誠 総合  >  キーワード一覧  > 

ビジネス に関する記事 ビジネス に関する質問

「ビジネス」最新記事一覧

松岡功の時事日想:
第二のベネッセ事件を起こさないために──情報セキュリティ、10のポイント
IT社会の進展でますます深刻な問題となっている「情報セキュリティ」の脅威。複雑化するセキュリティ脅威にはどんなものがあるか、最近、注目されている脅威は何か。専門家だけでなく、ビジネスパーソンもきちんと認識しておくべき「2014年版 情報セキュリティの10大脅威」を紹介する。(2014/7/30)

レノボ、ビジネスPC「ThinkCentre」に“Kaveri”APU採用モデル
レノボ・ジャパンは、AMD KaveriシリーズのAPUを採用したビジネス向けデスクトップPC「ThinkCentre M79」シリーズを発表した。(2014/7/29)

ネットギア、ビジネス向け製品のオンサイトサポートを拡充
ネットギアジャパンは、ビジネス向け製品のオンサイトサポートサービスを強化、新たに5年パッケージモデルなどを追加した。(2014/7/29)

データ分析のスモールスタートに
低価格で導入しやすいSaaS型「クラウドBI」7選
企業内外に蓄積されたデータを分析・活用し、ビジネス成長に生かしていく機運が高まっている。そんな中、低価格で導入しやすいSaaS型のクラウドBIが充実しつつある。そこで、注目のサービス7種を紹介する。(2014/7/29)

中堅製造業のためのグローバルERP入門(1):
海外法人の“損益だけしか見えない”経営では、ビジネスチャンスはありません
日系製造業にとってグローバル化が避けられない環境になる中、中堅・中小クラスの製造業でもグローバル拠点の設立が必要とされるようになってきました。しかし、大企業と異なり、より効果的に、経営状況が適切に見える仕組みを導入しなければ中堅以下クラスの製造業にとっては勝ち目がありません。そこでより効率的にグローバル対応を進める仕組みとしてERPが再び脚光を集めています。本連載では、中堅製造業を対象にグローバルERPの価値と、失敗しない導入の仕方を解説します。(2014/7/29)

パソコン工房、ビジネスPC「bz PC」にNUC採用の超小型モデル3製品
ユニットコムは、NUC準拠の超小型ビジネスPC「bz-QS77N」シリーズを発表。搭載CPUの差異で3モデルを用意した。(2014/7/28)

「企業の現実にマッチした仕組み」のために:
PR:多様なデータから“価値”を引き出す先鋭ビッグデータソリューションの全容
ビッグデータから真に役立つビジネス価値を引き出すためには、企業の基幹データや大量の非定型データといった多様なデータを容易に組み合わせて分析できる環境が必要だ。そして好機を逃さぬよう、分析結果はスピーディに得られなくてはならない──こうしたコンセプトの下、企業のビッグデータ活用をトータルに支援すべく設計されているのが、オラクルのビッグデータソリューションである。[ビッグデータ][Oracle Exadata](2014/7/28)

ホワイトペーパー:
Webアクセス解析を成功に導く3つのポイント
Webサイトのアクセス解析は、もはやページビューなどの単純な統計では不十分だ。基幹データや顧客データと組み合わせた高度なアクセス解析を実現し、その解析結果を具体的なビジネス施策へと導くための3つのポイントを解説する。(2014/7/25)

パソコン工房、ビジネスPC「bz PC」にVESAマウント対応の小型モデルを追加
ユニットコムは、省スペース型筐体を採用したCeleron搭載の小型ビジネスPC「bz-Q1900I」シリーズを発表した。(2014/7/24)

バッファロー、SOHO向けのエントリーNAS「LS220DB」
バッファローは、SOHO/小規模ビジネス向けとなる2ベイ構成のエントリーNAS「LS220DB」シリーズを発売する。(2014/7/24)

SOHO/中小企業に効く「USBメモリ」の選び方(3):
安心して仕事で使える「USBメモリ」を選んでみた――重要なのはセキュリティ対策
大容量データを持ち運ぶための手軽なツールとして幅広く利用されているUSBメモリは、個人だけではなく法人での導入例も多い。最終回は、ビジネスに求められる機能ごとにおすすめの製品例を挙げていこう。(2014/7/24)

補助金:
エネルギー分野などで起業家を支援、NEDOが事業開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、エネルギー分野など製造業系を対象とした「研究開発型ベンチャー支援事業」(研究開発型ベンチャー支援プラットフォーム)を開始した。人件費や活動費を最大2年間支援する他、事業化に必要な技術やビジネスモデルに関する助言を受けられる。(2014/7/24)

企業の経営層はサイバー攻撃を理解せず? ハーバードビジネスレビュー調査
ハーバードビジネスレビュー誌の読者調査ではサイバー攻撃に深刻な懸念を抱きながら、被害実態などついてあまり理解が進んでいない状況が分かった。(2014/7/24)

ビジネス書や実用書が50%オフ、「GALAPAGOS 日替わりセール」が7月25日にスタート
「30時間限定 全品最大30%ポイント還元キャンペーン」も実施!(2014/7/23)

Apple、iPhoneとMacが好調でQ3として過去最高の売り上げ
iPhoneとMacは2桁台の伸びだったが、iPadの販売台数は前年同期より9%減少した。ティム・クックCEOは、IBMとの提携により、iPadのビジネス市場でのシェアも拡大すると語った。(2014/7/23)

ナレッジワーキング!!:
「○○放題」ビジネス全盛時代、あなたに「売り物」はありますか?
映像や書籍といったコンテンツがオンライン化すると、ユーザーの物理的な所有欲が薄れ、利用ベースのサービスが乱立します。コンテンツそのものから稼ぐことが難しくなったら、どうしますか?(2014/7/23)

女性脳と男性脳の論理:
「かめはめ波」って撃てるの?
ビジネススクールで論理思考を教える“男性脳”の筆者が、摩訶(まか)不思議な存在である女性と女性の脳を観察、分析する。今回は、女性陣には理解不能かもしれない男性の変なところについて。「本気で、かめはめ波が出ると思っているの?」――。(2014/7/24)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第40回 ビジネスSNS「LinkedIn」に過去55年間で150職種を経験した「バービー」が登場
1959年〜1960年頃の「バービー」はファッションモデルやファッション編集者だった。以後、歌手、フライトアテンダント、バレリーナ、テニス選手、アイススケーター、宇宙飛行士、医師、女優、教師を経験、2013年にはパティシエやマジシャン、イルカの調教師なども務めた。(2014/7/17)

今後5年でビジネスITはどう変わるか
これだけは覚えておきたい、ITを激変させる「10のメガトレンド」
今後5年間にビジネスITの世界には「メガトレンド」の波が押し寄せてきそうだ。巨大インフラ。際限のないビジネス要求。管理体制の大転換などなど。どう備えればいいのか。(2014/7/23)

ビジネスニュース 企業動向:
コントロンがアジアビジネスを強化へ日本法人を新設
コントロン(Kontron AG)は2014年7月、日本国内での事業拡大を狙って、日本法人「コントロン・ジャパン」を設立した。同社では、日本法人の設置の他、中国などアジア各地での事業体制強化を図り、全社売上高に占める日本を含むアジア地域売上高比率を現状の5%から30%超へ早期の引き上げを狙う。(2014/7/22)

企業動向/Internet of Things:
IoT領域でのビジネス創出狙い、インフォコムらが新会社設立
インフォコムと光電製作所、コーデンテクノインフォの3社はIoTとM2M、センサーネットワークを視野に入れた研究開発を行う「EverySense」を設立したと発表した。(2014/7/22)

ITソリューション塾:
「時代遅れ」の需要が一巡したとき、自分たちに何が残されているか
顧客やビジネスの環境が変化する中、これまでうまくいっていた仕事のやり方が今後もそのまま続くことはまずないだろう。そうしたときに、どうすべきなのだろうか。(2014/7/22)

ホワイトペーパー:
失敗しないビデオ会議導入のための8つのアプローチ
さまざまなコミュニケーション手法を統合し、ビジネスプロセスに連携することで多くの効果を生むユニファイドコミュニケーション(UC)。本コンテンツではUCの中でも特にビデオ会議に着目し、ビデオ会議でエンドユーザーの支持を獲得する8つのアプローチを紹介する。(2014/7/22)

ファイル共有コラボサービス「Box」、月額1800円のビジネスプランも容量無制限に
ファイル共有&コラボサービス「Box」のビジネスプランのクラウドストレージ容量が無制限になった。(2014/7/18)

ホワイトペーパー:
3つの視点で考える 変化するビジネス環境を生き抜くブレないITインフラ
ビジネス機会を創出するIT活用が叫ばれる中、企業戦略に応じたスピーディかつ柔軟なIT基盤が求められている。外的危機など万一を想定した備えも必要だ。クラウド、障害復旧、セキュリティの視点から、変化するビジネス環境を生き抜く強固なIT基盤構築のポイントを解説する。(2014/7/18)

ビジネス向けGoogle MapsでGoogle Earthの航空写真の販売開始
「Google Maps for Business」の米国のユーザーは、「Google Imagery」でGoogle Earthの高精細な航空写真を購入し、自社のWebページで利用できるようになった。(2014/7/17)

ビジネス英語が中学英語で通用する?
多くのビジネスマンが必要とする英語は、何よりもまずビジネス英語。そんなビジネス英語を、簡単な単語と基本フレーズで使いこなすための書籍を紹介します。(2014/7/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「三菱商事の鈴木です」と言う自己紹介は世界標準ではありません!──グローバルに活躍する技術
「belong to」から「I am」スタイルへ。世界標準のコミュニケーションを知っていれば、世界で通用するビジネスパーソンに大きく近づく。(2014/7/17)

ザイリンクス日本法人代表取締役社長 サム・ローガン氏:
ザイリンクス優位は、20nm/16nm世代でも揺るがない
ザイリンクス日本法人は、現行の主力28nmプロセス採用FPGAの受注が好調だという。同社社長を務めるサム・ローガン氏に好調の理由や、今後、投入を本格化させる20nmプロセス採用FPGA製品のビジネス展望などを聞いた。(2014/7/16)

SOHO/中小企業に効く「USBメモリ」の選び方(2):
“仕事で使える”「USBメモリ」のセキュリティ対策――大事なデータを漏らさないため
大容量データを持ち運ぶための手軽なツールとして幅広く利用されているUSBメモリは、個人だけではなく法人での導入例も多い。今回はビジネスでUSBメモリを使うならば知っておきたいセキュリティ向上のための機能を見ていこう。(2014/7/16)

松岡功の時事日想:
なるほどこんな発想で──ビッグデータとIoTを生かす「5つのヒント」
ビッグデータを活用してビジネスに生かそうという動きが活発化している。その中には、なるほどこんな発想で、と想像しやすいものもある。筆者が最近印象に残ったビッグデータ活用の事例やサービスを紹介したい。(2014/7/16)

情シスの本棚(9):
システム開発のトラブル、根本原因は何?
「作る人」と「使う人」でビジネスゴールが異なっていると、真に役立つシステムを開発するのは難しい。ゴールを一致させる一つの方法とは?(2014/7/15)

スタバの「ビジネス ステーション」って何? 六本木ヒルズに誕生
7月16日、六本木ヒルズ ウエストウォークの1階に、スターバックスの「ビジネス ステーション」が誕生する。聞き慣れないお店だが、どんなコンセプトなのか。一足先に、のぞいてきた。(2014/7/15)

日本IBM、ASEAN進出企業を支援する拠点開設
「グローバル・ビジネス戦略室」をシンガポールとバンコクに設置し、金融や製造向けのサービスを提供する。(2014/7/14)

PC USER 週間ベスト10:
実は完成度がぐんぐん上がっている「国内メーカーのタブレット」(2014年7月7日〜7月13日)
今回のアクセスランキングは、2014年上半期のおすすめタブレット、アキバで聞いたPentium 20周年記念モデルの評判、ビジネス用USBメモリの選び方、Office 365の最新ロードマップ、大容量SSD/HDD特価情報が注目を集めました。(2014/7/14)

製造ITニュース:
NTTデータGSLなど4社、自動車部品サプライヤー向けSAPソリューションを提供開始
NTTデータグローバルソリューションズ、東洋ビジネスエンジニアリング、シスコシステムズ、SAPジャパンの4社は、海外事業の拡大を目指す国内自動車部品サプライヤー向けのSAPアプリケーションの導入ソリューションを順次提供開始すると発表した。海外の完成車メーカーと取引する上でのノウハウや習慣をシステム化しているという。(2014/7/14)

「日常」の裏に潜むビッグデータ(1):
データが価値を持つ時代に、“タダ”のサービスなど存在しない
ビッグデータという言葉はビジネス用語として定着しているが、これからはあなたの日常生活の中にも入り込んでくる可能性が高い。あなたが何気なく使っている無料のサービスも、知らないうちに“対価”を支払っていた、というケースが増えてくるだろう。(2014/7/14)

次世代のデータウェアハウス基盤はOracle Exadataで!:
PR:「データ活用のリアルタイム化」「OLTPとの統合」を可能にする性能の秘密に迫る
昨今、データウェアハウス(DWH)基盤の性能や運用コストに課題を感じる企業が増えているようだ。また、ビジネススピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。[DWH][ビッグデータ][Oracle Exadata](2014/7/14)

データ資源活用の基礎(1):
5分で分かるオープンデータ
にわかに話題になり始めた「オープンデータ」だけれど、その現状は? 実際には何ができる? Linked Open Dataとは? ざっと理解するオープンデータのこれからと、ビジネス創出の可能性。(2014/7/14)

充実してほしい「iOS」のビジネス向け機能
これがあれば「iPhone」がもっと便利に、Appleに勧めたい新機能要望リスト
間近に迫ったiOS 8のリリースによって、ビジネス市場へ歩みを進めているAppleだが、企業の全てのニーズを満たすためには、まだやるべきことがある。(2014/7/14)

ハイブリッドクラウド環境で浮上する課題を解決
クラウド活用がビジネス競争力の決め手に、カギを握る「サービス管理」とは?
企業にとって、ビジネスの競争力を高めるためにクラウドコンピューティングの活用が欠かせなくなりつつある。しかし、課題はその運用管理、サービス管理だ。企業が支持する解決策とは?(2014/7/14)

明確な意思表示:
成功企業に学ぶ“中国ビジネスの秘訣”
中国でビジネスを成功させるのは難しい、といった声をよく聞くが、成功している企業はどのように取り組んできたのだろうか。事務用品やオフィス家具などを販売している「コクヨ」の事例を中心に紹介しよう。(2014/7/10)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
スマイルワークスが中小企業ユーザーを伸ばし続けるワケ
今年5月にヤフー子会社などから2億5000万円を調達して話題になったのが、クラウドビジネスで急成長を狙うスマイルワークスだ。(2014/7/10)

企業向け機能を強化するGoogleとApple
「Android L」「iOS 8」に見る、ビジネスユーザーの心をつかむ機能とは
GoogleとAppleは、次期モバイルOS「Android L」「iOS 8」において、企業向け機能を強化している。主に消費者向け製品として端を発した両OSは今、企業向けのITへとかじを切り始めている。(2014/7/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
身に付けると何が変わる? “ウェアラブル”が切り開くビジネスの未来
次の本命技術と目される「ウェアラブル端末」。ユーザーの生活や仕事の仕方をどう変えるのか。その影響は未知数であるが、実際に活用が始まっている分野もある。企業は今、ビジネスでの活用方法を模索すべきだ。(2014/7/10)

SOHO/中小企業に効く「USBメモリ」の選び方(1):
今さら聞けない“仕事で使える”「USBメモリ」選びの2大ポイント
大容量データを手軽に持ち運べるUSBメモリは、個人だけではなく、ビジネスでの導入例も数多い。そんな“仕事で使える”USBメモリを選ぶうえで知っておきたい、個人向け製品とは大きく異なる2つの特徴とは?(2014/7/9)

マーケティング施策効率化:
ビッグデータを活用したマーケティングKPI運用サービス、メンバーズとサイカ
メンバーズは7月9日、サイカと共同でマーケティングKPI運用サービスの提供を開始する。KPI管理ダッシュボードや統計分析によるモデル構築、レポートサービスを統合し、企業のマーケティング施策の効率化、ビジネス成果の最大化を支援する。(2014/7/9)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
4000人のルート営業はすべて正社員 茶産業育成を支援する伊藤園
原材料が高い自然素材を中心とした清涼飲料に特化してビジネスを展開する伊藤園は、なぜ飲料業界平均よりも高い収益性を実現しているのだろうか。同社の競争戦略の核心を聞く。(2014/7/9)

ナレッジワーキング!!:
なぜ使いこなせない? 間違いだらけのビジネスフレームワーク
ビジネスフレームワークに関する書籍はたくさん出ています。ところで、成果に結び付くように使いこなせていますか? 大事なのは自分なりのアプローチで使いこなすことです。(2014/7/9)

「iPhone」より速く普及の可能性
大胆に未来予測、「モノのインターネット」で過ごす優雅な1日
「モノのインターネット」は一時的な流行ではなく、企業のビジネスを大きく変える可能性を持つ。IoTが普及した社会ではどのような生活を送ることができ、何が課題になるのだろうか。(2014/7/9)


いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。