コラム
» 2011年07月13日 08時00分 UPDATE

Wu Yuの中国版“新人類”とうまく付き合う方法:中国人女性とのデートで、「中華食べに行こうよ」がNGな理由 (5/5)

[Wu Yu,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

 私はいつも返事に困ります。なぜなら、天津で生まれ育ってきてこれまで天津甘栗も天津飯も食べたこともなければ、見たこともないからです。

 中国では栗の産地といえば、天津ではなく北京です。しかも、なぜ蟹玉をのせた御飯が「天津」なのか。私だけが知らないのかと思い天津にいる父に聞いたこともありますが、やはり父も知りませんでした。

 もしみなさんが中国に行ったときに「東京? ああ、東京飯のところね」なんて声をかけられたら困惑しませんか? そんなことを言ってくる中国人とうまくコミュニケーションはとれますか?

 相手のことを「知っている」と思いこんでいるが、実はぜんぜん理解していない。そんな些細な行き違いから、男女関係もビジネスもこじれていくのかもしれませんね。

yd_wu2.jpg 中国に天津甘栗はない(写真と本文は関係ありません)
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -