コラム
» 2012年08月01日 00時00分 UPDATE

これからのことがよく分かるコラム:バンカラからおしゃれへ――明治大学がイメチェンに成功できたワケ (1/4)

明治大学はバンカラな大学だと思いますか? それともオシャレなイメージがありますか? 「バンカラ」派は30代以上、「オシャレ」派は10〜20代に多いという。なぜ世代によって結果が違うのか。その理由は……。

[小林浩,Business Media 誠]

著者プロフィール:

yd_riku01.jpg

小林浩(こばやし・ひろし)

リクルート進学総研 所長、リクルート「カレッジマネジメント」編集長

1964年生まれ、1988年早稲田大学法学部卒。株式会社リクルート入社後、大学・専門学校の学生募集広報などを担当。経済同友会に出向し、教育政策提言の策定にかかわる。その後、経営企画室、コーポレートコミュニケーション室、特別顧問政策秘書、進学カンパニー・ソリューション推進室長などを経て2007年より現職。

文部科学省「熟議に基づく教育政策形成の在り方に関する懇談会」委員。株式会社宣伝会議発行「広報会議」にて、「外から見た大学」連載中。


 明治大学は「オシャレ」な大学だと思いますか、それとも「バンカラ」な大学だと思いますか? 「オシャレ」なイメージと答えたあなたは10代か20代、「バンカラ」なイメージと答えたあなたは30代以上ではないでしょうか。

 この10年ほど、各大学はブランド戦略に力を入れていて、保護者世代と学生(子ども)世代では、大学のイメージも随分様変わりしました。下の図のランキングはリクルートが高校3年生に実施している進学ブランド力調査の結果です(参照リンク)。さまざまなイメージを聞いているのですが、関東エリアでの「おしゃれな大学」ランキングでは、明治大学は7位という結果に。

yd_riku1.jpg リクルート進学総研「高校生に聞いた進学ブランドランキング2012」(クリックして拡大)

 これまで企業などで行われていたブランド戦略が、なぜ大学でも取り入れられるようになったのでしょうか。それは 大学全入時代を迎え、大学が「受験生を選ぶ」時代から、「受験生に選ばれる」時代に移行しているからなのです。

 大学の顧客対象になる18歳の人口は1992年の205万人をピークに、2011年には120万人と約4割減少しました。しかし進学率の上昇により、大学進学者は54万人から62万人と8万人も増加。今や、大学進学率は50%を超えているのです。

 その一方で、その間に進んだ規制緩和により、大学数も250校以上増えました。そのため、大学間における学生獲得競争は激化しており、「定員割れ」の私立大学は4割に達しています。また、これから2017年までは18歳人口は横ばいで推移しますが、その後再び人口減少が加速します。こうした環境の変化に対し、大学側は「いかに良い学生を数多く集めるか」というマーケティング戦略が必要となってきているのです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ