連載
» 2012年05月04日 00時00分 UPDATE

部下育成の教科書(7):「抑える」そして「伸ばす」――部下を育成するポイント (1/4)

部下を育成する際、「伸ばして、育てよう」といったことをよく聞く。しかし「抑えよ」は、あまり聞いたことがない。この「抑えよ」……具体的にはどういった意味があるのだろうか。

[Business Media 誠]

部下育成の教科書:

yd_bukabook.jpg

この連載は書籍『部下育成の教科書』(ダイヤモンド社)から抜粋、再編集したものです

山田直人(やまだ・なおひと)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ研究員。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。多数の社会人向けトレーニングプログラム開発に従事。近年では、トランジション・デザイン・モデルの開発や、研修効果を高め受講者の職場実践を促進する研究及びサービス開発に携わる。

木越智彰(きこし・ともあき)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ研究員。京都大学文学部人文学科卒業。新人・若手向けを中心とした研修サービスの開発及び、中堅中小企業向け研修サービス「リクルートラーニングクラブ」のサービスを立ち上げ、外国人従業員の受け入れ・定着支援に携わる。

本杉健(もとすぎ・たけし)

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ マネージャー兼主席研究員。一橋大学社会学部卒業。専攻は組織論。自動車、電機、通信、鉄道、銀行などの業界の企業にHRMソリューションサービスを提供。現在は企業における役割転換の調査・研究に携わる。


核心となる2つの意識・行動

 新たな段階を迎え、以前の段階から特に変えるべき意識・行動が出てきます。体験や周囲の関わりを通じて、学び、身につけてほしい意識・行動です。核心となる意識・行動には、「抑える」ものと「伸ばす」ものがあります。

 「伸ばす」については言うまでもありませんが、「抑える」は聞き慣れないかもしれません。簡単に言うと、これまでの意識を卒業する、これまでやっていた言動をやめるということです。先ほど、トランジションには苦労がつきものと言いましたが、それは「伸ばす」だけでなく同時に両輪として「抑える」ことを身につける必要があるからです。

核心となる意識・行動の例

(1)スターター(Starter)へのトランジション

 抑える:必要なことは教えてくれるもの、与えられるものという「待ち」の姿勢でいる

 伸ばす:自分(部下自身)の言動が相手にどう伝わるかを意識する

(2)プレイヤー(Player)へのトランジション

 抑える:できない理由ばかりを並べて、できることは何かを探そうとしない

 伸ばす:相手の言わんとしていること(内容、意図、期待)をしっかりと聴き、把握する

(3)メインプレイヤー(Main Player)へのトランジション

 抑える:関係者やチームワークに気を配らず、自分の仕事ばかりに没頭する

 伸ばす:関係者に自ら働きかけ、協力を引き出せる関係性を築く

(4)リーディングプレイヤー(Leading Player)へのトランジション

 抑える:他のメンバーを動かすよりも、自分で直接手を動かすことで仕事をこなしてしまう

 伸ばす:課やチームの成果を最大化するために、今自分が最もやるべきことは何かを考える

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集