連載
» 2012年02月14日 08時00分 UPDATE

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:モロッコの良いところを伝えるために――雑貨オンライン販売「ディアモロッコ」 (1/4)

モロッコの雑貨を日本にオンライン販売するディアモロッコ。同社の宮本薫代表は、学生時代、ふとしたきっかけからモロッコを訪問。その良さを伝えるために情報サイトを作り、運営を続けてきたことが現在につながっているということです。

[太田英基,世界一周サムライバックパッカープロジェクト]
世界一周サムライバックパッカープロジェクト

太田英基(おおた・ひでき)

ah_oota.jpg

世界一周中のバックパッカー。2月9日現在、バングラデシュ滞在中。1年半で40カ国以上の訪問を予定。若者の外向き志向の底上げのため、海外で働く日本人を訪問したり、旅の中で気付いたことや発見したことをWeb中心に情報発信しながら旅をしている(サムライバックパッカープロジェクト)。学生時代に広告サービス「タダコピ」を立ち上げた元起業家でもあり、根っからの企画屋。Twitterアカウント「@mohideki」では旅の様子をリアルタイムに発信している。

 →目指せ世界一周!「サムライバックパッカープロジェクト」とは?


 モロッコ。その国名を聞いたことがある人は多いと思います。北アフリカの西側に位置するアラブ系国家で、人口は約3200万人。イスラム教徒が多く、アラブの春の後でも王政を問題なく維持している国です。

 観光客にとって、モロッコにはとても有名なモノがいくつかあるのですが、その1つがマラケシュの市場です。延々と続く巨大な迷路のような市場(スーク)には、買い物好きな女性ならたまらないほど、かわいくておしゃれなアイテムが並んでいます。そして、モロッコといえばサハラ砂漠ツアーが人気です!(僕も参加しました)

ah_samurai1.jpg

 今回はモロッコのマラケシュ在住の宮本薫さんにお話をうかがいしました。宮本さんはモロッコを拠点に「ディアモロッコ」というオンラインショッピングサイトを運営。オリジナルアイテムの企画生産まで実施しているとのことです。

ah_samurai2.jpg ディアモロッコ

モロッコの良いところを紹介したかった

――自己紹介と、これまでの歩みについて教えてください。

宮本 略歴は次の通りです。

略歴
1975 日本で生まれる
1999 Webサイト「ディアモロッコ」オープン
2000 個人事業主として、モロッコ雑貨販売などをスタート
2001 モロッコ・マラケシュに住む
2003 モロッコで有限会社Dear Morocco S.A.R.L設立
2007 日本でディアモロッコ株式会社設立
2011 モロッコのバラ色の街、マラケシュへ』を出版。現在、家族はモロッコ人の夫、5歳・2歳の子ども。

 ディアモロッコは、もともとモロッコの旅行情報や文化を紹介するための総合情報サイトでした。私がモロッコに出会った当時、モロッコの事をネットで検索すると「インドと同じくらいかそれ以上にガラが悪くて、だまされる国」というネガティブな情報ばかりが出てきて非常に残念に思ったことがきっかけです。

 今考えてみると、まだモロッコに出会ったばかりで、知識も浅かったのですが、それでも私自身が知ったポジティブな、モロッコの良いところを紹介したいと思いました。

 サイトをスタートした当時は、オンラインショッピングが日本でどんどん伸びている時期で、モロッコで見つけたものの販売を開始。モロッコ雑貨を扱う日本人が珍しかったために、近い立場で応援して下さるリピーターのお客さんが少しずつ増え始めました。

 2000年にオールアバウトジャパンのモロッコ担当に採用され、マラケシュに引っ越ししました。マラケシュで暮らし始めたことでお客さんが欲しいと思われるものをタイミング良くお届けできるようになり、軌道に乗り始めました。

 また、オールアバウトの仕事を通じて、レストランの内装買付け、雑誌の取材コーディネート、製品調査など、さまざまな種類のお仕事のオファーをいただき、暮らし始めたころに色々な仕事をしたことが良い経験になりました。

 2003年にモロッコで会社設立した後は、卸売りもスタート。卸売りで一般的に使われる用語すら分からないなど、毎日が新しいことの連続でしたが、当時まだ20代だったということもあり、お客さんを含む周りの方々に色々と教えていただきながら、徐々に取引していただける先が増えました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 SAMURAI BACKPACKER PROJECT Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集