連載
» 2012年05月07日 08時02分 UPDATE

仕事をしたら“男女の関係”が見えてきた(後編):心理分析でここまで分かる、男と女の相性 (3/5)

[土肥義則,Business Media 誠]

土肥:女性でモテないタイプは?

四元:女性の26%は「自分はリーダシップ派」だと思っている。でもリーダーシップを好む男性は2%しかいません。これは悲劇ですよね。供給過剰なので、どんどん価値が下がっていきます。

 優等生というのは過度に従順、リーダーシップは過度に厳しい。「従順」「厳しい」というキーワードに対し、人は避けていく傾向があるんだなということがうかがえました。

 下の図を見ていただけますか? その昔『プロポーズ大作戦』という番組があって、その中で「フィーリングカップル5VS. 5」というコーナーがあったのをご存じですか?

yd_yotumoto01.jpg 性格タイプ別の恋愛相関図

土肥:あっ、知っています(笑)。男性と女性が5人ずつ集まって、集団お見合いをするコーナーですよね。この図を見て、すぐに笑えるのは40代以上の人では。

四元:モテない優等生とリーダーシップを除けば、自由を愛する自由奔放同士、愛で包み込む癒し包容同士、大人のムードが売りのクールアダルト同士、と似た性格の異性を好む傾向があるんですよ。

 自分は自由奔放に生きているという人は、自分と同じようなタイプの人を好きになるほうが付き合える確率は上がるでしょうね。あと男性の優等生、癒し包容、リーダーシップともに、女性の癒し包容が好きですね。男性のクールアダルトは女性の優等生、リーダーシップからも好かれています。でも一番相性がいいのは、クールアダルト同士。大人の雰囲気をもっている男性は同じような雰囲気をもつ女性を好む。逆もしかりですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -