連載
» 2013年03月08日 08時00分 UPDATE

カイモノマーケティング:ダイシン百貨店にみる総シニア時代の「居られる店」づくり (1/3)

「半径500メートルの住民を100%顧客に」――地域密着型の商売を行っているダイシン百貨店。そこにはお年寄りが毎日のように足を運びたくなるさまざまな仕掛けがある。

[澤地正人,Business Media 誠]

著者プロフィール:澤地正人

1976年東京都生まれ。店頭における営業活動や、販促支援、売り場づくりまでを行う「店頭マーチャンダイジング事業」を展開する株式会社マックス取締役。店頭を起点としたマーケティング部門の統括責任者として、価値を伝えきる売り場・売り方の実現について、メーカー様向けに流通戦略から店頭施策、販促企画など幅広いプランニングを手掛けている。近著に『セールスデザイン〜売れる仕組みの作り方〜』がある。


 お客さんと一緒になって考える――これからのビジネスは、この傾向が強まるのではないでしょうか。

 インターネットの発達により、情報や知識が得やすくなりました。そのため商品の差別化特性が失われやすくなり、結果として価格や量でしか選ばれなくなる、いわゆる「コモディティ化」が進み、商品ライフサイクルは短縮化しています。

 だからこそ、企業は一歩でも早くイノベーションを起こすために「スピード感」を重視し、競争優位性を得るために自前の組織、機能のみではなく、アウトソーシングやM&Aなど、外部の知見を取り込むことがセオリーになっています。

競争力=共創力の時代へ

 筆者は、自前、外部に加えて、これからは「顧客の参画」がより重要になってくると思っています。企業が顧客とともに考え、商品やサービスを「共創」することが、競争に勝ち残る要素になりそうです。

 例えば、空想生活というWebサイトをご存じでしょうか? 自分が考えた商品アイデアを投稿し、「欲しい」という声を一定数集められれば、企業が商品化を検討していくという、まさに顧客が参画できるWebサービスです。ちなみに、レゴブロックとコラボした「LEGO CUUSOO」もあり、惑星探査機「はやぶさ」のレゴブロックが商品化されました。

 このような「顧客の参画」によって作られた商品は、消費者にとって受け入れやすいものです。また、声を聞いてくれるということが企業への信頼にもつながり、商品購入後も継続的な関係が構築できます。このように企業・顧客ともにメリットがあり、これからも「共創」という仕組みは発展していきそうです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -