コラム
» 2012年03月23日 19時07分 UPDATE

バーゼルワールド2012訪問記:バーゼルワールド会場は、まるで腕時計だけの高級ショッピングモールのようだ (1/3)

世界最大級の腕時計の祭典「バーゼルワールド」。各ブースとも新モデルや限定モデルをずらりと並べられているが、中にはファンやマニア向けに特別に「お宝」を展示しているメーカーも。

[吉村哲樹,Business Media 誠]
Basel ICE

 2012年3月7日から15日にかけて、スイス・バーゼルで開催された世界最大級の時計・宝飾品見本市「バーセルワールド2012」取材記。

 第1回では、バーゼルに宿泊できなかった筆者が拠点とした隣国ドイツ・フライブルクの町並みと、毎日“通勤”で使ったドイツ鉄道の超特急列車「ICE」について書いた(参照記事)。今回は、いよいよバーゼルの街に到着する。

バーゼルワールド会場の最寄り駅に到着

 バーゼルワールド会場の最寄り駅は「Basel Badischer Bahnhof」。駅舎は歴史を感じさせる、威風堂々たる佇まいだ。

Basel Basel Badischer Bahnhofの堂々たる駅舎

 会場までは駅から歩いて5分ほどだが、バーセルの街並みはフライブルクと同様、伝統様式を色濃く残している。ただフライブルクの旧市街と比べると、多少都会的な雰囲気が濃いかもしれない。

Basel 駅と会場を結ぶ通り
Basel マクドナルドの店舗も街並みの調和を乱すことはない
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -