連載
» 2011年11月22日 08時05分 UPDATE

ニッポンの紛争地帯をゆく:知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと (1/5)

世界中で、今、抗議デモがアツい。“怒りの現場”に潜入して、参加者目線でリポートしていく本連載。2回目は「韓国大使館」だ。フジテレビや花王の「反韓流デモ」が注目を集めているが、本家本元への風当たりはどうなのか、現地へ行ってみた。

[窪田順生,Business Media 誠]

ニッポンの紛争地帯をゆく:

 東電、九電、フジテレビ……Twitterやブログで呼びかける大規模デモが増えている。「革命」が起きたエジプトやロンドン暴動でも同じSNSが果たした役割は大きい。

 「国際平和に関する調査2011」によると、「日本は平和ではない」と答えた人は半数以上の54.4%。「平和である」という答えた人々は昨年より16.7ポイントマイナスとなった。東日本大震災や原発事故の影響は否めないが、多くの日本人の「平和ボケ」がゆらぎ、いよいよ国内でも「暴動」や「テロ」が起こるのではと感じていることの証だろう。

 そこで現在、日本各地の「暴動の前兆」ともとれるデモ、抗議に足を運び、背景や当事者らの声をもとに今、ナニが日本社会の問題点となっているのかをリポートしていく。


 前回、中国大使館へ抗議するには、警視庁の“暗黙ルール”があることを紹介した。大使館前に立っていいのは5人までで、希望者は200メートルほど離れた場所から警官の誘導でテクテク歩いていかなければいけない。まるで“人気アトラクションのようなシステムだ”とお伝えしたところ、知人からこんなタレコミがあった。

 「この前、韓国大使館前で抗議している人たち見たけど20人ぐらいいたぞ。警官もすごいたくさんいただけど、別に注意もされてなかったけどなあ」

 マジ? いや、だって警視庁さんは「大使館周辺の治安維持と道路の安全運行のため」だとかもっともらしいこと言ってたぞ。

 もし事実なら、中国はガチガチで韓国は無法状態なんて待遇に差をつけちゃうと、外交的にはマズいんじゃないの。ほら、両方ともそういうのうるさそうだし。いや、あるいはフジテレビとかの反韓流デモとか最近多いから、勢いに押し切られた形なのかも。

 あれやこれやと考えていても仕方がないので、さっそく韓国大使館へ向かってみた。

yd_kubota1.jpg 近代的なビルの韓国大使館。韓国大使館前で抗議している人たちはたくさんいるらしいけど、本当?
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ