連載
» 2013年09月09日 07時00分 UPDATE

英会話は伝え方で9割決まる:「今日元カノに会っちゃった」 英語で言うには? (1/2)

あなたの英語はちゃんと相手に伝わっていますか? ネイティブ流にすることで、より自然に相手に伝わるようになります。不幸にも恋人と別れたり離婚した場合、前妻や元カレのことを英語で何と言うのでしょうか?

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「英会話は伝え方で9割決まる」について

ks_book.png

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『英会話は伝え方で9割決まる(学校では教えてくれなかった英語)』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

――あなたは次の日本語のニュアンス、英語でちゃんと伝えられますか?

例えば「結構です」と言いたくて"No, thank you."なんて答えていませんか? あなたが学校で習った「正しい」英語、実はネイティブには伝わらない英語かもしれません! 英会話は伝え方で9割決まります。

英語も、日本語と同じように、話し方に気を付けなければなりません。ほんのちょっと言い方を変えたり言葉をつけ加えるだけで、気持ちはもちろん、ちょっとしたニュアンスまで、ネイティブにちゃんと伝わる英語に変わります。

本書では伝えたい目的別に、日本人が使いがちな「惜しい英語」を取り上げ、あなたの英語のどこをどう変えればもっとネイティブに伝わるようになるのか、そのコツとポイントを分かりやすくまとめています。


 いくら文法的に正しい英語を話しても、自然な英語とは限りません。例えば、カジュアルな場面で堅苦しい言葉を話していたらおかしいですよね。学校で習った英語をそのまま使ってしまうとこういうことが起こりかねません。ネイティブが実際に使っている生きた英語を確認して、会話の流れや雰囲気をこわさないようにしたいものですね。

ここで身につけたいテクニック

  • 時代遅れな言葉に注意
  • お決まり表現をおさえよう
  • ネイティブが使う、カジュアル表現をチェック
  • 軽いニュアンスの言い方を身につけよう
  • カジュアルな短縮表現を知ろう

「元妻」や「元夫」と言いたいとき

日本人の惜しい英語

  • She’s my former wife.

 前妻です。

もっと伝わる英語

  • She’s my ex.

 元妻です。

セイン先生からのアドバイス

公の場で離婚した配偶者の話題に触れるときはformer wife/husbandと言うのがふつうですが、日常会話ではexという表現をよく使います。ex-wife、ex-husband、ex-boyfriend、ex-girlfriendもよく使うので覚えておきましょう。

  • He’s my ex-husband.

 彼は私の元夫です。

  • My ex-boyfriend called me last night.

 元カレが昨夜電話してきた。

  • I met my ex-girlfriend today.

 今日元カノに会っちゃった。


「本当だよ」と言いたいとき

日本人の惜しい英語

  • It’s the truth.

 これは事実です。

もっと伝わる英語

  • I’m positive.

 本当だよ。

セイン先生からのアドバイス

truthという単語には堅苦しい響きがあるので、友だちとのカジュアルな会話にはちょっと不向き。代わりにI’m positive.という表現を使ってみましょう。「絶対だよ」「本当だよ」といったニュアンスになります。

ちなみに「私はポジティブな人間だ」と言いたいときには、I’m positive.ではなく、I’m a positive thinker.と言います。


banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ