コラム
» 2012年01月24日 08時00分 UPDATE

大失敗するトップの7つの習慣 (1/2)

経済のグローバル化などによる競争激化で、大企業であっても倒産することが珍しくない昨今。筆者が企業の大失敗の要因を調べたところ、「大失敗はトップが“名経営者”だからこそ起こる」という結論に至ったそうです。

[橋口寛,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:橋口寛

橋口寛事務所代表。小説家志望の学生時代を経て、ダイムラークライスラー日本法人での販売店経営支援、アクセンチュア戦略グループでの戦略コンサルティング業務に従事。その後、橋口寛事務所を設立し独立し、各種パートナーシップを組んだ企業向けのコンサルティングや教育研修を行う。


ah_nau1.jpg シドニー・フィンケルシュタイン著『名経営者が、なぜ失敗するのか?』

 企業の大失敗の要因を分析していた我々がたどり着いた結論。それは、驚くべきものでした。

 「大失敗は、トップが“名経営者”だからこそ起こる」

 それが、我々チームがたどり着いた結論だったのです。補足するならば、「トップが自らを『名経営者である』と認識した時、それが大失敗の始まりとなる」のです。

 自らを“名経営者”であると認識する。この危険な自己認識のことを、フィンケルシュタイン教授は「優秀さの幻想」と名づけました。大失敗を起こすトップに共通する習慣を、以下に「大失敗する人の7つの習慣」として紹介します。

 みなさんの組織のトップにこのような傾向がないかどうか、みなさん自身にこのような傾向がないかどうか、ぜひチェックしてみてください。

大失敗する人の7つの習慣

1.自分や自社が環境を支配していると考えて、素直に環境に反応しようとしない

 CEOは、自分の管理能力が会社の浮沈を決めると自負しています。もちろん、そのこと自体は決して悪いことではありません。

 しかし、その認識があまりにも強まっていくと、やがて自分自身で事業環境を作り出せるかのように錯覚をし始めます。結果、外部環境の変化に気付いても、「俺ならこの環境自体を何とかできる」と思い込み、変化への対応が遅れてしまうのです。

2.自社と自分を完全に同一視してしまい、公私の利害を混同してしまう

 組織のトップは、よほど気を付けていないと、組織と自己を同一視し始めてしまいます。

 トップに就任したてのころは、誰だって自制が効いているものです。しかし、その地位に、3年、5年、7年……といるうちに、やがて「これだけの成果をあげているのだから、組織のリソースを自らのために使用して何が悪い」と思い始めます。

 トップの公私混同の結果、組織全体のモチベーションがそがれ、業績に悪影響を及ぼしていった組織は、一般に知られているよりも多く存在します。

3.全知全能を気取る。そして困難な課題に対して迅速かつ決然と対応し、周囲を驚嘆させる

 「矢継ぎ早に決断を下していく有能な自分」の姿に酔う傾向のある経営者は、大失敗を起こしやすいことは間違いありません。絶え間なくイノベーションの続く世の中で、いかに有能な経営者といえども、たった1人ですべてを掌握することなどできるはずもありません。なのに、こうした経営者は、部下の前で「知らない」とは決して言えないのです。

 世の中にはグレーが多く存在しているというのに、常に瞬時にシロかクロかを判断してしまう。あいまいさの過度な排除は、極めて危険な兆候です。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集