連載
» 2012年12月28日 08時00分 UPDATE

アニメビジネスの今:ジブリなしでも好調だった2012年のアニメビジネスを振り返る (1/4)

スタジオジブリ作品の公開がなかったにもかかわらず2012年の劇場アニメは好調、テレビアニメの制作分数も前年以上となる見込みだ。2012年最後の記事ということで、2012年のアニメビジネスを振り返ってみたい。

[増田弘道,Business Media 誠]

アニメビジネスの今

今や老若男女を問わず、愛されるようになったアニメーション。「日本のアニメーションは世界にも受け入れられている」と言われることもあるが、ビジネスとして健全な成功を収められている作品は決して多くない。この連載では現在のアニメビジネスについてデータをもとに分析し、持続可能なあるべき姿を探っていく。


 今年も残すところ、あと少しとなった。そこで、今年最後の連載となるこの記事ではアニメビジネスにとってどういう年であったのかを振り返ってみたい。

 2006年をピークとして規模を縮小していたアニメビジネスだが、昨年から回復基調に入ったことは、「5年ぶりに制作分数が増加、レポートから見るアニメ業界の現状」で述べた。だが、今年のアニメビジネスの進ちょくを見ると、回復以上に「新たな発展」の芽が出つつあるのではないかと思われる点がいくつかあった。

 まず、業界全体の景気動向をうかがう上で指針となるテレビアニメの制作分数だが、昨年並みか、それ以上であることが予測される。それだけでも朗報なのだが、さらに劇場アニメが大健闘したことで興行収入が前年を100億円以上上回る可能性があるので、売上全体がかなり伸びる可能性があるのだ。

 現時点の2012年興行収入ランキングを次表にまとめたが、劇場アニメはベストテンに6作品のランクインが確実。中でも『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と『ONE PIECE FILM Z』はまだ公開中で、両映画とも50億円を突破しそうな状況だ。

2012年邦画興行収入ベストテン予測(発表データをもとに筆者作成)

順位 タイトル 興行収入 配給
1 BRAVE HEARTS 海猿 74億円 東宝
2 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 62億円 東宝
3 テルマエ・ロマエ 58億円 東宝
4 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 50億円〜 カラー/Tジョイ
5 ONE PIECE FILM Z 50億円〜 東映
6 おおかみこどもの雨と雪 41.8億円 東宝
7 ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー〜 36.2億円 東宝
8 ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ 34.5億円 東宝
9 名探偵コナン 11人目のストライカー 32.7億円 東宝
10 るろうに剣心 28億円 WB
10 のぼうの城 26億円〜 東宝/アスミック

 問題はどこまで伸ばせるかである。11月17日公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は邦画歴代4位(公開時)の初動11億3100万円を記録。現時点での2012年興行収入トップの『BRAVE HEARTS 海猿』の初動(8億8000万円)を上回った。興行収入は現在40億円を超え、50億円に近付いている状況だ。

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の華々しさに隠れがちだが、実は12月15日に公開された『ONE PIECE FILM Z』の初動は13億7000万円とあっさりと『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の記録を更新、邦画歴代2位となる数字を打ち立てた。こちらも最終的に50億円を超えるのは間違いなく、あとは『BRAVE HEARTS 海猿』にどこまで迫れるかが注目されるところとなる。

 もし、両作品とも50億円を超えたなら、スタジオジブリ作品抜きの年として初めて邦画興行収入が400億円を突破することになる(ジブリ抜きで最高だったのは2009年の311億円。2011年は『コクリコ坂から』があったが285億円にとどまった)。

歴代邦画初動興収ベストテン(発表データをもとに筆者作成。ただし、『千と千尋の神隠し』については祝日を含む3日間興業)

順位 タイトル 初動 最終興収
1 ハウルの動く城 14.8億円 196億円
2 ONE PIECE FILM Z  13.7億円 50億円〜
3 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 12.4億円 173.5億円
4 ROOKIES-卒業- 12.3億円 85.5億円
5 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 11.3億 50億円〜
6 千と千尋の神隠し 10.5億円 304億円
7 ONE PIECE FILM STRONG WORLD 10.3億円 48億円
8 崖の上のポニョ 10.3億円 155億円
9 HERO 10.09億円 81.5億円
10 花より男子ファイナル 10.05億円 77.5億円

 このように劇場アニメの好調さが目立った2012年のアニメ産業界だが、2013年も3月に『ドラゴンボールZ』、夏に宮崎駿監督の『風立ちぬ』、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が控えており、『ドラえもん』『名探偵コナン』『ポケットモンスター』の定番作品勢と合わせて、興行収入ベストテンに4〜6作品ランクインしそうな気配である。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -