コラム
» 2014年01月08日 08時00分 UPDATE

史上最高のハイパーカーも完売:媚びないフェラーリが教えてくれる「勝ち残る法則」 (1/4)

欧州の債務危機に影響を受けた国で、新車の販売台数が減少している。そんな状況でも史上最高の業績を上げ、注目が集まっている企業がある。イタリアが誇るフェラーリ社だ。注目されるのは業績ではなく……。

[藤井薫,Business Media 誠]
yd_fujii1.jpg F12ベルリネッタ(出典:フェラーリ社)

 世界的な経済の低迷やライフスタイルの変化により、自動車需要も変化を続けている。もちろん国や地域によって状況は違うが、ギリシャやポルトガルなど欧州の債務危機に影響を受けた国々では、2012年の新車販売台数が40%も減少。フランスやスペイン、さらにイタリアでも、需要が10%以上も後退している。

 ところが、そんな状況でも史上最高の業績を上げ、今注目が集まっている企業がある。イタリアが誇るフェラーリ社だ。

 フェラーリ社は2012年、史上最高の販売台数を記録。全世界で7318台を販売し、売上高は24億3300万ユーロ(3466億円、1ユーロ:142円)に達した。

 フェラーリといえば、モータースポーツの分野で絶対的な存在感を持ち、その洗練されたスタイルと高性能なスポーツカーとして名高い。独特のエグゾーストノート(自動車の排気音)は、公道を走っているのを見かければ、思わず振り返ってしまうほどだ。

 しかし、注目すべきなのはフェラーリ史上最高の業績ではない。2013年5月、フェラーリはわざわざ世界のメディアをイタリアの本社に呼んだ。そして、イタリア北部のモデナで開催された発表会で語られたのは、予想もしない驚くべき成長戦略だった。

 そのひとつが、バカ売れしている中国で販売台数を減らすというものだ。

 これは大胆過ぎる決断だといえる。というのも、フェラーリの場合、中国本土、香港、そして台湾を含むエリアを大中華圏として扱っており、2012年の販売台数が784台に達するなど、同社にとっては2番目に大きいマーケットになっているからだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ