連載
» 2015年02月13日 08時00分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:試乗して分かった北陸新幹線の「ビジネス力」 (1/6)

JR西日本が開催した北陸新幹線試乗会に行ってきた。その体験と、駅や車両の設備、ダイヤ、きっぷなどの情報を基に、ビジネスマンに向けた北陸新幹線の情報をまとめた。北陸新幹線を使った出張は、仕事するも良し、休息も良し。快適な旅になりそうだ。

[杉山淳一,Business Media 誠]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』、『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP


 2015年2月5日、JR西日本は報道関係者向けに北陸新幹線試乗会を開催した。スケジュールは次の通り。「金沢駅に当日朝8時30分までに集合し事前説明」「9時25分に金沢駅に試乗列車入線」「試乗列車は金沢駅を9時56分発、長野駅に11時30分着」「試乗列車は長野駅を12時11分発、金沢駅に13時45分着」「点呼後に解散」。

 スケジュールを受け取ったときは「試乗が新規開業区間の金沢駅〜長野駅の往復なので時間短縮のメリットを実感できるだろうか」と不安だった。東京に住む者にとっては「東京〜金沢間が約2時間半」という体験がどんなものか知りたい。恐らく金沢に住む人もそうだろう。しかし、時間短縮については、このスケジュールの組み方が実感させてくれることになったのだ。

 北陸新幹線の金沢延伸開業前の現在、東京に住む私が金沢駅に朝8時30分までに到着するには、前日に夜行バスに乗って早朝に到着するか、前泊しか方法がない。寝台特急「北陸」や急行「能登」があったころが懐かしい。ちなみに、2015年2月現在、羽田空港〜小松空港の航空機の始発は日本航空(JAL)1273便で、羽田発7時50分、小松空港着8時55分。小松空港から金沢駅までのバス便は待ち時間を含めて約50分だから、金沢駅着は9時45分以降になる。

金沢駅に試乗列車W7系W2編成が入線。柱の上部に施された金色は本物の金箔で、60本の柱に2万枚以上が使われたという。高い位置にある理由は盗難防止かも? 金沢駅に試乗列車W7系W2編成が入線。柱の上部に施された金色は本物の金箔で、60本の柱に2万枚以上が使われたという。高い位置にある理由は盗難防止かも?
金沢駅のホーム柵は一部がガラス張り。安全に乗車記念写真を撮れそうだ 金沢駅のホーム柵は一部がガラス張り。安全に乗車記念写真を撮れそうだ
ホーム柵に掲示されていた編成図。コンコースへ降りる階段とエスカレーターは中央の1カ所ずつ。先頭車付近からは少しばかり歩く ホーム柵に掲示されていた編成図。コンコースへ降りる階段とエスカレーターは中央の1カ所ずつ。先頭車付近からは少しばかり歩く
新幹線ホーム階下にはユニバーサルデザインの多目的トイレを2部屋用意。おしめ交換や授乳にも使えそう。車いす、オストメイトも対応 新幹線ホーム階下にはユニバーサルデザインの多目的トイレを2部屋用意。おしめ交換や授乳にも使えそう。車いす、オストメイトも対応
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -