連載
» 2015年01月22日 08時00分 UPDATE

烏賀陽弘道の時事日想:福島原発に近い「国道6号線」が開通――そこで何を目にしたのか (1/6)

原発事故後、3年半ぶりに「国道6号線」が開通した。除染作業の人員や物資を輸送するために道路部分だけが開通したが、住民が戻らないままのエリアはどんな姿に変わり果てたのか。筆者の烏賀陽氏が現地リポートする。

[烏賀陽弘道,Business Media 誠]

烏賀陽弘道(うがや・ひろみち)氏のプロフィール:

 フリーランスの報道記者・フォトグラファー。1963年京都市生まれ。京都大学経済学部を卒業し1986年に朝日新聞記者になる。週刊誌『アエラ』編集部などを経て2003年からフリーに。その間、同誌のニューヨーク駐在記者などを経験した。在社中、コロンビア大学公共政策大学院に自費留学し、国際安全保障論で修士号を取得。主な著書に『Jポップとは何か』(岩波新書)、『原発難民』(PHP新書)、写真ルポ『福島飯舘村の四季』(双葉社)、『ヒロシマからフクシマヘ 原発をめぐる不思議な旅』(ビジネス社)などがある。


 今回から数回にわけて、福島第一原発事故の被災地や避難者を訪ねた報告を書く。第1回目は、原発災害の被災地を南北に貫く幹線道路である国道6号線を走ってみた報告である。

yd_ugaya1.jpg (出典:JAF)

 この国道はかつての「警戒区域」(=立入禁止区域)である原発から半径20キロの半円形を縦に貫いている。立入禁止区域は段階的に「立ち入ってもいいが住めない区域」「依然立ち入りもできない区域」に改変された。そこへ2014年9月、除染作業の人員や物資の輸送の便宜のために国道6号の道路部分だけが開通した。復興に弾みをつけると期待された。が、今回走ってみて分かった。道路の両側は実質的には住民が戻らないままの「40キロの空白地帯」が続いていた。

 東京から乗った東北新幹線を福島駅で降り、レンタカーを借りた。阿武隈山地の峠道をのぼり、太平洋岸を目指す。全村避難になった飯舘村を抜けると、原発事故直後20キロラインと30キロラインで市域が分断されて食糧の供給が絶え「兵糧攻め」に苦しめられた南相馬市に出る。国道6号線を(南)に曲がった。このまままっすぐ走ると、福島第一原発である。

 これまで、私がフクシマの原発被災地を取材するとき、ルートは2つあった。ひとつは、今回のようなコース。北から南へ福島第一原発方向に向かうかっこうになるので「北回り」と呼んでいた。もうひとつは、バスやJRでいわき市に行き、やはりクルマを借りて被災地に向かうコース。これは南から北へ原発方向へ向かうので「南回り」と呼んでいた。

 なぜこんな2つに分かれたのかというと、太平洋岸にある福島第一原発を中心にした半径20キロの被災地域の半円が「浜通り(福島県の太平洋岸)」地方をふさぎ、南北に分断していたからだ。ここは高濃度の汚染地帯でもあるので、道路は封鎖され、南北に抜けることができなかった。そんな状態が原発事故から3年半ずっと続いていた。

 それが昨年9月15日に、突如「開通」した。別に汚染が劇的に減ったからではない。区間内の平均空間放射線量は毎時3.8マイクロシーベルト。最大値は毎時17.3マイクロシーベルト(原発がある大熊町)あった。相変わらず高線量である。原発内外の除染作業が本格化して、人員や物資の輸送が劇的に増えたので、その便宜のために無理に道路を通したにすぎない。

yd_ugaya9.jpg 震災の直後、トラック輸送が途絶え市民が取り残されたまま「兵糧攻め」になった南相馬市。小学生の4割が避難して戻らない
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -