連載
» 2011年10月14日 08時00分 UPDATE

吉田典史の時事日想:“マイ・ストーリー”の達人になろう (1/3)

自己紹介として、ブログや本などで書かれる“マイ・ストーリー”。筆者はマイ・ストーリーで嘘をつくことは望ましくないが、もし自分をよく見せるために書くとすればこうすべきだというアドバイスを送る。

[吉田典史,Business Media 誠]

著者プロフィール:吉田典史(よしだ・のりふみ)

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2005年よりフリー。主に、経営、経済分野で取材・執筆・編集を続ける。雑誌では『人事マネジメント』(ビジネスパブリッシング社)や『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)、インターネットではNBオンライン(日経BP社)やダイヤモンドオンライン(ダイヤモンド社)で執筆中。このほか日本マンパワーや専門学校で文章指導の講師を務める。

著書に『非正社員から正社員になる!』(光文社)、『年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術』(同文舘出版)、『あの日、「負け組社員」になった…他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(ダイヤモンド社)、『いますぐ「さすが」と言いなさい!』(ビジネス社)など。ブログ「吉田典史の編集部」、Twitterアカウント:@katigumi


 マイ・ストーリー。

 私がこの言葉を知ったのは、2008年の5月。その時、中堅企業の40代前半の女性経営者の本を書いていた。以前の時事日想でも紹介したように、いわゆるゴーストライターとして関わった

 編集者は社員数300人ほどの出版社の副編集長で、当時40代半ばの男性。彼はこんなことを言った。

 「彼女(中堅企業の女性経営者)は本を書く力はないが、一応、マイ・ストーリーを持っている。彼女のブログや過去に出した本を読むと、それが分かる。彼女の代わりに書く前に、それらに目を通してほしい」

 マイ・ストーリーとは何かと思ったが、それらを読むうちに何となく分かった。要は自分が「こんな苦労をしつつも、それを乗り越え、最後は成功した」というサクセス・ストーリーのことなのだ。

 だが、嘘のオンパレードに見えるのだ。例えば、会社の話になると、自画自賛になっていた。確かに彼女は「経営をしていること」は事実であり、そこに嘘はない。しかし、そこで起きている本質的な問題(この経営者が社員たちと対立が続くこと)を覆い隠し、それをあたかも上手く行っているかのように書くことは、事実そのものを作り上げていると言える。この意味において、私には嘘に見えた。私には、こんな公式が浮かんできた。

 「マイ・ストーリー=独りよがりなサクセス・ストーリー=嘘だらけ=詐欺まがい」

 ビジネス書の大半は、ゴーストライターが書いている。恐らく9割ほどはゴーストライターが関わっているだろう。私はビジネス書でよく見られる、この手のマイ・ストーリーには疑問を投げ掛けたい。自分を売り込む工夫は分かるし、前向きに生きていきたい考えも理解できなくもない。だが、嘘はさすがに問題ではないか。

 また、嘘をつくことをそそのかす人もいる。例えば、一部のコンサルタントや、コピーライターなどだ。彼らは「講演やセミナー、自身の本(これもゴーストライターが書いている可能性が高い)、ブログやFacebookにマイ・ストーリーを書くことでアピールしよう」と呼びかけている。

 それに感化されたからか、Facebookのプロフィールを見ると、時折、マイ・ストーリーを書いている人がいる。例えば、「●歳の時に離婚し、こんな苦労をしてきた。いまは●に目覚め、こんなことができるようになった」というものだ。特に30〜40代のコンサルタントやセラピスト、ベンチャー企業の経営者などに目立つ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集