連載
» 2011年11月22日 08時05分 UPDATE

ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと (3/5)

[窪田順生,Business Media 誠]

「あら、知らないの? そういうのここではダメなのよ」

 「これまで韓国大使館前というのは、一度に5人ずつしか立てなかったり、プラカードを出しちゃいけないとか治外法権化していました。その慣例を打ち破った画期的な抗議活動で今回で3回目になります」

 おお、なんか分からないけどスゲー。ということは、これだけの人数がシュプレヒコールとかするんですね。中国大使館前抗議のみなさんも気合い入ってたけど、5人ぽっちだったからどうしても寂しいというか……。

 参加者も続々と集まってきて、さあいよいよ始まるのかとビデオカメラを構えたが5分が過ぎ、10分が過ぎ。待てど暮らせど、シュプレヒコールは聞こえない。

 たまりかねて、近くにいたプラカードを掲げているおばさまに声をかけた。

 「あの……竹島から出ていけ的なかけ声というか、シュプレヒコールは……」

 「あら、知らないの? そういうのここではダメなのよ。一言もしゃべっちゃいけな

いのよ」

 ハ? しゃべっちゃいけない? どういうこと?

 「おまわりさんたちから言われてるのよ。あなた記者さんでしょ、ぜひちゃんと書いてよ。ここは日本なのに言論の自由がないのよ」

 プリプリと怒るおばさま。言論の自由はさておき、しゃべってはいけないとは穏やかではない。いったいどういうことなのか。再び、主催者の西村氏のところへ行き、事情を聞くことに。

yd_kubota3.jpg ビジュアルは騒がしいが、みなさんは一言も言葉を発しない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -