誠 総合  >  キーワード一覧  > 

ビジネス に関する記事 ビジネス に関する質問

「ビジネス」最新記事一覧

MousePro、カバー一体型キーボード付属のビジネス向け10.1型Windowsタブ「MousePro P101A」
マウスコンピューターは、ビジネス向けとなるWindows 8.1 Pro導入の10.1型タブレットPC「MousePro P101A」を発表した。(2015/5/1)

15年3月期通期決算:
富士通、今期は増収減益の見通し 「事業を見直し、ビジネスモデル変革の1年に」
富士通が2015年3月期通期の連結決算を発表。売上高はやや減少した一方で、ビジネスの見直しや円安の影響もあり、減収増益となった。一方で、今期はユーロ安による部材高騰の影響や、経営課題解決への投資を行うため、増収減益を見込んでいるという。(2015/5/1)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ビジネス・インテリジェンス&アナリティクス サミット 2015」チケットプレゼント
(2015/5/1)

エンドユーザーの操作性がビジネスを左右
移り気なあなたのための「クラウドアプリ乗り換えガイド」
発展を続けるモバイルおよびクラウド市場では、エンドユーザーがビジネスの意思決定を大きく左右する。クラウドポータビリティがエンドユーザーの操作性にどう影響するかを見てみよう。(2015/4/30)

「ハラル認証」手続きと運用体制の整えかた(後編)
ムスリム(イスラム教徒)を対象にビジネスをするなら「ハラル」への理解は欠かせません。後編は、さまざまな企業の取り組みを紹介するとともに、運用体制の整えかたをみていきます。(2015/4/30)

製造マネジメントニュース:
IoT/M2M分野のビジネス開発に向け、IoT分野のソリューション販売で協業
アドバンテックと三井物産エレクトロニクスは、IoT分野のソリューション販売で協業することを発表した。IoT/M2M分野におけるさらなるビジネス開発が狙いだ。(2015/4/30)

PCの名門だから生み出せる価値がある
“レジェンド”「ThinkPad」のタブレットと2 in 1がビジネスに最適な理由
市場にはコンシューマーとビジネスの両方を1つの製品でカバーするタブレットや2 in 1も少なくないが、業務に最適化して作り込まれた「ThinkPad」シリーズから選択すれば、よりスムーズな導入と運用管理が行えるだろう。(2015/4/30)

日本人スタッフが人力でデータ入力:
PR:"タブレットに手書き"でペーパーレス化! 最安0円からアンケートや申込用紙が作れる「KAMIMAGE」
アンケートや申込用紙をお客様に手書きで記入してもらったり、建築工事や介護などの現場でスタッフが手書きでレポートを書いたり……という現場は多い。手書きした紙をデータ化するにはこれまで1カ月くらいかかることが多かった。しかしこれを最速15分で納品し、新たなビジネスチャンスを創造するサービスがあることをご存じだろうか?(2015/4/30)

統合型ECソリューション「SNAPECシリーズ」を強化:
ECサイトにも「おもてなし」――富士通が4つのSAAS型サービス
富士通は2015年4月27日、統合型ECソリューション「FUJITSU Business Application SNAPEC(フジツウ ビジネスアプリケーション スナップイーシー)シリーズ」の新商品として、「レコメンド」「サイト内検索」「メール配信」「サイト分析」を2015年5月末から提供することを発表した。(2015/4/28)

仕事で使うNAS 第4回:
ASUSTOR NASをメールサーバとして使うときの注意点
ビジネス向けNAS講座の連載第4回では、ASUSTOR NASにApp Centralで機能を追加し、メールサーバーとして活用するための具体的な方法を解説する。(2015/4/28)

「サーフビズ」ってなんだよ! 仕事中に海に飛び込めるビジネススーツそっくりの謎ウェットスーツ誕生
サーフィンしてそのまま出社できます。(2015/4/27)

Weekly Memo:
「BIソフト無料」を打ち出したマイクロソフトの意図
日本マイクロソフトがビッグデータ活用の促進に向け、無料のBIソフトとクラウドを組み合わせたサービスを発表した。この分野の新たなビジネスモデルになるかもしれない(2015/4/27)

オンプレだけでなくクラウド管理にもSystem Centerを:
PR:Microsoft Azureの運用管理には、System Centerが必要
企業のビジネス領域におけるパブリッククラウドの利用は、いま本格的な普及期を迎えています。パブリッククラウドの利用が拡大すると、特にIaaS環境では運用管理が大きな課題となってきます。マイクロソフトの運用管理スイート「System Center 2012 R2」は、IaaS環境への展開も可能で、クラウド運用管理のさまざま課題を解決します。(2015/4/27)

後発ホンダが食い込むには? ビジネスジェット市場、10年で倍増
ホンダが参入するビジネスジェット市場は、世界的な景気回復を追い風に成長が期待されている。(2015/4/24)

フォースメディア、QNAP製ハイエンド10ベイNAS「TVS-EC1080」など5製品の取り扱いを開始
フォースメディアは、QNAP製ビジネスNAS「TurboNAS」の取り扱いラインアップを一新、2モデル計5製品の取り扱いを開始する。(2015/4/24)

ITのパフォーマンスはビジネスのパフォーマンス:
Software Defined ArchitectureとミサワホームAWS活用事例に見る「デジタルビジネス時代のIT活用」
先を見通しにくい中で、安定的に収益・ブランドを向上させ続けるためにIT部門ができることは何か? デジタルビジネス時代のアプリケーション開発、インフラ活用の要件を探る。(2015/4/24)

ネイティブ広告プラットフォームに批判の声も
Forbesの1日400本の記事公開を支えるデジタルメディア戦略とは
大手メディア企業の米Forbes Mediaは、コンテンツ管理システムを構築することで新たなビジネスを切り開いている。同社のデジタルメディア戦略を解説する。(2015/4/24)

「HondaJet」日本で初飛行 受注すでに100機以上、「自由な移動の喜びを」
ホンダの小型ビジネスジェット機「HondaJet」が日本で初飛行。伊東孝紳社長は「HondaJetは本田宗一郎が持ち続けた夢。お客さまに自由な移動の喜びを提供したい」と話す。(2015/4/23)

ホワイトペーパー:
タブレットでもPCでも使える“2 in 1”デバイスが切り開く次世代ビジネスシーン
モバイル端末の利用が増加する中、次世代ビジネスユースに最適なデバイスは、タブレットでもPCでも使用できる“2 in 1”デバイスだ。Windows 8とインテル Atom プロセッサ搭載で、最強のビジネス端末になる。(2015/4/23)

クラウド時代のアジャイルシステムインテグレーション(2):
絶対に押さえておきたい、超高速システム構築5要件と3つのテクノロジ
多くの企業にとって“クラウドファースト”がキーワードとなっている今、クラウドを「適切に」活用する能力はSIerやIT部門のエンジニアにとって必須の技能となっている。今回はビジネス要請にアジャイルに応える「クラウドファースト時代のシステムインテグレーション」に必要な要素技術を解説する。(2015/4/22)

「Lync」が「Skype」のUIに:
ビジネスコミュニケーションを変える「Skype for Business」、4月中旬より提供開始
日本マイクロソフトは、ワークスタイル変革を支援する新しいコミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」を4月中旬より提供する。(2015/4/21)

営業支援のリポート作成省力化:
日本オラクル、リードヘルスケアの営業支援システムにビジネス・インテリジェンス製品を導入
日本オラクルは2015年4月20日、ヘルスケア関連事業を手掛けるリードヘルスケアに、ビジネス・インテリジェンス製品「Oracle Business Intelligence Foundation Suite」を導入したことを発表した。(2015/4/20)

R25スマホ情報局:
「職業特化型」LINEスタンプ大図鑑
ビジネスでもLINEを活用したい! と考えている人にオススメしたいのが、ビジネス上のトークでも使える「職業特化型」スタンプだ。(2015/4/20)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(12):
新入社員への適切な接し方
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は新入社員の迎え方を指南する。(2015/4/20)

祝創刊!:
「ITmedia ビジネスオンライン通信」購読キャンペーン
4月1日に創刊した新メールマガジン「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録キャンペーンを実施します。抽選で1名さまに「iPad Air 2 Wi‑Fi 16GB」をプレゼント。ぜひご登録ください。(2015/4/20)

ビジネス書のポイントが5分で分かる、オトバンクの要約サービス「FeBeダイジェスト」
『夢をかなえるゾウ』『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』など、マーケティングチームが選定した「売れている本」を要約して無料配信している。(2015/4/17)

要件に応じて適正なコストで高可用性システムを実現:
PR:DBシステムの可用性を高めるベストプラクティス「Oracle Maximum Availability Architecture」
ITがビジネスに不可欠の存在となった今日、システムのダウンタイムやデータ損失が企業に与える影響は増大の一途をたどっている。そうした中、オラクルは高可用性システム実現のベストプラクティスとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提供している。[高可用性/災害対策](2015/4/23)

進化する物流ビジネス最前線:
宅配は大手だけではない! 自転車を駆使して稼ぐエコ配
ヤマト運輸や佐川急便など大手宅配企業の隙間を突いたビジネスモデルで業績を伸ばしているベンチャーがある。自転車を使った宅配サービスを提供するエコ配だ。(2015/4/17)

ホワイトペーパー:
Windows XPサポート終了、次に選ぶべき企業導入PCの要件
Windows XPをまだ使い続けている企業は、マイクロソフトのサポートが終了する前に早急な切り替えが必要だ。特に3年以上経過したPCを利用している場合は、PC本体と合わせての切り替えが望ましい。今選ぶべきビジネスPCとは?(2015/4/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
架線柱倒れにトンネル白煙、相次ぐJR事故からビジネスマンが学ぶこと
先日のJR東日本の架線柱倒壊事故は大きな交通マヒを起こした。しかしその前にJR北海道が青函トンネル内で白煙事故を起こし、JR西日本は北陸新幹線で給水ホースを外し忘れた。事象も原因も異なるが、3つの事故に共通する失策がある。(2015/4/17)

1つの製品だけで解決するのは困難だけど
要件てんこ盛り、「バックアップ」「リストア」の課題をどう乗り切るか?
ビジネス環境の変化に伴い、次々と新たな課題を突き付けられる「バックアップ」「リストア」。1つの製品で解決するのは難しいがコストはなるべく掛けたくない。どうする、IT担当者?(2015/4/17)

Kingston、サーバ/データセンター向きの960Gバイト2.5インチSSD「KC310」
Kingston Technologyは、容量960Gバイトを実現したビジネス向け2.5インチSSD「KC310」を発表した。(2015/4/15)

ホワイトペーパー:
合併/買収におけるITとビジネスプロセスの統合に関する重要なポイント
合併や買収がもたらすITとビジネスプロセスの課題に企業が適切に対応するには、どうしたらよいだろうか。(2015/4/15)

人を使わない営業活動:
リコー“3Dプリンタ事業”の快進撃を支えた「クラウド×Webマーケ」
複合機やデジタルカメラといった事業を展開するリコーが、3Dプリンタ事業に参入して注目を集めている。新たなビジネスチャンスを追う同社だが、新領域の製品を取り扱うにあたって、営業活動がうまくいかないという問題も起きた。(2015/4/15)

VAIO、アナログRGBを追加したビジネスで使える「VAIO Fit 15E | mk2」発表
TPMを実装してセキュリティ機能も強化。実売予想価格は個人向け標準仕様の下位構成で8万6480円の見込み。(2015/4/14)

VAIO、「ピンク」も選べるビジネス対応15.5型ノートPC
VAIOの15.5型オールインワンノートに“ビジネスシーン対応モデル”が登場。アナログRGBやTPMなどのビジネスシーンで使われる機能を加えた。新カラー「ピンク」も新設。(2015/4/14)

事例や課題を整理
コマツやAmazon、Googleも注目 「ドローン」はビジネスにどう生きるのか?
コンシューマーの間で利用が広がりつつある小型無人飛行機「ドローン」。そのビジネス活用を模索する動きが現れつつある。ドローン活用の現状と、その課題を整理する。(2015/4/14)

HPが米紙の見解に反論、「IaaSやSaaSだけの勝負ではない」
AWSやAzureに比べてHPが劣勢――米紙New York Timesの報道に対して日本HPのクラウド事業責任者は、「IaaSやSaaS事業者との競争だけがビジネスではない」と述べた。(2015/4/13)

ESEC2015 開催直前情報:
インテルはIoTの「可能性」と「パワー」を具体的に紹介
2014年は「IoT」がビジネストレンドになった年だったが、2015年はどうなるか? ESEC 2015でインテルは「Internet of Things, It’s here, now」をテーマに、IoT技術によってさまざまな業種業界で現在進行中の「変革」を多彩な事例で紹介する。(2015/4/13)

エネルギー供給:
節電を活用したビジネス「ネガワット取引」、削減量の算出方法などが明確に
経済産業省は電力会社の要請に応じて企業などが節電した電気使用量を、電力会社が買い取る「ネガワット取引」のガイドラインを策定した。取引において想定されるさまざまな事項について具体的な指針を定めることで、ネガワット取引の普及を促進する狙いだ。(2015/4/13)

日本の少子高齢化はビジネスチャンス――データ分析で2020年以降の日本を元気に
IoTの世界では、さまざまなデバイスでデータが作成され、蓄積されていく。このデータを有効活用することで、ビジネスを差別化することができる。データ分析は、来るべき2020年の社会をいかに変化させるのだろうか。(2015/4/13)

Enterprise IT Kaleidoscope:
ビジネス利用の“伏兵” Windows 8.1 With Bing――Windows 10への更新は?
Windowsを実質“タダ”で提供することになった「Windows 8.1 With Bing」がジワジワと利用環境を広げているようだ。特に言及されていないWindow 10への移行についても考察する。(2015/4/13)

ビジネスユーザー向けのツールが拡充
「地図+データ」は言葉の壁を超える、ロケーションインテリジェンス活用法
地理情報の活用はとりわけ新しいものではない。だが、「ロケーションインテリジェンス」(LI)と呼ばれる一般のビジネスユーザー向けの手軽なツールによって、新たな形で地理情報の活用が拡大している。(2015/4/13)

宇宙ビジネスの新潮流:
米国だけではない! 70兆円市場を狙う英国宇宙ビジネス
近年、官民一体で宇宙事業投資を加速しているのが英国だ。今回はその一連の動向をお伝えする。(2015/4/11)

LinkedIn、老舗オンラインビデオ学習のLynda.comを15億ドルで買収
ビジネス特化型SNSのLinkedInが、創業20年で日本語コースも提供している有料オンラインビデオ学習サービスLynda.comを買収する。(2015/4/10)

エネルギー業界の転職市場動向(3):
グローバルなキャリア形成と高年収が魅力、外資系エネルギー企業への転職
業界トップクラスの外資系企業も参入して、日本の再生可能エネルギー市場はますます活発になってきた。外資系企業は転職市場においても、ビジネス拡大に備えて人材採用に積極的だ。ジェイ エイ シー リクルートメントの転職コンサルタントが、外資系エネルギー企業の採用事情を解説する。(2015/4/10)

キャリアニュース:
勤務先として魅力的な企業のグローバル調査、ソニーが2年連続でトップ10入り
総合人材ビジネスをグローバルに展開するランスタッドホールディングが毎年実施している調査で、ソニーが2年連続で勤務先として魅力的な企業のトップ10にノミネートされた。(2015/4/10)

ファーストリテイリング、全社・グローバル規模で人事基盤をクラウド化 「Workday HCM」を採用
ユニクロなどを世界22カ国で展開するファーストリテイリングが、グローバルで共通した人事システムをクラウドで構築。グループ全世界の人事プロセスを標準化し、ビジネス全体の効率性・生産性のさらなる向上を図る。(2015/4/9)

アイドル市場の規模は863億円:
参加アイドル300人以上! アイドルアプリ「CHEERZ」のビジネスモデルとは?
オタク市場の中でも、ファン1人あたりの年間平均消費金額が9万4738円と最も高いアイドル市場。そんな中、空白地帯だったのが“アイドルアプリ”だ。Showroom、755に続き登場したCHEERZは、さまざまなアイドルの自撮り写真が楽しいアプリ。アイドルのプラットフォームを目指す、というその戦略を聞いた。(2015/4/9)

アイ・オー、2ベイビジネスNAS“LAN DISK H”に容量2Tバイトの下位構成モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、2ドライブ構成のビジネスNAS「HDL2-H」シリーズのラインアップに容量2Tバイトとなるモデルを追加した。(2015/4/8)


普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。