ニュース
» 2015年02月10日 08時00分 UPDATE

編集長ヨシオカのシアトルレポート:コンコルドが一般道路を横断! その訳は…… (1/3)

1月31日朝、シアトルのボーイングフィールド近辺で、引退したコンコルド、エアフォースワン、コンステレーションが一般道を横断する、という出来事がありました。ちょっと珍しいシーンだったので、写真たっぷり&動画でご紹介します。

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 シンガポールのLCC、Scootの取材のため(参考記事)、米国シアトルを訪れていた1月下旬のこと。米国有数の航空博物館「ミュージアム・オブ・フライト(The Museum of Flight)」を見学していたら、館内の係員から「明日の朝、ちょっと珍しいことがあるよ」と聞いたので、早起きして見学にいくことにしました。たしかにとても珍しく面白かったので、本記事でご紹介します。

ay_mof01.jpg 一般道路を横断するコンコルド

コンコルド、エアフォースワン、コンステレーションの3機が道路の反対側へお引っ越し

 シアトルはボーイングの工場が複数あり、空港も4つもあり……と、飛行機好きにとっては聖地ともいえる街。4つある空港の一つが、キング・カウンティー国際空港、通称「ボーイングフィールド」。ここはボーイングの工場で作られて、航空会社に引き渡される前、できたてピカピカの飛行機が飛び交う珍しい空港なのです。

 ミュージアム・オブ・フライトは、このボーイングフィールドにある、ボーイング関連施設の一つ。航空・宇宙関連の展示が充実した博物館で、旅客機や戦闘機などさまざまな飛行機の実物が見学でき、一部は機内も見学できる……というのがポイントです。

ay_mof00.jpg 航空と宇宙ががテーマの博物館「ミュージアム・オブ・フライト」の館内。さまざまな飛行機の実機(ボーイング社製以外のものも多くある)が展示されており、一部は中に入れる

 ミュージアム・オブ・フライトの建物の横には、さまざまな貴重な飛行機(実機)が屋外展示されています。今回はこのうち、超音速旅客機 コンコルド、米国の大統領専用機 エアフォースワン、ロッキードの大型プロペラ旅客機 コンステレーションの3機がお引っ越し。博物館の前にある一般道を渡り、道路の反対側へ移動するというのです。

午前8時、作業スタート。まずはコンコルドから

 1月31日午前8時。霧が立ちこめる中で作業がスタートしました。日本ならおそらく事前に通行止めの通達があり、警察官が出動して交通整理……ということになりそうですが、特に道路が通行止めになることもなく普段通り。私も宿泊していたホテルからミュージアム・オブ・フライトの前まで、普通にタクシーに乗ってやってきたくらいです。

 予定よりやや遅れて、牽引車が登場。道路を渡ってコンコルド(ブリティッシュ・エアウェイズ塗装)の近くに行き、機体を引っ張ります。

ay_mof02.jpg 牽引車が登場
ay_mof03.jpg コンコルドの前輪部分には、牽引車で引っ張るための黄色い棒が取り付けられていました
ay_mof04.jpg 機体を引っ張ります

 頃合いを見計らって、「STOP」と書かれた標識を持った係員が登場。車線の両側で一時的にクルマを止めます。

 見物客や、一時停止中のクルマが見守る中、コンコルドがけん引車に引っ張られながら道路を横断していきます。

ay_mof05.jpg 道路はクルマがバンバン走っていて、大丈夫かな? とすこし心配に……
ay_mof06.jpg 「STOP」と書かれた標識を持った係員が登場、道路に出て行きます。ちなみに裏面には「SLOW」と書かれていました
ay_mof07.jpg 一時的にクルマの流れを止めて、いよいよコンコルドが横断開始
ay_mof01.jpg コンコルドが道路を横断!
ay_mof08.jpg 振り返ると、コンコルドの横断を待っているクルマ(と、写真を撮っている地元の飛行機好きの人々)
ay_mof09.jpg コンコルドは、無事に道路の反対側へ到着
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -