PR
Special

Windows Mobile ビジネス活用講座――第4回:

W-ZERO3導入事例――ハイデルベルグ・ジャパンに訊く (1/4)

総合印刷関連機器メーカーのハイデルベルグ・ジャパンでは、印刷機械の修理や保守に必要なデータのやりとりや、メールやグループウェアのモバイル端末としてW-ZERO3を活用している。連載第4回目となる今回は、実際にW-ZERO3を導入した事例について話を聞いていこう。
2006年06月20日 00時00分 更新

 ウィルコム製のWindows Mobileデバイス「W-ZERO3」を企業へ導入しようという企業が増えつつある。現在は、ウィルコムの法人営業が直接担当するケースが多いが、連載第3回で述べたように、システムインテグレーターと協業することで、より大型の案件に対応したり、逆に小規模な導入であれば、Exchange ServerとW-ZERO3を組み合わせたASP(Application Service Provider)サービスとして、容易&安価に導入できるような仕組みを提供している。

 W-ZERO3など、Windows Mobile端末を企業に導入することで、ビジネスの現場はどう変わっていくのか。ここではW-ZERO3を導入した事例として、ハイデルベルグ・ジャパンのケースを紹介する。また、ウィルコムと協業するシステムインテグレータに、導入の現状や今後の展開について話を聞いていく。

ハイデルベルグ・ジャパンに訊く、W-ZERO3導入事例

 ハイデルベルグ・ジャパンは、ドイツに本社を置く世界トップシェアの印刷機器メーカーで、この春からW-ZERO3を220台導入し、印刷機器の修理・保守作業に携わるサービスマンの業務効率向上に役立てている。

 ここからは、ハイデルベルグ・ジャパンの執行役員でサービス本部本部長の穂積耕二郎氏と、ハイデルベルグ・ジャパン財務・経理・IT本部IT部部長の黒澤俊夫氏に導入の実際について話を聞いていく。

ay_hei05.jpg ハイデルベルグ・ジャパン執行役員の穂積耕二郎氏(左)と、ハイデルベルグ・ジャパンIT部 部長の黒澤俊夫氏(右)

 ハイデルベルグ・ジャパンでは業務のIT化を進め、ITを活用したさまざまな試みにチャレンジしている。その柱となるのが、W-ZERO3を活用した「mService」。“m”はモバイルのmだという。2002年以降ドイツ、その後イギリス、米国のハイデルベルグでそれぞれ導入され、日本はmServiceの導入では4カ国目となる。

 ハイデルベルグでは、ドイツにある本社と、世界中の支社と共通で、基幹業務システムにERPのSAP R/3を導入している。このうちサービスの業務支援には「サービス」「ロジスティクス」「ファイナンス」「オーダー」と4つのモジュールが関わり、扱うデータは多岐にわたっている。

 ハイデルベルグ・ジャパンでも2002年からSAPを導入している。mServiceの主な目的は、ミドルウェアを挟んで、モバイル端末からSAPにアクセスを可能にすることだ。社外からSAPにアクセスできるような環境を作り、業務効率を大幅に上げたいという目的でプロジェクトはスタートした。

photo mServiceの起動画面
       1|2|3|4 次のページへ

[PR/ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インテル株式会社、株式会社ウィルコム、マイクロソフト株式会社
※記載されている会社名および商品名、サービス名は、各社の商標または登録商標です。記載事項は2006年6月現在のものです。

企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年6月30日

インフォメーション


【W-ZERO3が当たる抽選会を実施】
「Windows Mobileビジネス活用講座」セミナー

日程 : 2006年6月9日(金)
時間 : 13:00〜17:30(受付開始:12:30〜)
会場 : 東京国際フォーラム「ホールB5」
主催 : ITmediaビジネスモバイル
特別協賛 : インテル株式会社、株式会社ウィルコム、マイクロソフト株式会社(50音順)
受講料 : 無料
セミナーは終了しました。多数ご参加いただきありがとうございました。

バックナンバー

icon Windows Mobile ビジネス活用講座――最終回:
「Exchange+Windows Mobile デバイス」でできること

Windows Mobile の大きな特徴の1つが、同じマイクロソフト製品であるExchange Serverとの相性のよさだ。ここではExchangeとWindows Mobile デバイスをつなぐ際に知っておきたいことをまとめる。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第4回:
W-ZERO3導入事例――ハイデルベルグ・ジャパンに訊く

総合印刷関連機器メーカーのハイデルベルグ・ジャパンでは、印刷機械の修理や保守に必要なデータのやりとりや、メールやグループウェアのモバイル端末としてW-ZERO3を活用している。連載第4回目となる今回は、実際にW-ZERO3を導入した事例について話を聞いていこう。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第3回:
ビジネスで使うW-ZERO3

発売当初、コンシューマユーザーを中心に人気を集めた「W-ZERO3」。しかし現在は、W-ZERO3をビジネスツールとして利用したいという企業の声が大きくなってきている。W-ZERO3の企業導入を、ウィルコムはどのように進め、支援しているのかを取材した。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第2回:
Windows Mobile プラットフォームとは何か

かつてのPDAに比べ、W-ZERO3がノートPCに近い使い勝手を実現しているのは、Pocket PCから徐々に機能追加されてきたWindows Mobile と、高性能なインテル PXA270 プロセッサーを搭載したおかげといえる。ここでは、Windows Mobile プラットフォームについて解説する。


icon Windows Mobile ビジネス活用講座――第1回:
ビジネス端末としてのWindows Mobile デバイスの魅力

ケータイとしては画期的に処理性能が高く、ノートPCよりも小さく軽い――ウィルコムの「W-ZERO3」には、最新のWindows Mobile を搭載したからこそ可能になった“便利”が詰まっている。W-ZERO3に代表されるWindows Mobile デバイスで何ができるのか、詳しく見ていこう。


icon Windows Mobileビジネス活用講座――序章:
今、ビジネスシーンでモバイルの導入を勧める理由

本特集ではウィルコム「W-ZERO3」に代表される、Windows Mobileデバイスをビジネスにどのように活用していくかを連載形式で解説していく。連載を始める前に「そもそもなぜ今ビジネスでモバイルデバイスを導入すべきなのか」、その理由をお話ししよう。