ニュース
» 2015年04月17日 16時40分 UPDATE

8000店でスタート:ローソンもドーナツ市場に参入、試験販売で何が分かった? (1/2)

大手コンビニがドーナツ販売に力を入れている中、ローソンも同市場に参入することを明らかにした。試験的に約600店で販売したところ、店の売り上げは……。

[土肥義則,ITmedia]
yd_lowson1.jpg ローソンは4月17日、ドーナツ市場に参入することを明らかにした

 大手コンビニのセブン-イレブンファミリーマートがドーナツ販売に力を入れる中、ローソンも同市場に参入することを明らかにした。現在試験的に約600店でドーナツ専用ケースを導入しているが、8月までに約8000店に拡大するという。各社ともいわゆるコンビニーコーヒーと合わせて購入してもらうことで客単価アップを狙っており、関係者の間からは「コーヒー戦争の次は“ドーナツ戦争”が始まる」といった声が出ている。

 ローソンが販売するのは、工場から納品されている定番メニュー4品(オールドファッションドーナツチョコ、モッチリングショコラ、モッチリングいちご、シュガードーナツ)のほかに、店舗のフライヤーで調理するハワイアンドーナツ2品(プレーン、チョコレート)を加えた6品。価格は、すべて100円(税込)。当初は6品でスタートするが、「お客さんに飽きられないように商品開発に力を入れていく」(ローソン上級執行役員の和田祐一氏)という。5月にはハワイアンドーナツカスタード、チョコ&ココナッツドーナツ、6月にはハワイアンドーナツはちみつレモンなどを発売する予定だ。

 Pontaカードのデータを使って、客の購買状況を分析したところ、コーヒー(カフェラテなどを含む)と一緒に購入しているのは「ドーナツ」、ドーナツと一緒に購入しているのは「コーヒー」がそれぞれトップ。また、実験店でドーナツ専用ケースをさまざまな場所に設置したところ、レジ横で販売したときが最も売れたという。こうした結果を受け、競合他社と同じようにカウンターでドーナツを販売することになった。

 専用ケースは4月末に2500店、5月末には5000店、7月末には8000店に導入する予定。ローソンの全店(約1万1000店)に設置しない理由について、和田氏は「狭い店舗ではスペースの関係で、専用ケースを置くことが難しい。販売状況を見ながら、今後は小さいサイズのケースも検討していきたい」とした。

yd_lowson2.jpgyd_lowson3.jpg オールドファッションドーナツチョコ(左)、モッチリングショコラ(右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -