年6月26日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

約40年にわたって世界の空を飛び続けてきたシンガポール航空のボーイング747の歴史に、ついにピリオドが打たれた。「SQ747/748」という便名を冠したこの特別便で、世界中から集まった多くのファンとともにシンガポール/香港を往復した。

(2012年5月25日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

成田からデルタ航空でアメリカ西海岸のサンフランシスコへ。そこからはフェリーを利用し、ワインの産地ナパバレーを目指す。今回の旅の目的はただ1つ──世界中の旅行者を魅了してやまない観光列車、ワイントレインに乗ることだった。

(2012年5月8日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

前回のレポートで話題のLCCを取り上げたところ、多くの読者から「そんなに安くしてちゃんと整備はやれているの?」「事故などの心配はないのか?」といった声が届いた。当然の疑問だろう。そこで今回は、LCCの安全面について考察してみたい。

(2012年3月30日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2012年3月1日、日本で初めてとなる本格的LCCのピーチがデビューした。大手とは異なるビジネスモデルで驚異的な低運賃を打ち出し、航空自由化が進んだ欧米で発達してきたLCC。2000年代に入るとアジアにも波及し、その数は現在、世界で120社を超えている。LCCはどうやって“格安”を実現しているのか?

(2012年3月15日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

ボーディングブリッジを通って機内に進むと、乗客1人ひとりを入り口で笑顔で迎えてくれる客室乗務員たち。機長や整備士、グランドハンドリングのスタッフたちが空港で出発準備を進めている間、彼女たちはどこで何をしているのか?

(2012年2月28日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

1日に500便もの旅客機や貨物機が発着する日本の空の玄関口、成田空港。その舞台裏を訪ね、機長の仕事を中心に1便1便の運航を支えるプロフェッショナルたちの活躍を追った。

(2012年2月14日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

3泊4日で香港に飛んだ。たまった仕事を片づけ、同時にエネルギーをチャージして“元気”をもらうために。キャセイパシフィック航空で成田を発ったのは、クリスマスを翌週に控えた2011年12月の中旬だった。

(2012年1月16日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

前回からスタートした「旅客機・空港のQ&A」シリーズ、第2弾。ロンドンへ向けて飛行を続ける機内から、今回は気圧の変化による身体への影響や旅客機のトイレのしくみなど、さらに4つの疑問に答えていこう。

(2012年1月5日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

誠 Styleで連載を始めて早1年。この間、読者から旅客機や空港についてさまざまな質問が届くようになった。そこで今回より「Q&Aシリーズ」をスタートし、成田からの海外へ実際のフライトを続けながら、いただいた質問についてひとつひとつ答えていくことにしたい。

(2011年12月1日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

今回のドイツ渡航は、ルフトハンザの“新”と“旧”の取り組みに触れることが目的だった。バイオ燃料フライトを体験した私たちは、続いて同社が維持・保管する伝説の名機「ユンカースJu52」のフライト取材に向かう。

(2011年11月2日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

地球温暖化の防止へ、エアライン業界でもさまざまな取り組みが始まった。環境規制の厳しい欧州では現在、ドイツのルフトハンザが、バイオ燃料による商業路線でのデイリー運航を実験的に続けている。

(2011年10月24日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

ボーイングが開発を進めてきた次世代機787“ドリームライナー”がついに完成。9月26日にローンチカスタマーのANAに引き渡され、翌27日早朝にシアトルを発った787は、日本時間の9月28日午前9時過ぎに羽田に到着した。

(2011年9月29日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

深みのあるブルーグリーンに塗られた機体が印象的で、機内では民族衣装アオザイに身をつつんだクルーたちが出迎えてくれる。そんな個性豊かなエアライン、ベトナム航空を利用し、成田からホーチミンへ飛んだ。

(2011年9月28日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

世界の空を毎日のように飛び続ける旅客機は、どんなふうに整備されているのだろうか? 今回は、磨き上げた専門の技術や知識を駆使して“空の安全”を支えるスペシャリストたちの現場を覗いてみよう。

(2011年8月19日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

“飛行機と空と旅”がこの連載のテーマであるが、今回は大気圏を飛び出し、高度110キロの宇宙空間へ──。輝く星々や青い地球をスペースシップから眺める夢の宇宙旅行が、いよいよ2012年にも実現する。

(2011年7月29日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

ボーイングの次世代中型機787が7月3日早朝、日本に初飛来した。翌7月4日には、羽田に完成したANAの新しい整備ハンガーでその機体を報道陣の前に披露。そして7月5日には大阪・伊丹に向けて飛び立った。787ドリームライナーの、日本での“熱い1週間”が続いている。

(2011年7月5日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2011年6月17日、大韓航空のエアバスA380がソウル/成田線に就航した。私は前日に仁川国際空港に入り、当日朝9時10分発の就航初便で成田までのフライトを体験。その詳細をレポートする。

(2011年6月28日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

滑走路に降り立った旅客機がターミナル前のスポットに誘導され、停止すると、普段あまり見かけることのないさまざまな形をした車両が集まってくる。それはまるで、お菓子に群がるアリのよう。空港で活躍する特殊車両の任務・役割に注目してみよう。

(2011年6月10日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

新しい旅客機が完成するまでに、いったい何年かかるのか? よくそんな質問を受けることがある。そこで今回は、新機種の開発プランが持ち上がってから、設計・製造を経て市場に送り出されるまでの具体的なプロセスを追ってみた。

(2011年5月16日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2013年、ソーラーインパルスはいよいよ世界一周に挑む。そのための2号機“HB-SIB”の開発もすでにスタートした。夢への大きな一歩となった、2010年7月の“24時間連続飛行”。当時の様子を振り返りながら、2人のリーダーにインタビューに答えてもらった。

(2011年4月22日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

化石燃料をいっさい使わず、太陽エネルギーだけを動力とする有人飛行機で世界一周を実現する──そんな夢みたいなプロジェクトが現在、スイスを拠点に進行中だ。プロジェクトの詳細と現在までの取り組みを2回に分けて報告する。

(2011年4月15日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

大地震にともなう原発事故が深刻化し、各国のエアラインが対応に追われている。欧州系キャリアでは、成田から“撤退”する動きも出てきた。日本人旅行者にも今後、重大な影響がおよぶことは間違いない。

(2011年3月18日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2011年2月20日、ブリティッシュ・エアウェイズのロンドン線やデルタ航空のデトロイト線とともに、アメリカン航空のニューヨーク線が羽田から新規に就航した。羽田の国際化は、これからの旅にどんなスタイルを定着させようとしているのか? それを改めて検証するため、私は就航初便でニューヨークへ飛んだ。

(2011年3月10日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

2007年10月にシンガポール航空のシンガポール/シドニー線でデビューを果たしたエアバスのオール2階建て旅客機A380の、世界へのネットワークが広がっている。「空飛ぶ豪華ホテル」の異名をもつこの巨人機は、どんな発想から生まれ、旅の可能性をどう広げたのか?

(2011年2月23日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

開発の遅れが懸念されていた次世代機787について、ボーイングは今年1月に「初号機納入は2011年第3四半期(7〜9月)」と発表した。1号機を受領するのはANAだ。スケジュール通りに進行すれば、いよいよ年内にも日本の空でデビューすることになる。787は、これからの空の旅をどう変えるのか?

(2011年2月9日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

今年はどこへ旅しようか? ゴールデンウィークや夏の休暇に向け、早くもあれこれプランを練っている人も多いだろう。世界は広い。どのエアラインでどこを目指すかで、旅のスタイルも経験できる内容も変わってくる。2011年にぜひ候補の1つに加えてほしいのが、“空のシルクロード”を行くトルコ航空での旅だ。

(2011年1月19日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

羽田の国際化で海外旅行が便利になった半面、出発が早朝・深夜の時間帯で設定されているため、なかには空港近くでの“前泊”を余儀なくされる人も。そんな人たちにぜひ利用してみてほしいのが、ターミナルに直結する羽田エクセルホテル東急だ。

(2010年12月27日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

12月9日深夜、アジア最大の格安航空会社、エアアジアXがついに日本に上陸した。大手とは異なるビジネスモデルで驚異的な低運賃を実現するLCCが、国際線着陸料の高い羽田で、はたして成功できるのか!?

(2010年12月11日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

ヨハネスブルグを早朝に出発して、クルマで約6時間。クルーガー国立公園には午後2時前に到着した。ここからは五感を総動員しての、野生の声と匂いを感じとる旅が始まる。予約したホテルにチェックインして荷物を解くと、わたしはさっそく動物たちの楽園に足を踏み入れた。

(2010年12月3日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

動物たちに会いたい。檻の中で飼われているライオンやキリンやゾウではなく、広大なジャングルに棲息する野生の動物たちに──。アフリカに行こうと決めたのは、そんな思いを実現するためだった。利用したのはタイ国際航空のバンコク経由便だ。前・後編の2回に分けて報告する。

(2010年11月29日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

羽田から32年ぶりとなる国際定期便が再開した。これからは日帰りの海外旅行も可能になるという。就航初日のチャイナエアラインの早朝便で、実際に台北へ飛んだ。当日の最終便で帰国するまでの詳細を、時間軸を追ってレポートする。

(2010年11月5日)
秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:

欧米やアジア、中東・アフリカ、オセアニアなど世界の空を旅しながら、作家/航空ジャーナリストの秋本俊二が“旅とエアライン”についてつづる新連載「“飛行機と空と旅”の話」。第1回のテーマは本格的な国際空港として生まれ変わる羽田空港。10月21日のオープンを前に、新しい国際線旅客ターミナルを歩いてみた。

(2010年10月15日)

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -