連載
» 2012年09月06日 08時00分 UPDATE

伊吹太歩の世界の歩き方:米大統領選でうごめくハリウッドセレブたち (1/3)

支持政党を隠しもしないセレブたちが大統領選を縁の下で支える? 資金集めパーティでは億単位でカネを集めるし、ダーティハリーがオバマ大統領にエアインタビューだってする。

[伊吹太歩,Business Media 誠]

著者プロフィール:伊吹太歩

世界のカルチャーから政治、エンタメまで幅広く取材し、夕刊紙を中心に週刊誌や月刊誌などで活躍するライター。


 2012年8月27日、米俳優のジョージ・クルーニーはスイスのジュネーブにいた。ただ国連機関で記者会見があったわけでも、国際会議でPR活動を行ったわけでもない。かといってバカンスでもない。2012年11月に大統領選を控えたバラク・オバマ大統領のために催された資金集めパーティに出席していたのだ。

 国際的な機関が多いジュネーブに暮らす米国人を対象にしたパーティで、クルーニーは62万5000ドル(約4900万円)の資金獲得に貢献した。ちなみにクルーニーとの夕食会の参加料金は1万5000ドル(約117万円)、クルーニーとの写真撮影代はなんと5000ドル(約39万円)、また夕食前に行われた歓迎会の参加費は1人当たり1000ドル(約7万8000円)だった。

 こうした政治資金パーティは米国では珍しくない。例えば2012年8月には、オバマ陣営の資金集めパーティのホストを歌手のグエン・ステファニーが務め、400人が出席した。『セックス・アンド・ザ・シティー』のサラ・ジェシカ・パーカーは6月、ニューヨークの自宅で50人を招待してオバマへの資金集めパーティを行い、200万ドル(約1億5700万円)を集めた。

 ジョージ・クルーニーは5月にもオバマのための資金集めパーティを行っており、1500万ドル(約11億7600万円)を集めた。オバマがクルーニーを「いい友達」だと呼ぶのも当然だが、どちらかと言えば「いいATM」と言ったほうが正しいだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -