連載
» 2011年09月28日 08時00分 UPDATE

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:ベトナム航空で成田からホーチミンへ (1/5)

深みのあるブルーグリーンに塗られた機体が印象的で、機内では民族衣装アオザイに身をつつんだクルーたちが出迎えてくれる。そんな個性豊かなエアライン、ベトナム航空を利用し、成田からホーチミンへ飛んだ。

[秋本俊二,Business Media 誠]

 インドシナ半島東側の、南北に細長い国──ベトナム。リゾートや文化、グルメなどさまざまな魅力があふれる同国に、日本から毎年多くの旅行者をいざなっているのがベトナム航空だ。そのサービスは? 魅力は? 成田から同国最大の都市ホーチミンへのフライトを体験してみた。

日本の4都市からホーチミン、ハノイへ

 ベトナム航空のホーチミン行きVN951便はトーイングカーに押され、成田空港第2ターミナルの87番ゲートを静かに離れた。定刻の午前10時を回ったところだ。キャビンの窓から隣のスポットに目をやると、同じ深みのあるブルーグリーンに塗装された機体が出発準備を進めている。こちらはVN951便の30分後に離陸するハノイ行きのVN955便である。

飛行機と空と旅 成田路線に導入されているエアバスA330-200

 ホーチミンとハノイ。同国を代表するこの南北の都市に、ベトナム航空は成田から毎日、ほぼ同じ時間帯に2つの便を飛ばしている。そのため空港第2ターミナルのIカウンターは、午前8時ごろからチェックイン手続きのための長い列ができる。ここ数年、若い女性を中心にベトナム旅行熱が高まり、私の乗った便もほぼ満席だった。

飛行機と空と旅 同じ10時台にホーチミン行きとハノイ行きが出発
飛行機と空と旅 毎朝カウンターには長い行列ができる

 成田からホーチミンとハノイへのフライトで運航している機材は、いずれもエアバスA330-200である。キャビンはビジネス(24席)とエコノミー(242席)の2クラスでレイアウト。座席のリニューアルも進み、VN951便のビジネスクラスには快適なシェル型シートが設置されていた。

飛行機と空と旅 ホーチミン行きの新しいビジネスクラス
飛行機と空と旅 シェル型シートで快適にリクライニング
飛行機と空と旅 エコノミークラスにも個人モニターが完備

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ