誠 総合  >  キーワード一覧  > 

ビジネス に関する記事 ビジネス に関する質問

「ビジネス」最新記事一覧

エグゼクティブ&マネジメント層をターゲット:
博報堂DYメディアパートナーズら4社、「kinora(キノーラ)動画アドネットワーク」の開発/運営を開始
博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、日本ビジネスプレス、ブライトコーブの4社は2月27日、年収1000万円以上のエグゼクティブ&マネジメント層をコアターゲットとした動画ポータルサイト「kinora(キノーラ)」への動画広告を配信する「kinora 動画アドネットワーク」の開発/運営を開始したことを発表した。(2015/2/27)

製造ITニュース:
IoTとの組み合わせで注目を集めるサービスビジネス――PTCが戦略を発表
IoT(モノのインターネット)の発展で大きな注目を集めているのが、製造業のサービスビジネスの変化だ。PTCジャパンは、以前から取り組むSLM(サービスライフサイクル管理)システムに、注力を進めるIoT(モノのインターネット)関連サービスを組み合わせた提案を強化し、2018年度までにSLMビジネスの売上高比率を現在の10%から20%に引き上げる方針を示している。(2015/2/27)

PR:雑貨に花束、春を楽しむ福岡・天神ぶらり旅 タブレットレジは小さなお店の味方
ビジネス街や繁華街がぎゅっと凝縮したコンパクトな街、福岡・博多。iPadやスマートフォンを使った無料POSレジアプリ「Airレジ」の導入が続々と進んでいるということで見に行ってきました。さてさてどんなお店に?(2015/2/27)

ものになるモノ、ならないモノ(61):
個人でもOKのLINE@、達人に聞く活用の極意
店舗などから「友だち」に向けて1対多でメッセージを発信するためのビジネスアカウント「LINE@」が、個人にも開放されたが、どのように使いこなせば効果が上がるのだろうか? 開放早々にLINE@の利用方法にズバズバと切り込んだブログを公開した美容師、木村直人氏を直撃してみた。(2015/2/27)

非効率な働き方は利益を生まない:
PR:ビジネス成長の鍵を握るのは「人」中心のコミュニケーション
会議室に全員集まらないとミーティングできない、仕事用の電話は座席に固定された電話のみ……。今までのような「オフィス・場所」中心のワークスタイルは限界を迎えつつある。では、そこから企業はどう抜け出せばいいのだろうか?(2015/2/27)

Atlassian創業者に聞く、今エンジニアに必要なスキルとは?:
PR:「営業力ではなく製品で戦う時代、ビジネスを変えるのはエンジニア」
「JIRA」「Confluence」「HipChat」など、開発チームのコミュニケーション、コラボレーションを支援するツール群を提供しているAtlassian。市場ニーズの変化に対応するために、ビジネスを支えるソフトウエア開発にも一層のアジリティが求められている中で、同社のツールは国内でも大きな支持を獲得している。では競合製品も多い中で、同社ツールが現場に支持される理由とは何なのか? 共同創業者でCo-CEOを務めるスコット・ファークァー氏へのインタビューから、その開発思想を探った。(2015/2/27)

組み込み開発ニュース:
ホンダジェットに専用フライトシミュレータ、パイロットを育成
ホンダの子会社であるHonda Aircraft Company(HACI)は、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」のパイロット訓練用フライトシミュレータの導入、設置を発表した。(2015/2/26)

リテールイノベーションを加速:
富士通、小売業向け情報利活用ビジネスプラットフォーム「CHANNEL Value」を6月より提供開始
富士通は2月26日、オムニチャネルを推進している小売業向けの情報利活用ビジネスプラットフォーム「CHANNEL Value」を発表、2015年6月より順次出荷していくことを発表した。(2015/2/26)

資格試験に合格するために絶対してはいけないこと
残業続きのビジネスパーソンが難関資格に合格するための方法を、ベテラン資格試験の予備校講師、山田浩司さんに伺いました。(2015/2/26)

世界トップ3を目指す参天製薬、ハイブリッドクラウド環境を構築
医療用眼科薬のグローバルビジネスを推進するためのIT基盤として、オンプレミスとNTT Comのクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドを構築した。(2015/2/25)

INSIGHT NOW!:
高齢者がお金を使えないわけ
オレオレ詐欺の被害総額は年間559億円以上。こうした詐欺に流れるお金をシルバービジネスへ回すために必要なこととは何か。(2015/2/25)

顧客のビジネス価値創造を支援することで“代わり”が利かないSIへ:
PR:ウオーターフォールとアジャイルを融合した“超高速開発”手法が日本の古いSIビジネスモデルを変える
急激に変化するビジネス環境の中では、必要なタイミングで迅速にシステムを立ち上げ、市場ニーズに柔軟に対応していくことが顧客から求められる。業務システムにおける“超高速開発”実現に向けた有力な方法の一つとしてオープンストリームが提案するのが業務システム専用ブラウザー「Biz/Browser」によるUIプロトタイピング開発だ。(2015/2/25)

ロケーションデータはビジネスチャンスを生む“種”
「位置情報+データ分析」の活用が新たなビジネスを切り開く
BIの活用が叫ばれて久しいが、これまで積極的に活用されてこなかった分野がある。それは「位置情報」である。BI上に位置情報機能を統合することで、地理的視点による新しいビジネスが生まれる可能性が広がっている。(2015/2/25)

システムの信頼性、処理性能が大幅向上
社長が太鼓判、地域密着の不動産会社が達成した「サーバ仮想化+共有ストレージ」の効果とは
サーバ仮想化と共有ストレージを使ったシステムの可用性向上はもはや一部の大企業だけが利用できる技術ではない。千葉県八千代市の不動産会社が取り組み、ビジネス拡大を実現した注目事例を紹介する。(2015/2/25)

モノづくり最前線レポート:
モノづくりとICTが融合した先には何があるのか?
東洋ビジネスエンジニアリングが開催した年次イベント「MCFrameDay 2015」では「ITとものづくりの新時代を展望する」をテーマに、ドイツの「インダストリー4.0」をはじめとした、ICTとモノづくりが融合する世界について紹介した。(2015/2/24)

IBM InterConnect 2015 Report:
「銀行が必要なわけじゃない」── 破壊的新規参入者の脅威をチャンスに変えるCiti
装いも新たになった「InterConnect 2015」がラスベガスで開幕した。初日は「ハイブリッドクラウド」に焦点が当てられ、オープニングの基調講演には、この新しいコンピューティングのパワーを生かし、ビジネスの変革に取り組む顧客企業が登場した。(2015/2/24)

人に話したくなるコラム:
米国で盛り上がっている、コンベンションビジネス最新事情
展示会などを行うコンベンションビジネスが、いま米国で盛り上がっている。周辺にはホテルやアウトレットモールなどが建設され、地元経済を活性化する起爆剤になっているのだ。そんなドル箱ともいえるコンベンションビジネスの最新事情を紹介する。(2015/2/24)

新たなビジネス領域への挑戦に必要な“人事施策”を支援:
eラーニング受講率「90%超」 セイコーエプソンが「新・人材管理システム」に込める期待
ビジネスモデルの転換と新規事業領域の市場開拓を──。セイコーエプソンは、今後のさらなるビジネス成長を担う策の1つに「経営資源としての人財をどう生かすか」を掲げる。社員スキルを含む人事情報と教育研修基盤の一元化を目的に導入したITシステムとは何か。(2015/2/23)

法人タブレット稼働台数は240万台、1000万超えは2018年の見込み――IDC調査
IDC Japanの調査によると、2013年のビジネス市場におけるタブレットの稼働台数は約240万台で、2018年では約1070万台になることが分かった。(2015/2/23)

業務の中で「自然に」情報共有:
PR:“デキる営業”を次々と生み出す部門、その秘密は?
ビジネスの変化が早い昨今、その変化に素早く追随できる、営業部門の体制を整えることは企業にとって喫緊の課題だ。属人化しがちな営業のスキルやノウハウを効率よく共有するためにはどうすればいいのか。その答えは「自動+自然」なツール連携にある。(2015/2/23)

「for BUSINESS」のススメ
「Dropbox」「Evernote」の業務導入、IT部門が真剣に考えるべき“真っ当なプロセス”
「BYOD」から「BYOA」へ。従業員が使い慣れたアプリを業務でも利用してもらうため、ビジネス版の導入を検討してみてはどうだろうか?(2015/2/23)

自治体データを活用:
NEC、オープンデータ活用支援ソリューションの提供を開始
NECは2月20日、自治体などにおけるオープンデータの民間活用支援に向けて、コンサルティングからシステム構築、ビジネス開発を推進するソリューションの提供を開始した。(2015/2/20)

DGと講談社、北米デジタルコミック市場の開拓と新規ビジネスの投資育成で協業
コンテンツビジネスへの戦略投資を目的とした合弁会社も設立する。(2015/2/20)

杉山淳一の時事日想:
企画力と実行力の祭典「鉄旅 OF THE YEAR 2014」の名作を見よ
一昨年に引き続き、2014年も「鉄旅 OF THE YEAR」の審査員を拝命した。旅行会社が企画する「鉄道の旅」のコンテストだ。2014年度のキーワードは、「最高の旅のさらに上」と「難易度の高いツアーのパッケージ化」だ。担当者の創意工夫に感動した。旅行業、鉄道業だけではなく、企画に携わるすべてのビジネスマンの参考になりそうだ。(2015/2/20)

講談社とデジタルガレージが資本・業務提携 電子コミック海外展開、新コンテンツビジネス育成で協業
デジタルガレージと講談社が資本・業務提携し、合弁会社で新コンテンツビジネスの展開を目指すほか、北米向け電子コミック市場開拓で協業する。(2015/2/19)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
製造業がモノだけ売っていればいい時代は終わる!?
モノの価値は重要。でもIoTによる新たなビジネスは「モノ」中心では生まれない。(2015/2/19)

GoogleとAmazon、宇宙開発で“激突” “スペース・オペラ”幕開け?
Googleが宇宙関連ビジネスを急拡大している。有望市場で人類最後のフロンティアを切り開く「野望」がみてとれるが、ライバルのAmazonとの激突は必至で、“スペース・オペラ”の幕開けも予感させる。(2015/2/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「“具体的”であることだけが本当に良いのか?」――「具体と抽象の往復」で考える
「あの人の話は抽象的でさっぱりわからない」「抽象論はやめて具体的な話をしよう」……。このように、「抽象」という言葉がビジネスの場面で使われるのは、圧倒的に否定的な文脈においてでしょう。「具体が善で抽象は悪」……これは本当なのでしょうか? 本当は「具体と抽象の往復」こそが、ビジネスをうまく進める秘訣なのです。本稿では特に、必要以上に不当な評価を受けている「抽象」の有効性について考える。(2015/2/19)

IoTの「バーチャルカスタマエンジニア」 約1年強で実現につなげるサトーHDの選択とは?
自動認識技術やプリンティングシステムを手掛けるサトーホールティングスは、グローバルな新サービス「SATO Online Services」を2014年春に企画し、2015年上半期にも提供を始める予定だ。新規ビジネスの立ち上げを短期間で実現した理由は?(2015/2/19)

3分で分かるビジネス戦略:
「転職市場」は非常に好調――売上増を目指すテンプホールディングス
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「テンプホールディングス」の戦略をご紹介します。(2015/2/19)

3分で分かるビジネス戦略:
組織力を測る「良い会社診断」とは――パソナキャリアカンパニーの試み
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「パソナキャリアカンパニー」の戦略をご紹介します。(2015/2/18)

ITでビジネスを変革。デジタル時代のテクノロジリーダーたち(1):
システムとビジネスの確立をリード。世界に向けて“日本取引所グループの差別化”を図ったエンジニア
IT活用の在り方が企業の収益・ブランドに直結するデジタル時代、エンジニアの役割はどのように変わっていくのだろうか? 本連載では、ITでビジネスをけん引する各業種のテクノロジリーダーたちを取材。デジタル時代のエンジニア像を追う。(2015/2/23)

山寺宏一が『セロひきのゴーシュ』を朗読、hontoがオーディオブックを配信開始
落語や名作文学、ビジネス、英会話などのジャンルから53タイトルを用意している。(2015/2/17)

TSUKUMO、NUC採用のビジネス向け小型デスクトップPC
Project Whiteは、NUCベアボーン筐体を採用するビジネス向けの小型デスクトップPC「NC3J-B63/E」の販売を開始する。(2015/2/17)

ビジネスニュース 業界動向:
ムーアの法則、半数以上が「22nm以降では難しい」――半導体業界リーダー調査
オランダのKPMGが半導体業界のビジネスリーダーを対象に調査したところ、「ムーアの法則の有用性は存続する」と予想しているのは、回答者の1/4で、半数以上が「22nmプロセス以降では、ムーアの法則の存続は難しい」と考えていることが分かった。(2015/2/17)

インタビュー:
実用化進む「装着型ロボット」勝算は、アクティブリンク藤本社長に聞く
多くの装着型ロボットを開発してきたアクティブリンクが2015年、ついにロボットの量産を開始する。ビジネスとしての勝算はあるか、藤本社長に聞いた。(2015/2/17)

3分で分かるビジネス戦略:
2015年の戦略は? ローソンの取り組み
Business Media 誠では、注目を集めている会社を中心に、各社のビジネス戦略を知るための連載をスタートしています。5回目は「ローソン」について。(2015/2/17)

堅牢なビジネスアプリの開発が容易に
「iOS 8」の新しい「モバイルアプリ管理機能」、ビジネスユーザーにとって嬉しいのは?
米Appleは、同社モバイルOSの最新版「iOS 8」でアプリとデータ管理に関連した機能改善を行った。これはエンタープライズモビリティの潮流を理解してのことだ。ビジネスユーザーにとってのメリットとは何だろうか。(2015/2/17)

製造業のためのサービスビジネス入門(2):
サービス品質は顧客満足度にどう関係するのか?
IoT(モノのインターネット)の進展により製造業においてもサービスビジネス拡大が期待されています。その中でサービスビジネスの基本的な話を分かりやすく解説する本連載。2回目となる今回は「サービス品質評価項目」について解説します。(2015/2/17)

「薄く・軽く」ではない――新「VAIO Z」が開拓する市場 “究極の道具”でタブレットと差別化
新「VAIO Z」は高速レスポンスや長時間駆動などにこだわった「モンスターマシン」だ。タブレットやスマホには実現できない、ハイスペックPCならではのパフォーマンスを求めるビジネスユーザーに訴求する。(2015/2/16)

PR:これからの企業に求められるのは“顧客コミュニケーション”――実現に向けたヒントとは?
日立グループで多種多様なITソリューション提供を担う日立ソリューションズ。同社は2012年にCRMソリューション「Microsoft Dynamics CRM」の事業を本格化し、わずか2年でグローバルで屈指の実績を上げている。これほど短期間で大きな成果を上げられたのはなぜか。そして日本企業がグローバル進出を成功させるヒントとは――。日本マイクロソフトでDynamicsビジネス本部長を務める日隈寛和 執行役が、日立ソリューションズの井上雅行 常務執行役員に聞く(以下、敬称略)。(2015/2/16)

3分で分かるビジネス戦略:
強みは「ビッグデータの活用」、リクルートキャリアの戦略
Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「リクルートキャリア」の戦略をご紹介します。(2015/2/16)

宇宙ビジネスの新潮流:
GoogleがSpaceXに巨額出資、その先に描くビジョンは?
2015年に入って早々、宇宙ビジネスを巡る大きなニュースが飛び込んだ。Googleなどがイーロン・マスク氏率いるSpaceXに10億ドルを出資したのだ。その背景にあるのは――。(2015/2/14)

エイサー、モバイル&ビジネス“高輝度”プロジェクタ3モデル発表
700ルーメンの高輝度LED採用のモバイルプロジェクタに、3000ルーメンでコントラスト比が1万3000:1のビジネスプロジェクタが登場。(2015/2/13)

インフォコム、電子書籍事業のグローバル展開を推進――中国でのコミック配信サービスを支援
インフォコムのグループ会社でネットビジネス事業を担うアムタスが、コミック関連事業を中国全土で展開するULABおよび、恋愛・乙女系アプリを配信するKOYONPLETEと業務提携を発表。(2015/2/13)

LINEの“公開用”アカウント「LINE@」全ユーザーに開放 “仕事用サブアカ”誰でも可能に
LINEのビジネスアカウント「LINE@」が個人を含む全ユーザーに開放。通常のLINEアカウントはプライベートのクローズドな関係、「LINE@」のアカウントはビジネスなどオープンな関係で使い分けることを想定している。(2015/2/13)

ビジネスニュース 企業動向:
後発で日本参入したセルラーモジュールベンダーの勝算
無線モジュールを手掛けるTelit Wireless Solutions(以下、Telit)は、このほど主力のセルラーモジュールが日本国内の通信事業者認証を取得したことなどから、日本市場に本格参入した。国内外のベンダーが既に多く存在する日本のセルラーモジュール市場で、独自性を発揮して、2〜3年後に売上高20億円以上のビジネス獲得を狙う。(2015/2/13)

中小製造業ニュース:
日本企業がシリコンバレーで成功するためのコミュニケーションスキルを提供
べルリッツ・ジャパンはベンチャーキャピタルのWiLと共同で、シリコンバレー特化型コミュニケーションプログラム「シリコンバレー コミュニケーション スキルズ」の開発を発表。日本の企業がシリコンバレーで円滑にビジネスを進めるためのに必要なコミュニケーションスキルを学べるという。(2015/2/13)

われら“生けメン”:
ビジネスマンに人気の華道教室、秘伝を家元が「講義」
「仕事に通じるヒントも学べる」とビジネスマンの間で今、生け花が人気だという。経営者も次々と教室に入門している。(2015/2/13)

杉山淳一の時事日想:
試乗して分かった北陸新幹線の「ビジネス力」
JR西日本が開催した北陸新幹線試乗会に行ってきた。その体験と、駅や車両の設備、ダイヤ、きっぷなどの情報を基に、ビジネスマンに向けた北陸新幹線の情報をまとめた。北陸新幹線を使った出張は、仕事するも良し、休息も良し。快適な旅になりそうだ。(2015/2/13)


オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。