コラム
» 2012年10月26日 08時55分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:鉄道、映画、お金の関係を考える――『旅の贈りもの』制作者インタビュー(後編) (1/8)

鉄道会社でもロケーションサービスの取り組みが始まっている。映画やドラマなどの制作に協力することで広報に役立てようという考えだが、そこに問題はないのか。映画プロデューサーの竹山昌利氏に話を聞いた。

[杉山淳一,Business Media 誠]

竹山昌利氏のプロフィール

1973年に三船プロダクションに入社。1978年よりフリーの製作者として独立。テレビドラマ「太陽にほえろ」「大都会」「Gメン75シリーズ」「赤い◯◯シリーズ」ほか、東映東京撮影所の劇場用映画を担当。1994年からプロデューサーとして活躍中。主な作品は『星守る犬』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『旅の贈りもの 0:00発』『恋空』『T.R.Y.』など。


 10月27日から映画『旅の贈りもの 明日へ』が全国で公開される。3人の主人公が列車で自分探しの旅に出る。旅の舞台は福井、そしてJR西日本など福井の列車たち。このようなロケ主体の映画では地域の「フィルムコミッション」や企業の「ロケーションサービス」部門が撮影を支援する。

 フィルムコミッションとロケーションサービスの役割はどちらもほぼ同じ。前者は自治体や住民、商店街などを代表する公的団体で、ロケーションサービスは企業の一部門である。広報、宣伝活動の一環とも言える。例えばJR西日本は2004年から「ロケーションサービス」部門を発足し、映画やドラマ、コマーシャルに鉄道施設を提供している。

 地域や企業は映画やドラマにロケ地を提供することで、宣伝効果と地域活性を期待する。映画制作者はスムーズな撮影と、ロケ地の人々の観客動員を期待する。ただし、どちらか一方だけが利すれば良好な関係は保てないだろう。映画制作と地域のつながり、企業の協力について、どのような関係が望ましいのだろうか。

 →なぜ鉄道映画が注目されているのか――『旅の贈りもの』制作者インタビュー(前編)

489系と制作者の人脈で決まったロケ地

yd_sugiyama1.jpg 『旅の贈りもの 明日へ』に登場する489系電車

杉山:『旅の贈りもの 明日へ』は、まず489系電車(国鉄時代に製造された特急電車。特急「雷鳥」として大阪−金沢−富山間を運行していたが、最後は上野−金沢間を急行「能登」として定期運行を終え、2011年3月で引退)ありきで作られたそうですね。

竹山:そうです。監督と脚本家に「489系のシーンをたくさん出そう」と指示しました。仕上がった作品を見ると、前作より電車の出番は少ないです。ほんとはもっと多くしたかった。ラストシーンも489系に乗る場面にしたかった。でも、それだと前作『旅の贈りもの 0:00発』と同じになってしまうのでやめた。

杉山:『0:00発』は全編の半分くらいが列車の走行シーンと車中でしたね。エンディングでEF58と旧型客車が走って、中森明菜さんの『いい日旅立ち』が流れる。鉄道ファンじゃなくてもじわっと来ると思います。

竹山:前回のEF58と同様に今回も「489系電車を動かす」ところに意義がありました。それと同時に難しさもあった。実は、JR西日本の489系は北陸本線しか走れないそうなんです。

杉山:特急雷鳥のルートですね。

       1|2|3|4|5|6|7|8 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集