連載
» 2012年12月04日 08時00分 UPDATE

アニメビジネスの今:なぜルーカスフィルムを買収したのか、“放送事業者”としてのディズニー (1/4)

11月にルーカスフィルムを買収したディズニー。ここ数年、さまざまな企業の大型買収を行っているディズニーだが、その意図はどこにあるのだろうか。ディズニーのビジネスモデルを分析する。

[増田弘道,Business Media 誠]

アニメビジネスの今

今や老若男女を問わず、愛されるようになったアニメーション。「日本のアニメーションは世界にも受け入れられている」と言われることもあるが、ビジネスとして健全な成功を収められている作品は決して多くない。この連載では現在のアニメビジネスについてデータをもとに分析し、持続可能なあるべき姿を探っていく。


 エンタテインメント業界の巨人、ディズニー。ディズニーといえば夢や魔法といったファンタジーの元祖、もっと踏み込むとファンタジーを商業化した始祖とも言える。

 ウォルト・ディズニーの生誕110周年記念作品である大作『ジョン・カーター』はコケてしまったが、初のディズニー配給となったマーベル作品『アベンジャーズ』は北米興行収入歴代3位というメガヒットとなった。そして、11月にはルーカスフィルムを40億5000万ドルで買収と、何かと話題が多い。今回は、ディズニーのビジネスモデルを分析することで、なぜルーカスフィルムを買収したかといったことを考えてみたい。

ディズニーで再結合したルーカスフィルムとピクサー

 ディズニーのルーカスフィルム買収にアッと驚いた人は多いだろう。2009年にマーベルコミックを40億ドルで買収して以来の大商いである。

 そもそも、2006年にディズニーが74億ドルで買収したピクサーは、ルーカスフィルムのCG部門だった。CG部門は1979年に誕生したのだが、1986年にスティーブ・ジョブスが1000万ドル(ジョージ・ルーカスに500万ドル、ピクサー取得に500万ドル)で取得した経緯があるので、今回の買収によって両者は再結合したわけである。

 ルーカスフィルムとピクサーの買収価格は、合わせて114億5000万ドル。ピクサー買収当時の為替レートが1ドル=117〜118円であったことを考えると、日本円で1兆円以上である。もしもの話だが、ルーカスがピクサーを手放さずにいたなら、1971年設立のルーカスフィルムは40年ほどで1兆円近い価値を持つスタジオになっていた可能性もあったのだ。

 このほかにもディズニーはトランスフォーマーの権利(その大本はタカラトミーだが)を持つハズブロを買収するという噂もあり、ディズニーにファンタジー作品が集まっていく流れはますます強まっていきそうだ。

 次表のディズニーの買収の歴史を見ると、ディズニーが何を目指していたか、また今後何を目指しているのかが明確に分かる。それは主に3つで、1つ目は放送流通網、2つ目はコンテンツ、3つ目がゲームやインタラクティブなどのネットメディアである。

ディズニーが買収した主な企業

買収価格 対象企業 分野
1993年 7000万ドル ミラマックス(2011年売却) 映画制作
1995年 190億ドル ABC、A&E Television Networks、ESPN 放送
1998年 7000万ドル Starwave、infoseek ゲーム/インターネット
2001年 52億ドル FOXファミリー・ワールドワイド 放送
2006年 74億ドル ピクサー 映画制作/キャラクター
2009年 42億4000万ドル MARVEL COMIC コミック/キャラクター
2010年 7億6320万ドル Playdom SNS
2012年 4450万ドル UTV Software Communications インド/放送中心の流通網
2012年 40億5000万ドル ルーカスフィルム 映画制作/キャラクター
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集