インタビュー
» 2015年04月08日 08時08分 UPDATE

水曜インタビュー劇場:レトルトカレーはブランドが多いのに、なぜカレールーは少ないのか (1/5)

スーパーのカレーコーナーを見ると、レトルトカレーにはたくさんのブランドがあるのに、カレールーは大手3社の商品がズラリ。なぜこうした現象が起きているのだろうか。ハウス食品の担当者に話を聞いたところ……。

[土肥義則,ITmedia]

 「リンゴとハチミツ恋をした♪ ハウス、バーモントカレー」――。1973年から12年間、歌手の西城秀樹さんがテレビCMに出演しているのを見て、「ヒデキ、感激」といったキャッチコピーを記憶している人も多いだろう。

 家庭用カレーの代名詞ともいえる「バーモントカレー」は、日本のカレールー全体で30%のシェアを握る。スーパーの棚にはカレールーがたくさん並んでいるが、なぜバーモントカレーはトップシェアを走り続けているのか。このロングセラー商品の歴史を振り返ると、消費者の嗜好に合わせた「改良」というキーワードが浮かびあがってきた。ITmedia ビジネスオンライン編集部の土肥義則が、ハウス食品の広報部に聞いてきた。

水曜インタビュー劇場:

 →バーモントカレーが、中国で売れている秘密(前編)

 →本記事、後編


ネーミングのヒントは「バーモント健康法」

土肥: 前回、白いご飯の上にカレーをかけて食べる習慣がなかった中国で、カレールーを普及させてきた話をうかがいました。ハウス食品の看板商品「バーモントカレー」が登場したのは1963年の9月。当時、カレーは辛くて大人の食べ物というイメージが強かったそうですが、リンゴとハチミツを加えることで、子どもにも食べやすいカレーに仕上げたそうですね。

 カレールー市場でハウス食品は6割を超えていて、そのうちの半分はバーモントカレー。つまり、日本のカレールー全体の3割を占めているので、家の冷蔵庫の中を見ると、3軒に1軒はバーモントカレーがあるといった感じ。商品が誕生してから50年以上も経っているのに、なぜトップシェアを走り続けることができるのでしょうか。子どもの“胃袋”つかんだことに、ロングセラーの秘密があるような気がしているのですが。

yd_house1.jpg バーモントカレーのシェアは3割
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ