速報
» 2012年01月27日 15時30分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:週末の手仕舞いの売り買いが交錯、冴えない展開 (1/2)

[清水洋介,Business Media 誠]

市況概況

日経平均 8841.22円 ▼8.25円
売買高 19億3788万株
売買代金 1兆1213億7900万円
値上がり銘柄 639銘柄
値下がり銘柄 881銘柄
騰落レシオ 124.05% △2.75%

日経平均

週末の手仕舞いの売り買いが交錯、為替に振らされ方向感に乏しく冴えない展開

 米国市場は軟調、為替も円高気味となっていたのですが、寄り付きはほぼ横ばいの始まりとなり、小動きの始まりとなりました。週末の手仕舞い売りが出る一方で、外国人売買動向(市場筋推計、外資系9社ベース)は株数は売り越し、金額は買い腰と先週、先々週と週末に先物の持ち高調整とみられる買いが入って指数を押し上げたときと同じパターンということもあり、本日もそうした動きが出るのではないかとの見方から底堅い展開となりました。ただ、積極的に買い上がるような動きもなく、売買高が膨らみ売り買い交錯となったものの方向感に乏しい展開でした。前場の引け際に先物主導で指数を押し上げるような場面もありましたが、まだ上値も重い展開でした。

 昼の時間帯にも先物が上値を試すような動きもみられましたが、後場に入ると今度は為替に仕掛け的な動きがみられ、対米ドルでもユーロでも大きく円高に振れ一転して先物主導で下値を試す動きとなりました。軟調となる場面でも日経平均の8800円を意識するところでは底堅く、再度膠着となりました。先物主導とはいえ、値持ちの良い銘柄も多く、最後まで売り切れないという感じでした。為替もいったん円高となったものの若干戻す場面もあり、総じてみると底堅い展開となり、結局は前日の終値とほぼ同じ水準での引けとなりました。週末の手仕舞いの売り買い、持ち高調整の売り買いに為替に絡む売り買いも入り売買高は膨らみましたが、右往左往しただけということもあり、いまひとつ盛り上がりに欠ける展開となりました。

 小型株も見切売りや手仕舞い売りに押されるものが多く、業種別に云々ということでもなく総じて軟調となりました。東証マザーズ指数は大幅安、ジャスダックTOP20は軟調、二部株指数は横ばいで日経ジャスダック平均は堅調となりました。先物はまとまった売り買いで指数を動かす場面もありましたが、継続して売り買いどちらかに偏るということもなく、結果的には8800円台固めというように、方向感に乏しい展開となりました。

 為替に振らされる展開となりました。円高から円安方向に振れていたものが海外市場で円安一服となり、日本市場で円高に振れるということで輸出株を中心に振らされることになりました。決算動向が発表されるなかで為替の影響が大きく、為替次第で業績が変わっているという面もあり、為替に敏感に反応しているのでしょう。日経平均は8800円台固めとなっていますが、これ以上円高が進まないという確信がもてると節目とみられる8800円〜900円水準を抜けてくるのでしょうし、さらに円高になるという懸念が強まると再度8500円〜600円水準の下値を試す動きとなってくるのだと思います。

テクニカル分析

日経平均

 先物の仕掛け的な買いで上値を試し、為替の仕掛け的な売りで下値を試すというような感じで、結局は方向感に乏しく「十字足」となりました。RSIもストキャスティックスも高値圏にあり高値でのもみ合いのなかでの十字足ということでいったん下に振れる可能性もありそうです。週明けに堅調な始まりとなれば上値を試すことになるのでしょうが、軟調となるといったん雲や基準線のサポートを確認するような展開になりそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集