速報
» 2012年02月08日 07時00分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:ギリシャ問題に振り回されつつも底堅い堅調な展開 (1/2)

[清水洋介,Business Media 誠]

<日経平均>8917.52▼11.68

<TOPIX>772.77△2.92

<NYダウ>12878.20△33.07

<NASDAQ>2904.08△2.09

<NY為替>76.73△0.19

ギリシャ問題に振り回されつつも景況感の好転から底堅い堅調な展開

 ギリシャでストが行われたことなどから手掛かりに乏しい中で欧州金融不安が強まり、手仕舞い売りが先行、軟調な始まりとなりました。ただ、手仕舞い売り一巡後は今度はギリシャの債務削減問題が合意に達するとの話題もあり、買戻しも入って戻り歩調となりました。ギリシャのユーロ離脱のうわさなどもあって最後まで買い切れない感じでしたが、企業決算なども比較的好調であり、景況感も決して悪いものではないことから底堅い堅調な展開となりました。決算動向をにらみながら売り難さも出ていると思われますが、目先的な過熱感もあり、欧州問題を気にしながら利益を確保する動きが先んじているようです。

 株式市場としてのセンチメントは決して悪いものではなく、米国景気の大きな落ち込みはないとの見方も強まっているようです。欧州の問題もある程度「飽き」が来ており、欧州発の金融市場などの混乱は懸念されるものの、一時的な混乱以外は織り込まれつつあるのではないかと思います。場合によってはユーロ相場も、米国など世界の株式市場、金融市場も、ギリシャなどのユーロ離脱、あるいはユーロ崩壊までもある程度は織り込まれているという見方も出来るのではないかと思います。欧州域内だけではなく、世界的にギリシャなどの情勢に一喜一憂する、振り回されるのにも嫌気がさしているのではないかと思います。

 個別には特殊要因で大幅減益となったものの一株利益や売上高が予想を上回ったコカ・コーラは堅調、好調な業績から四半期配当を従来の2倍にすると発表したマスター・カードも堅調となり、連れてアメリカン・エキスプレスも堅調となりましたが、UBSが2012年1−3月期の業績に慎重な見通しを示し、軟調となったことやギリシャ問題の混乱を嫌気して銀行株は安く、シティグループ、バンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェースなどが軒並み軟調となりました。景気敏感株やハイテク銘柄は欧州金融不安からの手仕舞い売りと好調な業績を見直す買いが交錯となってまちまち、キャタピラーやGE(ゼネラル・エレクトリック)、アップルやIBMは堅調ですが、アルコアやフォード・モーター、インテルやグーグルなどは軟調となりました。金や原油の先物は高く、エクソン・モービルやシェブロン、パブリック・ゴールドなどは高いのですがニューモント・マイニングは軟調となりました。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は手掛かりに乏しい中で冴えない展開となりました。寄付きから売り先行となったのですが、大きく下押すこともなく、ほとんど変化のない一日でした。外国人も単純な持高調整だけという感じで売り買いの偏りに乏しく、為替も小動きとあっては仕掛けるにも仕掛けられず、目先の値動きを追うような銘柄は賑わっているものの盛り上がりもなく、軟調な展開となりました。最後は買戻しもあって下げ幅縮小となりましたが、方向感がみられるということもありませんでした。

 米国株が堅調、為替も円安に振れたことから買い先行となりそうです。ただ、まだ円高水準ということには変わりなく、決定的な買い材料がみられるということでもないので、上値も限られそうです。芳しくない決算に反応して売られすぎた銘柄などは買戻しも入るのでしょうが、ハイテク銘柄の一角などは既に買い戻し一巡感が出ており、ここから改めて買い上がるというには材料不足という感は否めないと思われます。それでも、円安に反応しての輸出銘柄の水準訂正のような格好で全体に堅調となってくるのではないかと思います。オプションSQ(特別清算指数)算出に絡んでヘッジの先物買いなどがみられると一気に先物主導で9000円乗せとなってくるのだと思います。

 引き続き9000円を試す動きになってくるのでしょうが、シカゴ市場(CME)の日経平均先物や大阪での夜間取引でも9000円に突っかけるような場面はみられず、引き続き上値も重いのではないかと思います。為替が円安に振れたといっても決定的な材料で円高が止まったということでもなく、目先のあや戻しに過ぎないとみられると、株式市場への影響は限定的となるのでしょう。8800円〜900円を水準を抜けるというよりはまだこの節目での底堅さを確認するという段階ではないかと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集