コラム
» 2013年04月23日 08時01分 UPDATE

窪田順生の時事日想:サラリーマンを喰い尽くす、“タガメ女”ってナニ? (1/3)

“タガメ女”という言葉をご存じだろうか。一部の人たちの間で話題になっているが、聞いたことがない男性はその女性の正体を知っておいて損はない。なぜなら無抵抗な男性を……。

[窪田順生,Business Media 誠]

窪田順生氏のプロフィール:

1974年生まれ、学習院大学文学部卒業。在学中から、テレビ情報番組の制作に携わり、『フライデー』の取材記者として3年間活動。その後、朝日新聞、漫画誌編集長、実話紙編集長などを経て、現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌でルポを発表するかたわらで、報道対策アドバイザーとしても活動している。『14階段――検証 新潟少女9年2カ月監禁事件』(小学館)で第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。近著に『死体の経済学』(小学館101新書)、『スピンドクター “モミ消しのプロ”が駆使する「情報操作」の技術』(講談社α文庫)がある。


 本日(4月23日)、『日本を喰い尽くすタガメ女の正体』(講談社α新書)という本が発売された。著者は深尾葉子さんという大阪大学大学院経済学研究科准教授で、私も少しお手伝いをした。

 実はこの本、発売前からすでに一部の人たちの間でかなり話題となっていた。というよりも、かなり物議を醸し出していた。

 以下は、Amazonなどに掲載された「内容紹介」である。

 タガメとは田んぼに生息してカエルの生き血を吸う昆虫。高度成長期以後、日本の各地から田園風景が消える中、タガメの魂は女性たちに宿り、無抵抗な「カエル男」を箍(タガ)にハメて搾取している。すなわち「タガメ女」は「箍女」でもある。気鋭の研究者が、自らの研究過程やゼミ生からの証言をもとに、「専業主婦」「家事手伝い」という姿で女性が現代日本を支配する特異な現象を、ユーモアを交えて実証する。

yd_kubota1.jpg 日本を喰い尽くすタガメ女の正体』(講談社α新書)

 なんだか専業主婦にケンカを売っているような内容だな、と思った人も多いのではないか。実際にこれを読んで「搾取? はあ? 専業主婦をナメんじゃないわよ!」とブチギレしている人もいるかもしれない。

 確かに、「虫」呼ばわりされて気持ちのいい人などいない。さらに「内容紹介」でもふれているように、タガメというのはかなりエグい生き物だ。

 まず土のなかに身を潜めて獲物がくるまでじっと待ち、カエルなどの獲物が近くにやってきたらガバッと飛びかかり、鎌状の前脚でガッチリと挟み込む。鋭い注射器のような嘴(くちばし)をプスっと刺す。次に、その嘴からタンパク質を溶かす消化液を注入し、トロトロになって肉をチューチューと吸う。捕食されたカエルは、最初はバタバタともがくもののやがて毒がまわったのか、大人しくなって最期には骨と皮になる――。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集