連載
» 2014年05月01日 08時00分 UPDATE

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:キューバ選手の「鎖国解禁」 メジャーと他国球界に与える影響とその裏側 (1/4)

キューバの主砲が巨人へ移籍──日本球界に驚きと衝撃が走った。野球強国で知られるキューバ。これまで政府の意向で海外チームへの移籍にはいくつかの障壁があったが、何が変わったのか。このウラに何があるのか。ビジネスの観点から見てみよう。

[ 臼北信行,Business Media 誠]

著者プロフィール:臼北信行

日本のプロ野球や米メジャーリーグを中心としたスポーツ界の裏ネタ取材を得意とするライター。WBCや五輪、サッカーW杯など数々の国際大会での取材経験も豊富。


 日本球界に驚きと衝撃が走った。巨人が先月4月19日、WBCキューバ代表のフレデリク・セペダ外野手と年俸1億5000万円で1年契約を結んだと発表したからだ。キューバ政府が2013年9月に自国のスポーツ選手の国外プロ活動を容認する方針を示して以来、日本球界への初の移籍となる。

 海の向こうの米メジャーリーグはどうか。米国はキューバとの商取引を禁止していることから、今回のキューバ政府の“鎖国解禁”には「米国以外」という注釈が付けられている。実際に米メディアは「キューバの新制度で恩恵を受けるのは日本やメキシコ、それに韓国などの制約のない国に限られる」(ニューヨークタイムズ紙)、「キューバが門戸を開放しても、米国のプロスポーツ界とキューバ政府との間には、以前と何も変わらない高い壁がそびえ立っている」(米スポーツ専門局ESPN)などと報じており、メジャーリーグも例外ではない。

 いや、それどころかセペダ選手の日本球界入りがメジャーリーグの市場にマイナスの影響を与えるとの見解も出ている。元キューバ人の亡命選手たちが今後、メジャーから減少するかもしれないという声が聞こえてくるからだ。

 これは一体どういうことか。また、そもそもメジャーリーグでプレイしたいと願うキューバ選手たちが亡命するには、どんな方法があるのか。これらをビジネスの観点から見てみたい。

photo 「キューバ選手の入団合意とキューバ野球連盟との友好協定締結について」(出典:読売巨人軍公式サイト)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ