連載
» 2012年02月28日 10時00分 UPDATE

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:客室乗務員の日々に密着。出発までの時間、彼女たちは空港のどこで何を? (1/3)

ボーディングブリッジを通って機内に進むと、乗客1人ひとりを入り口で笑顔で迎えてくれる客室乗務員たち。機長や整備士、グランドハンドリングのスタッフたちが空港で出発準備を進めている間、彼女たちはどこで何をしているのか?

[秋本俊二,Business Media 誠]

 機内で出会う乗務員たちは、空港にはいつごろ現れ、出発までの時間を空港のどこで何をして過ごしているのか? 気になっている人も多いだろう。機長の仕事を中心に旅客機運航の舞台裏をレポートした前回に引き続き、今回は客室乗務員の日々の活動に密着してみよう。

フライトの詳細を各自でチェック

 成田空港第1ターミナルに向かうと、南ウイングの手前に、全面ガラス張りのしゃれた斬新な建物が見えてくる。「ANAスカイセンター」の名前で呼ばれるこの建物は、ANAの客室乗務員たちにとっての重要な拠点だ。所定の時間になると、その日のフライトに乗務予定の客室乗務員たちが続々と出社してくる。

飛行機と空と旅 成田空港第1ターミナル南ウィングに隣接する客室乗務員たちの拠点

 客室乗務員が姿を現すのも、パイロットと同じ出発時刻のおよそ2時間前である。彼女たちは出社すると、最初に乗務員カウンターに立ち寄り、その日の乗務スケジュールと各自のメールボックスに配布されている個別の連絡事項を確認する。その後は、フロアに設置されたパソコンや中央に置かれた掲示板で情報をチェック。パソコンには別のフライトから戻った客室乗務員からのレポートなどがアップロードされている。

 「乗務員同士のコミュニケーションツールとして活用しています」と話すのは、入社2年目を迎えた若手CAの1人だ。「例えば先輩乗務員からの『フライトでこんなサービスを取り入れてみた』といった報告などは、ありがたいですね。お客さまに喜ばれるサービスは、私たちも積極的に試してみるよう心がけています」

飛行機と空と旅 フロアに設置されたパソコンで必要な情報を入手(撮影:チャーリィ古庄)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ