連載
» 2012年02月24日 08時00分 UPDATE

大往生したけりゃ医療とかかわるな(3):マスコミに登場する医者は名医――そう思っていませんか? (1/3)

「マスコミに登場する医者は名医だ」「医学博士は腕がいい」などと思っていないだろうか。そこで医療に対して、自分がどのくらい思い込んでいるのか、チェックしてみよう。

[中村仁一,Business Media 誠]

大往生したけりゃ医療とかかわるな:

yd_nakamura1.jpg

 この連載は『大往生したけりゃ医療とかかわるな』(幻冬舎)から抜粋、再編集したものです。

 数百例の「自然死」を見届けてきた現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る。ただし治療はせずに」。自分の死に時を自分で決めることを提案した画期的な書。

中村仁一氏(なかむら・じんいち)のプロフィール

1940年長野県生まれ。社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。京都大学医学部卒業。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年2月より現職。一方、「同治医学研究所」を設立、有料で「生き方相談」「健康相談」を行う。1985年10月より、京都仏教青年会(現・薄伽梵KYOTO)の協力のもとに、毎月「病院法話」を開催。医療と仏教連携の先駆けとなる。1996年4月より、市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。


外科の教授は手術がうまい

 次の設問は、私が主宰し、16年目に入った「自分の死を考える集い」(以後「集い」と略す)の参加者に、10年程前に行ったものです。15問中※いくつ○印がつくか、やってみてほしいと思います。

※編集部注:本原稿では5問を掲載しております。(1)〜(10)の設問をご覧になられる場合は、前回前々回の記事をご確認ください。

治療に関する思い込み度テスト(信頼度テストともいう)

(11)入院するなら大病院、大学病院の方が安心できる

(12)外科の教授は手術がうまい

(13)マスコミに登場する医者は名医だ

(14)医学博士は腕がいい

(15)リハビリはすればするほど効果が出る

 いくつ○がついたでしょうか。“奇人”“変人”の多い「集い」では、○印がゼロの参加者がかなりの数にのぼりました。流石(さすが)というべきでしょうか。

(11)入院するなら大病院、大学病院の方が安心できる

 今、医療過誤が表沙汰になっているのは、大学病院に多い。今まで安心と思い込んでいたのが、実態はそうでもないのが明らかになった形です。ただ露見したのが多いだけで、他の病院は安心なのかというと、そういうことでもありません。

 人間だから当然ミスはありうるという前提で、ヒヤリとした事例、ハッとした事例を現場から報告させ、それに対してどういう手立てを講じたかを公表する病院が現れました。

 そんなにヒヤリとしたり、ハッとしたりすることの多い病院はかなわないと考えるか、それを評価するか、判断するのは患者です。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集