ニュース
» 2012年12月07日 13時16分 UPDATE

「景気がよくなれば、転職を検討」――大企業を中心に拡大 (1/2)

今の会社や仕事に閉塞感を覚えている人はどのくらいいるのだろうか。ビジネスパーソンに聞いたところ、40.2%が「閉塞感がある」と回答した。クレイア・コンサルティング調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは今の会社や仕事に閉塞感を覚えますか? ビジネスパーソンに聞いたところ、40.2%が「閉塞感がある」と回答していることが、クレイア・コンサルティングの調査で分かった。2012年に同社が行った調査と比べ3.1ポイント高くなっており、会社での閉塞感がこの2年間で強まっていることがうかがえた。

yd_work1.jpg ビジネスパーソンの4割が「閉塞感」(出典:クレイア・コンサルティング)

 「閉塞感がある」と答えた人に、その理由を聞いたところ「会社や事業の先行きが不透明だから」(55.2%)がトップ。以下「がんばったとしても給料が上がっていく見込みがないから」(53.5%)、「会社に期待できないから」(42.3%)、「がんばっているのに業績が上がらないから」(31.1%)と続いた。

yd_work2.jpg 閉塞感がある理由(出典:クレイア・コンサルティング)

転職意向、大企業を中心に拡大

 景気によっては転職を考えたいという人はどのくらいいるのだろうか。この質問に対し、39.2%が「景気によって転職を考える」と回答。前回の調査で、転職意向者は26.3%だったが、今回は12.9ポイントも上昇した。

yd_work3.jpg 転職を考えたいという人が急増している(出典:クレイア・コンサルティング)

 特に転職意向が強かったのが、大手企業(従業員5000人以上)で働くビジネスパーソン。前回の調査では22.6%だった転職意向者が、今回は37.8%まで上昇した。「安定的で離職率も低い想定される大企業において、潜在的な人材流出の危機が高まっていることが分かった」(クレイア・コンサルティング)

yd_work4.jpg 大企業で働く人の間で転職意向が強まっている(出典:クレイア・コンサルティング)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ