コラム
» 2011年10月07日 17時15分 UPDATE

藤田正美の時事日想:今の日本に必要なことは何か? スティーブ・ジョブズの死を考える (2/2)

[藤田正美,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

今の日本に必要なこと

 インターネットが発達し、無線による接続技術が発達するのに伴い、ジョブズ氏の目はネットワークにつながる端末に向けられていった。それが人々のライフスタイルを豊かにすると信じていたからである。iPodでWi-FiにつながるiPod touchを出し、iPhoneを世に問うた。

 1998年のインタビューのとき、PCの将来はどうなるのだろうと質問してみた。ジョブズ氏はよどみなく答えた。「今のPCという形ではないかもしれないが、ネットワークに接続できる非常にパーソナルな端末になるかもしれないね」

 その言葉を思い出すと、ネットワークにぶら下がるさまざまな端末のイメージがすでにあったのだろうと思う。13年も昔のことである。今を生きるわれわれにとっては、もはや珍しくない端末の数々を、そのときに想像するのはかなり難しい。天才かどうかはともかく時代の一歩先を考える力に恵まれていたことは間違いない。

 ジョブズ氏がソニーのことを尊敬し、そんな企業をつくりたいと言っていたことは有名な話だ。そしてアップルはソニーを追い越し、世界を席巻したマイクロソフトを追い越し、「瞬間風速」とはいえ世界最大の会社に成長した。

yd_fujita1.jpg 1998年に発表されたiMac

 一方のソニーと言えば、あのウォークマンで世界を席巻し、多くの人々のライフスタイルを変えたものの、最近は「凋落の道」をたどっていると言っても言い過ぎではない。なぜiPodのような音楽プレーヤーをソニーが最初に開発することができなかったのか。そこに日本企業のある意味での限界を見るような気がする。ソニーに触発されてアップルを世界一の企業にしたジョブズ氏は、残念な気持ちで見ているかもしれない。

 ジョブズ氏が実践したのは「奇跡」でもあったが、同時にわれわれにとって「希望」でもある。なぜなら、どのような産業あるいは企業であれ、自分たちが本当に欲しい製品やサービスを妥協せずに考えれば、それが消費者に受け入れられるということを示してくれたからである。往々にして組織は、多数決や権威で物事を決めがちだが、失敗を恐れず自分の信念に忠実になることが時には大きなブレークスルーを生み出すことがある。その挑戦の精神こそ、今の日本に必要なことだ。

 スティーブ・ジョブズ氏という偉大なイノベーターを失って、改めてそのことに気づく。次のアップルはできれば、日本から生まれてもらいたいものだと思う。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集