速報
» 2012年01月26日 07時00分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:好調な決算や金融緩和の継続を好感して堅調な展開 (1/2)

[清水洋介,Business Media 誠]

<日経平均>8883.69△98.36

<TOPIX>767.40△10.00

<NYダウ>12758.85△83.10

<NASDAQ>2818.31△31.67

<NY為替>77.76△0.10

ギリシャ問題は依然として燻るものの、好調な決算や金融緩和の継続を好感して堅調な展開

 ギリシャ問題は引き続き燻っており、欧州銀行への懸念も払拭されず前日の引け後の好決算などを打ち消すような冴えない始まりとなりました。ただ、FOMC(公開市場委員会)での金融緩和政策の長期化が表明されたことで米国の成長率の下方修正などもみられたのですが景気鈍化懸念が薄れて堅調となりました。ハイテク銘柄の好調な決算発表を受けて目標株価の引き上げなども相次いで買われ、ナスダック指数を牽引、大幅高となるなど基調は強含みとなっています。足元の景況感は悪くないのですが、FRB(連邦準備理事会)のコメントなどみているとQE3(量的緩和)も期待され、株式市場には買い安心感も出たものと思います。

 足ともの景況感や経済指標は決して悪いものではなく、企業業績も好調なものも多くみられるのですが、まだまだFRBは慎重な見方となっており、金融緩和の長期化が素直に好感される相場展開となっています。それでも、ドルが大きく売られるということでもないところをみると、QE3は期待されるものの、金融緩和が継続しているうちにQE3を待たずに景気が拡大すると市場はみているのかもしれません。それでもやはり「困ったときはFRBが何とかしてくれる」ということが示され、買い安心感につながっているのだと思います。

 個別には前日の引け後に好調な決算を発表、目標株価の引き上げが相次いだことからアップルは大幅高となり、ナスダック指数を引き上げましたが、アップルの「一人勝ち」というような印象もあり、インテルは小幅高、マイクロソフトは堅調となったもののハイテク銘柄には手仕舞い売りに押されて軟調となるものもみられました。金融緩和継続で景気回復が期待されるということでキャタピラーやGE(ゼネラル・エレクトリック)、フォード・モーターやアルコアなど景気敏感株は軒並み堅調、金先物価格が上昇したことからパブリック・ゴールドやニューモント・マイニングも大幅高となりました。ホーム・デポやウォルマートなど消費関連も堅調、プロクター・アンド・ギャンブルなどディフェンシブ銘柄もしっかりとしていました。欧州金融不安がはっきりとしないことや政局不安もあって金融株はまちまち、バンク・オブ・アメリカやシティグループは堅調となったのですが、JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスは軟調となりました。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は米国株のもたつきを尻目に大幅高となりました。米国市場が終わったあとの決算が好調となったことや為替が円安に振れたことで買われ大幅高となりました。ハイテク銘柄の一角などは素直に円安を好感して買われ、値動きの良さから海運株も買われました。復興関連銘柄は「お役ごめん」とばかりに手仕舞い売りに押され、先物は散発的にまとまった買いが入って上値を試すという状況でした。外国人も株数は売り越し、金額は買い越しと先週のような持ち高調整の買いもみられ、指数を押し上げる要因となったものと思います。

 米国市場が引き続き堅調となったことやユーロが堅調、米ドルもしっかりとした動きになっていることから日本市場も買い先行となりそうです。昨日の相場でもまだ買い戻しや買い直しの動きが続いているともみられ、総じて堅調な展開が期待できそうです。物色対象も復興需要関連から値動きの良さでは海運株などが買われ、スマートフォン(高機能携帯電話)関連銘柄などもしっかりとしており、売られ過ぎた銘柄の修正も出ているものと思います。本日も昨日同様値動きの良い銘柄、海運株やスマートフォン関連銘柄を物色する動きと、為替の落ち着きから売られすぎた輸出株などの買戻しも期待されますが、先物主導で買い戻しが進んだ後、腰の据わった買いが入らないと上値も限られそうです。

 上値の節目である8800円〜900円水準の節目に達し、この水準を抜けてくるのかどうかが注目されます。米国市場が堅調なことや為替が落ち着いている割には、米アップルの好業績で買われた面は既に織り込まれているということでシカゴ市場(CME)の日経平均先物は上値も重く、引き続き8800円〜900円水準での動き、昨日のような値幅での動きが続くのではないかと思います。円高が止まったという確信も持てないので、9000円に突っかける場面、9000円を上回るような場面があるとすれば、手仕舞い売りや見切売りも嵩むと思われます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集