インタビュー
» 2013年11月06日 18時00分 UPDATE

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:なぜ私たちはG-SHOCKにハマったのか――G-SHOCKマニア座談会 (1/5)

G-SHOCKが大好き!という「マニア」は、何がきっかけでハマったのか? G-SHOCKのどこがツボ? カシオに言いたいことは? 2時間以上盛り上がった“G-SHOCK愛”満載の座談会の模様を、写真多めでお送りします。

[吉村哲樹,Business Media 誠]

 2013年で30周年を迎えたG-SHOCK。これまで本連載では7回にわたり、カシオ社内の関係者を中心にG-SHOCKにまつわる話をインタビューし、その歴史を振り返ってきた。今回は少し趣向を変えて、一般のG-SHOCKファンの方4人に集まっていただき、G-SHOCKにまつわる思い出やこだわりなどについて、座談会形式で自由に語り合ってもらった。

 各人お気に入りのモデルや自慢のコレクションを持ち寄り、2時間以上にもわたりG-SHOCK談義に花が咲いたこの座談会。以降で、その模様を紹介することにしよう。

座談会参加者

ay_gshock01.jpg 座談会に参加いただいた4名

 今回座談会に参加していただいたのは、以下の4名。いずれもG-SHOCKが好きで集めているという“マニア”だ。

阪口周平さん(声優。代表作は『スタートレック』カーク役、『ゴシップガール』チャック・バス役、『イナズマイレブン』綱海条介役など)

大川晃弘さん(会社員)

八木沢篤さんMONOist 副編集長)

上口翔子さん誠 Biz.ID 編集記者)

 4人が持ち寄ったG-SHOCKはさまざま。それぞれがどんなG-SHOCKを持っているか、どんなポイントで選んで買っているか……といった詳細は、追って紹介していきたい。


G-SHOCKとの付き合い方、楽しみ方

ay_gshock02.jpg 声優の阪口周平さん。G-SHOCKの中でもタフソーラー搭載モデルが好きだそう。腕に着けているのが、SKYCOCKPIT30周年モデル

阪口さん: 僕は声優という職業柄、収録に臨む際に集中的にテンションを上げなければいけないのですが、G-SHOCKはその手助けをしてくれるんです。とにかく機能がてんこ盛りで、見た目も主張が強いじゃないですか。そんな時計を身に着けていると、「時計に負けちゃいけない!」と自然と気合が入るんです。逆に、家に帰って時計を外した途端に、電源が落ちたみたいに一気にテンションが下がります(笑)。

上口さん: ああ、それよく分かります!

大川さん: 阪口さんは、スカイコックピットの30周年モデル(編注:GW-A1030A-1AJR。GW-A1000をベースにした30周年記念モデル)もお持ちなんですね。僕も欲しかったんだよなあ、これ。

阪口さん: G-SHOCKに本格的にはまるきっかけになったのが、このモデルだったんです。1年ほど前に、弟がたまたまスカイコックピットのロイヤルエアフォースモデルを持っていて(参照記事)、それを見せてもらったときに「G-SHOCKにこんなかっこいいモデルがあるのか!」と衝撃を受けて。それ以降、G-SHOCKを集めるようになりました。

ay_gshock06.jpg 阪口さんのG-SHOCK。スカイコックピットの30周年モデルのほか、mastermindコラボモデルやSTUSSYコラボモデルなど(クリックすると拡大)
ay_gshock12.jpg 米国西海岸発のサーフ&アパレルブランド、STUSSY(ステューシー)とのコラボモデル。タイドグラフ機能が付いている(阪口さん所有品、クリックすると拡大)
ay_gshock13.jpg mastermindとのコラボモデル(阪口さん所有品、クリックすると拡大)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ