ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

ビジネス に関する記事 ビジネス に関する質問

「ビジネス」最新記事一覧

ホワイトペーパー:
仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き
多くの企業で導入が進む仮想化技術。最近ではビジネス継続やディザスタリカバリといった、リスク管理の視点からもそのメリットが評価されている。仮想化によるBCPとディザスタリカバリの具体的な効果を、事例を交えて解説しよう。(2015/7/7)

読者に聞いてみた
「Apple Watch」、読者の95%は「仕事で使える」、5%は何に不満?
2015年4月に発売された「Apple Watch」。果たしてビジネス向けに活用できるだろうか。読者に聞いてみた。(2015/7/7)

BoxのファイルをWatsonで分析
もはや“禁制ツール”ではないクラウドストレージ、IBMとBox提携の意味は
米Boxと米IBMの新たな提携により、Boxの企業向けファイル同期・共有技術がIBM製品に統合される。またBoxは、IBMのアナリティクス事業とビジネスの洞察から恩恵を受ける。両社提携の狙いを明らかにする。(2015/7/7)

「みおふぉん」は当初の予測より50倍近く売れた――「モバイルプロジェクト・アワード2015」表彰式
モバイルビジネスの発展に貢献した個人とプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の表彰式が行われた。15年はZenFone 5、LUMIX CM1、au WALLET、みおふぉんなどが選ばれた。選考の理由や受賞者のコメントを紹介したい。(2015/7/6)

どれを買えばいいの?:
Windows 10のエディション別機能比較
米Microsoftは、「Windows 10」のエディション別機能比較表を公開した。コア機能はすべて共通、ビジネス向け機能で差別化されている。(2015/7/6)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かるクラウドコンピューティングのビジネスモデル
クラウドコンピューティングをビジネスモデルとして捉えてみると、「システム資源の共同購買」の仕組みと、それを容易に利用できるようにするための「サービス化」の仕組みの組合せと考えられる。(2015/7/6)

PR:「Surface 3」は企業でどれだけ使えるの? ITmediaの現役情シスが試してみた
このほど発売されたマイクロソフトの最新タブレット「Surface 3」。フルバージョンのWindows 8.1を備えているとはいえ、ビジネスの場でどれほど“使い物”になるのでしょうか。アイティメディア情シス担当者・イシノが徹底検証してみました。(2015/7/6)

東京電力はスマートメーター運用管理のDB基盤にOracle Exadataを採用:
PR:日本の電力システム改革を支えるオラクルの先進ITソリューション
スマートメーターから得た各種情報を用いて効率的な送配電を実現する鍵となるのは、それらの情報を短時間で処理して事業者に提供する高性能なデータベース基盤の構築だ。オラクルは、Oracle Exadataをはじめとする先進のデータ活用ソリューションにより、送配電の最適化からビッグデータを利用したビジネス革新まで、電力ビジネスを全面的に支援する体制を整えている。[ビッグデータ][パフォーマンス改善][Oracle Exadata](2015/7/6)

MS新社長、方針発表:
デバイス中心から「人」中心のビジネスを加速――日本マイクロソフト、2016年度の経営方針を発表
2015年7月2日、日本マイクロソフトは2016年度の経営方針についての記者会見を実施。「個人が複数デバイスを使用する現在、デバイスやプラットフォームを越えたユーザーの利用価値・体験の向上が重要」とし、三つの重点分野を掲げた。(2015/7/3)

西天満は最大で7.5%上昇:
大阪中心部は「職住接近」 オフィスビル跡にマンション続々
7月1日、大阪国税局が近畿の路線価を発表した。昼間人口が減り夜間人口が増えている大阪市中心部での上昇が目立つ。企業が自社ビルを手放してビジネス街に移る動きも進み、空室率が底を打つ兆しも見える。(2015/7/3)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(15):
なぜ「疲れた」と言ってはいけないのか〜山崎元流 疲れ対策三選
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は「疲れ」がもたらすマイナス効果と、オリジナルの疲れ対策法を解説する。(2015/7/6)

企業動向 トレックス・セミコンダクター:
世界的メーカーを目指し、小型/低消費電力を武器に混戦の電源IC市場に挑む
電源ICメーカーであるトレックス・セミコンダクターは、車載/産業/医療機器といった用途向けビジネスの展開を強化している。世界的な電源ICメーカーへの飛躍を狙い2015年6月から新しい経営体制を敷き、新たな3カ年中期経営計画に挑む。(2015/7/2)

Amazonギフト券をプレゼント:
ITmedia ビジネスオンラインの読者アンケートにご協力ください
ITmedia ビジネスオンラインでは読者アンケートを実施します。ぜひ皆さまのご意見やご要望などをお聞かせください。(2015/7/2)

「モバイルプロジェクト・アワード2015」審査結果発表――受賞は「au WALLET」「ZenFone 5」ほか
モバイルビジネスの発展に寄与した個人やプロジェクトチームなどを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の審査結果が発表された。(2015/6/30)

電力供給サービス:
スマートメーター「Bルート」で新ビジネス、サービス開発基盤を無償提供
IIJは電力小売事業者およびM2M/IoT関連企業向けに、スマートメーター「Bルート」利用したサービス開発を行えるシステム基盤の無償提供を開始した。(2015/6/30)

ものになるモノ、ならないモノ(65):
ブラウザーだけでレコーディングできる時代がやってくる!
1983年に生まれ、30余年の時を経た今なお、楽器分野はもちろん着メロや通信カラオケなど、音楽に関係するビジネスの第一線で活躍している「MIDI」規格。この古い規格をGoogle Chromeがサポートしたという。いったいどうしてなのか、これで何ができるのかを探ってみた。(2015/6/30)

IT Leaders xChange サミット 2015 Springレポート:
PR:2020年に向け新たなビジネス機会創出を支援するマイクロソフト
2015年5月19日、日本マイクロソフト主催の「IT Leaders xChange サミット 2015 Spring」が開催された。IoTと2020年に向けたビジネス創出をテーマに、大手企業のCIOやマイクロソフト本社のキーマンから、数々の貴重な提言がなされた。(2015/6/30)

電子書籍ビジネス調査報告書2015:
2014年度の電子書籍市場は1266億円に、電子雑誌市場も145億円と伸長
インプレス総合研究所による「電子書籍ビジネス調査報告書2015」のハイライトが発表。同社は2015年度には、電子書籍市場規模が1600億円、電子雑誌市場規模が290億円に到達すると予測している。(2015/6/29)

“無料ライブ中継”アプリの脅威 スマホ片手に観戦→動画配信……スポーツビジネス受難の時代
スマートフォンで簡単にライブ動画の配信・視聴を可能にするアプリが米国で急速に普及し、莫大な放映権料が絡むビッグイベントが軒並み“無料ライブ中継”される事態になっている。(2015/6/29)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「IoTで変わるモノの本質」
これからのビジネスや社会に向けて活用が過熱化しているといわれるIoT。この機にIoTでの新たなビジネス展開を、と考えている方もいることでしょう。そんなとき、3分立ち止まって押えておきたいポイント「IoTで変わるモノの価値」を紹介しょう。これで名案が浮かぶこと請け合い!(2015/6/29)

キヤノン「imageFORMULA」で業務改善:
PR:このビジネスシーンにはこのドキュメントスキャナを選べば間違いなし!
さまざまなビジネスで有用なキヤノンのドキュメントスキャナ「imageFORMULA」。どのような業種のどのような利用シーンに適しているのか、その活躍の場を見ていこう。(2015/6/29)

PR:誰でも、どこでも、どんなデバイスでも――ビジネスのデジタル化を推進
テクノロジの進化とともに、働き方も変化している。ITの活用により、場所や時間の制約なく働くことができる環境を実現することで、企業競争力の強化やガバナンスの確立につながる。(2015/6/29)

全国2万4000局のネットワーク:
株式上場より難しい 日本郵政、高齢者支援ビジネスの「損得」 
日本郵政が、高齢者支援サービスに乗り出す。タブレット端末による実証実験のほか、試行の「みまもりサービス」を7月から本格サービスに切り替える。郵便局ネットワークへの信用は根強いが、公務員的な“親方日の丸”体質で利益を出せるかが課題だ。(2015/6/26)

Apple―IBM連合とは別のアプローチ
Appleが仕掛ける次の一手は「Android for Work」への対抗策?
「AirWatch」と「MobileIron」がiOSへの対応を強化する。ビジネスアプリの安全な配布を可能にする米Appleの今回の協業は、米IBMとの業務提携とは異なったアプローチである。(2015/6/26)

東南アジア発、気になるニッポン企業:
マレーシアでキッズビジネスを拡大中! Jkids、人気の秘密は
2011年に第一号店を出して以来、店舗拡大を続ける企業がある。その名は「Jkids」。クアラルンプール郊外を中心に、合計8店舗を展開し、2016年までに4店舗の開店を目指す。日本では馴染みの薄いこの会社……一体どんなビジネスを展開しているのか。(2015/6/25)

ネットギア、2.4GHz/5GHz帯を同時利用できる11n対応アクセスポイント「WNDAP660」
ネットギアジャパンは、ビジネス向け無線アクセスポイント「WNDAP660」を6月30日に発売する。(2015/6/23)

【連載】ドローンという体験 第2回:
人々の体験を拡張させる「メディア」としてのドローン
ドローンのビジネス利用が現実味を帯びてきたといわれるが、ことマーケティングに関わるところではどのような用途が考えられるのか。現時点での事例を解説する。(2015/6/23)

モノづくり×ベンチャー インタビュー(4):
IoTで広がるビジネスチャンス、愛知県に見る地方発ベンチャーの育て方
政府が掲げる「地方創生」の方針やベンチャーキャピタルによる投資額の増加もあり、地方発のベンチャー企業の育成が盛り上がっている。愛知県名古屋市で2003年からベンチャー企業の育成に取り組む「あいちベンチャーハウス」を取材した。(2015/6/23)

約2兆6500億円:
悪質業者の排除やパネル診断など 太陽光発電の支援ビジネスが急成長
再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しや悪質な訪問販売などの課題が表面化する中、太陽光発電の普及を支援する新規ビジネスが相次いで立ち上がった。太陽光パネル診断や悪質業者の排除など、国や自治体が支援しづらい分野が注目されている。(2015/6/23)

iOS 9発表で「ほぼ確実」に
今秋登場か、「iPad Pro」に関するうわさの全て
米Appleが開発者向けカンファレンス「WWDC 2015」にて発表した次期iOS「iOS 9」。ここで発表した幾つかの新機能は、発売がうわさされるビジネス用途の新製品向けと考えられる。(2015/6/23)

基幹系データを売り上げに直結させる現実解:
PR:ワークスタイル変革! メインフレームデータをビジネスチャンスに生かす安全・確実な方法とは?
メインフレーム上にある基幹データはビジネス機会を掘り起こす宝庫。基幹データをモバイルやWebで参照できれば収益向上のチャンスは大きく広がる。これまでは実現することが難しかったメインフレームのデータを柔軟に活用するための現実解を紹介する。(2015/6/23)

Windows 10にも当然対応:
米HP、Type-C USB搭載の8型“2048×1536”「HP Pro Tablet 608 G1」発表
オプションで携帯キーボードも用意。4Gデータ通信にも対応するビジネス向けタブレットが7月に登場。8月にはWindows 10導入モデルも出荷する。(2015/6/22)

製造マネジメント インタビュー:
設計と製造を結ぶ国産タッグが始動、和製モノづくりITは世界に羽ばたくか
図研と東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)が2015年2月設立した合弁会社「ダイバーシンク」がいよいよ始動する。第一弾として図研の「visual BOM」をOEM提供で、B-EN-Gの製造系ERPシステムである「MCFrame」に加えて連携を進める。協業の目的と現状の取り組みについて、ダイバーシンクの代表取締役の上野泰生氏(図研 常務取締役)と取締役の羽田雅一氏(B-EN-G 常務取締役、CMO、CTO)に話を聞いた。(2015/6/22)

セキュリティビジネス、2019年に1兆円市場へ
標的型サイバー攻撃対策商材がけん引役になるとみられる。(2015/6/22)

年間1000億円事業に:
住友不動産「新築そっくりさん」、受注累計9万戸突破
老朽化した住宅を1棟丸ごとリフォームし新築のように再生する、住友不動産の「新築そっくりさん」が存在感を高めている。「建て替えの半額」売りで住宅業界の常識を覆し、今や年間1000億円規模のビジネスに成長した。(2015/6/22)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
「エビデンスある?」「ドラスティックだなあ」「日本ではそうかもね」 使いこなせる? 「意識高い系になれるスタンプ」
ビジネス系のカタカナ用語を連発できる「意識高い系になれるスタンプ」。便利……かは分かりませんが、かなりイラッとするのは間違いありません。(2015/6/22)

ライオンとリコーが伝授、ビジネスを変えるデータ基盤の作り方
データのビジネスへの活用が叫ばれて久しいが、効果をあげられている企業はまだまだ少ないのが現状だ。ITmedia エンタープライズ編集部が主催する「データマネジメントセミナー」では、ライオンとリコーの企業事例や最新のソリューションが紹介された。(2015/6/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「SDI」
IT資源についての悩みどころの代表格は、導入や運用・管理にかかるコストと、ビジネスの変化に即応する柔軟性や拡張性。それらが一気に解決できちゃうソリューションとして注目の「SDI」について、図解でじっくりおさらいしよう。(2015/6/22)

宇宙ビジネスの新潮流:
ビッグデータ解析にゴミ掃除――活発化する日本の宇宙ベンチャー
グローバルレベルで動きの早い宇宙ビジネス業界だが、このところ日本においてもさまざまなトピックスが生まれている。今回はその担い手である日本の宇宙ベンチャーの最新動向を紹介する。(2015/6/20)

シャープ復活の要へ BtoB戦略と新事業基盤「Visions」に効果アリ?
シャープグループが、法人向け事業とビジネスモデルの転換図るべく、Dynamics CRMベースの新たな事業基盤「Visions」を導入した。(2015/6/18)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(3):
スマートデバイスからのログ、病院DB、医療機器から得る画像――医療現場のビッグデータ活用を実践する3社の事例
医療、ヘルスケアに関連したテクノロジビジネスやスタートアップの動向を、エンジニアやビジネスマンに対して紹介するイベント「Digital Health Meetup Vol.2」のピッチセッションから3社の医療ベンチャーが開発したサービスやアプリの事例をお伝えする。(2015/6/18)

企業動向:
IBMがビッグデータビジネスの大規模プロジェクトを発表、「Apache Spark」関連に3500人を投入
IBMがビッグデータ解析のビジネスに力を入れている。同社は、クラウドサービス向けのデータ処理プラットフォームとして「Apache Spark」を採用すると発表した。3500人の研究員を投入する一大プロジェクトになりそうだ。さらに、100万人のデータサイエンティストを育成することも発表している。(2015/6/17)

キヤノン独自の工夫が満載:
PR:今ドキュメントスキャナが欲しいなら「imageFORMULA」を選ぶべき3つの理由
大量の紙文書をすばやく電子化できるドキュメントスキャナは、もはやビジネスには欠かせないオフィスIT機器と言える。では、数ある製品から何を選べばいいのだろうか?(2015/6/17)

管理しやすいクラウドストレージへ
「ビジネス向けDropbox」の機能強化、本当にビジネスで使えるの?
ビジネス向けDropboxは、「Active Directory」との統合強化や管理機能の拡充、セキュリティ強化などを打ち出した。果たして本当にビジネスで使えるサービスになっているのか紹介する。(2015/6/17)

サーバーOS移行 『物理→物理』編:
PR:Windows Server 2003移行で経営層を説得するには、運用コスト低減を徹底的に検討せよ
導入から4年以上経過したサーバーは、処理性能と消費電力の面で非効率なばかりか、サーバー本体の保守やMicrosoft Windows Server 2003をはじめとするサーバーOSのサポート期限の終了が迫るなど、セキュリティ上のリスクも抱えている。こうした課題は、処理能力や電力効率が飛躍的に向上した最新サーバーに更新することで解決できる。Cisco UCSの導入でビジネスにどのようなメリットがあるのか、物理環境から物理環境への移行の場合で紹介する。(2015/6/17)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
台湾の電子書籍事情から見えてくるもの 大手出版社の若手社長はこう考える
変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、日本の作品を既存の商慣習を打ち破って電子化展開し、ビジネスの活路を見出そうとしている青文出版社の黄詠雪総経理に聞いた。(2015/6/16)

パソコン工房、高品位パーツ採用のビジネスPC「T+PRO」シリーズを発売
ユニットコムは、ビジネスPC「iiyamaBiz」シリーズの上位クラスモデル「T+PRO」(タフプラスプロ)シリーズを発売する。(2015/6/15)

業界動向:
iOSコンソーシアムが新WGを発足、IoT機器との連携ビジネス拡大へ
iOSコンソーシアムは、新たなワーキンググループ(WG)として「IoT&Connected Device WG」を立ち上げた。IoT及び周辺機器など外部機器とiOS搭載端末との連携ビジネスを推進していく。(2015/6/15)

分析プラットフォーム「Haven」が示唆する有効な分析体制の作り方:
「ビジネスの改善フィードバックループを作るには“分析の共有基盤”が不可欠」、米HP
“ビッグデータ活用”という言葉がここ数年で企業、社会に浸透するとともに、そのためのテクノロジも着実に進展している。だが成功事例はいまだ多いとは言えないのが現実だ。分析を収益・ブランド向上に変えるための一つのアプローチを米HPに聞いた。(2015/6/17)

電力供給サービス:
小売り完全自由化をにらみ、新電力のビジネスを丸ごと支援するサービス
2016年4月からスタートする電力小売全面自由化に向けて、NTTデータは新電力の事業立案から運営までを総合的にサポートする新サービスを発表した。NTTデータだけでなく、複数の企業と提携して包括的なサービスを展開する。(2015/6/15)


国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。