ニュース
» 2015年05月29日 12時22分 UPDATE

毎月配送:工場からの“お届けビール”はいかが? キリン、専用サーバーを展開 (1/2)

キリンは会員制サービス「キリン ブルワリーオーナーズクラブ」と「KIRIN AQUWISH ソーダサーバー」を展開することを発表した。飲食に関心が高い層をターゲットにし、会員数の拡大を図っていく。

[ふじいりょう,ITmedia]

 キリンは8月上旬に、工場から直接ビールを家庭に届け、専用サーバーで楽しむことができる会員制サービス「キリン ブルワリーオーナーズクラブ」を、首都圏で展開(1000台限定)することを発表した。また、キリンビバレッジの水宅配事業「KIRIN AQUWISH」にも、「富士山まろやか天然水」で炭酸水を楽しめるサービスを付加し、2015年7月23日以降、東京23区内に100台限定で展開。どちらもオンラインショップ「DRINX」(ドリンクス)で注文を受け付け、2016年より本格展開する予定だ。

yd_kirin1.jpg 専用サーバーで楽しむことができる会員制サービス「キリン ブルワリーオーナーズクラブ」

 「家庭で極上の生ビールを楽しむサービス」(キリン 取締役常務執行役員CSV本部長 橋本誠一氏)というブルワリーオーナーズクラブは、専用の小型タンクに仕込んだビールを家庭に配送。厳選された一番搾り麦汁のみを使用したピルスナータイプのビールで、ホップは秋田県大雄産「かいこがね」を用いる。

 独自開発された専用ホームサーバーは、内容量1リットルとやや小ぶり。保冷、抽出、泡だしができるオールインワン設計で、ホワイト一色のシンプルさが特徴的だ。中でも樹脂製のチューブは使い切りとなっており、衛生面や利便性に気を配ったという。

 DRINXでの受付は、2015年7月中旬からで、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(離島を除く)が対象。ペットボトル2本を毎月2回発送し月額8000円(税抜き、送料込み)。当初は1000世帯限定だが、将来的には5万件を目指す。

yd_kirin2.jpg ペットボトル2本を毎月2回発送し、月額8000円(税抜き、送料込み)

ウオーターサーバー所有層の43.0%は炭酸水機能を欲している

 既に3万件を展開しているKIRIN AQUWISHは水代のほかに、サーバーレンタル料1000円と炭酸ガスカートリッジ1800円(3本、いずれも税抜き)を負担することで「ソーダサーバー」として使うことができるようになる。キリンの調査によると、ウオーターサーバー所有層の43.0%は炭酸水機能を欲しているとし、飲用だけでなく美容や調理への活用ニーズが高まっており、「15年中に4万件を達成したい」(橋本氏)という。

yd_kirin3.jpg
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ