コラム
» 2010年03月03日 08時00分 UPDATE

家賃を下げるための“たったひとつの冴えたやりかた” (1/3)

「一度決めた事務所や店舗の家賃は下げられない」と一般に考えられているが、「そんなことはない」と主張する筆者。実際に家賃の大幅引き下げに成功した経験から、賃料引き下げに必要なテクニックについて紹介する。

[中ノ森清訓,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:中ノ森清訓(なかのもり・きよのり)

株式会社戦略調達社長。コスト削減・経費削減のヒントを提供する「週刊 戦略調達」、環境負荷を低減する商品・サービスの開発事例や、それを支えるサプライヤなどを紹介する「環境調達.com」を中心に、開発・調達・購買業務とそのマネジメントのあり方について情報提供している。


 「一度決めた事務所や店舗の家賃は下げられない」とお考えの方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。弊社もつい最近、2カ月だけですが、家賃の大幅引き下げに成功しました。しかも、それは貸主からの一方的な申し出でした。今回はその裏にある賃料引き下げに必要なテクニックについて明らかにします。

 弊社も「家賃は下げられない」と思っていました。いや、今でも「交渉では家賃は下げられない」と思っています。ですので、入居以来ほったらかしにしてきました。それどころか、昨年、管理費上昇を理由とした賃料の値上げがあり、それも甘んじて受け入れてきました。値上げ抑制の交渉に弊社の人員の時間を割くよりも、もっと有効な時間の使い方があると考えていたからです。

 そのうちの1つは、移転先探しです。現在のオフィスはかなり良いもので、移転先は当然、「それよりもさらに費用対効果の勝るものを」と考えていたのでかなり難航しました。ようやく千代田区で条件にかなう物件が見つかったので、このたび晴れて解約を申し入れたのです。そう、弊社ではさらさら現在の貸主と賃料交渉をするつもりはありませんでした。

 こちらとしては、解約の話なので淡々と済ませるつもりが、先方からいきなり「2カ月だけ賃料を●円にしたら、考え直してくれますか?」との話が出てきたのです。その金額は新しいオフィスの家賃よりも安かったので、「2カ月後に賃料が戻ること。その時には違約金なしにこちらは解約できること」を確認し、新しいオフィスには6月からの契約とすることを伝え、2カ月分の家賃の大幅引き下げとなったわけです。

 さて、何が起こっていたのでしょう? 実は弊社は交渉ではなく、調達を行っていたのです。

 「調達? 調達って交渉の事だろう? 『交渉では家賃は下がらない』って自分で言ってるじゃないか!」と思われたかもしれません。確かに、一般的には、調達、購買は「交渉で価格を引き下げる仕事」と思われています。しかし、調達・購買のプロフェッショナルほど、交渉では価格は下がらないことを知っています。

 調達・購買の仕事は、簡単に言うと「必要なモノを適正な価格で取得すること」であって、交渉はその手段の1つにすぎません。しかも、交渉に関わる知識は、あまりにも基本的すぎて、知らなければ馬鹿を見ますが、優れたサプライヤほどその辺りの知識は備えており、優良なところになればなるほど、交渉で価格を下げることはできません。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集