コラム
» 2009年08月28日 19時48分 UPDATE

男子スイーツ部:1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?――銀座編 (1/5)

その名前を聞いただけで「高い店が多そう」と思ってしまう街、銀座。しかし今回も「人は1000円札1枚持って街を歩いたら、何軒のお店で甘いモノを買い食いできるのか?」を実践してきました。さてその結果は……?

[ter,男子スイーツ部]
男子スイーツ部

男子スイーツ部とは?

 男子スイーツ部とは、その名の通り「甘い物が大好きな男性のための部活動」。「男だけどスイーツが大好きなんです」「男性向けスイーツの特集をやって」……スイーツを愛するそんな男子のアツい想いに応えるべく、小学館のトレンド情報雑誌『DIME』と一緒に、2009年1月に発足した@niftyスイーツ部の男性向け部活動企画です。

 『DIME』誌面に掲載される企画記事のほかにも、男子スイーツ部員たちは日々、スイーツを追求中。誠 Styleでは、男子スイーツ部員によるたくさんのスイーツレポートの中から、ごく一部を厳選して掲載していきます。もっと読みたい! という方は、本家・男子スイーツ部をチェックしてみてください。

 →@nifty「男子スイーツ部」

 なお男子スイーツ部では、スイーツを愛する部員を随時募集中。本記事の下にあるバナーから応募できますので、甘いモノ好き男子はぜひご応募ください!


 男子スイーツ部のterです。今回のレポートは「1000円札一枚持って街を巡って、何が食べられるか」の3回目をお送りします。 中野(参照記事)新宿(参照記事)と来て、今回は“銀座”。なんとなく高そうなイメージがありますが、どうなんでしょうね?

 街を巡る際のルールは以下のとおりです。

  • 当初予算は「1000円」。
  • ある駅で降りてから、歩ける範囲内で複数のお店を回る。
  • 残金100円を切るまでは「何か買う」。
  • 基本的に「甘いもの」に限定する。
  • ジャンクばっかりにはしない。
  • 特殊な限定品がある場合を除き、コンビニ、スーパー禁止。

 それでは銀座へ出発!

 →1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?――中野編(参照記事)

 →1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?――新宿編(参照記事)

銀座に到着、ルートはどうする?

 銀座駅に到着して地上に出ました。銀座と聞くと名前だけで高そうな気がしますが、老舗から新しいもの、高級店から庶民的なものまで、ものすごく多種多様なお店が立ち並んでいるエリアなので、「お金がないならないなりに」いろいろ周れるはず。ということで今回は、「そこそこの数を周る」ことを念頭に、作戦を立てることにしましょう。

※以下の内容は、すべて2009年8月時点での価格となります。

 まずやってきたのは、銀座駅すぐ近く。三越そばの出口から地上に出て、「ピエール・マルコリーニ」「うおがし銘茶」などの有名店への曲がり角にある、銀座フォリービルにやってきました。

 ビルの1階には、それぞれ個性的で、しかも結構リーズナブルなお菓子屋さんが3軒入っています。

ay_gnz01.jpg このビルにいろいろ入ってます

 まずは写真の真正面、「マネケン」(参照リンク)で本日最初のお菓子を購入することにしましょう。

ay_gnz02.jpg 今回最初のお菓子はコレ。プレーンワッフル、126円

 のっけから、バターの良い香りがお店近辺に漂っていますね。人数はそれほどでもないのものの、相変わらず行列もあります。私の大好物であるマネケンラスクも山積みで、ものすごく食べたかったのですが、予算の都合上泣く泣く断念。一番お安い、プレーンワッフルを購入することにしました。

 「泣く泣く」とか言いながら、いざプレーンワッフルを食べ始めれば、さくさくでバターの良い香りも楽しいもの。改めて「マネケンのワッフルは美味しいなあ」などと再確認したりもしておりましたが。

ここまでの使用金額:126円

残り:874円


 次ページでは、フォリービルで購入したほかの2軒のお店の紹介です。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright (c) NIFTY 2014 All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -