連載
» 2011年09月29日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:なでしこJAPANがもっと強くなるように、4つの施策を考えてみた (1/3)

女子ワールドカップで劇的な優勝を果たしたなでしこジャパン。テレビ番組などでの露出が増えたり、国民栄誉賞が与えられたりするなど、人気がフィーバー状態となっているが、この盛り上がりを一過性のものにしないようにするためにはどうすればいいだろうか。

[郷好文,Business Media 誠]

著者プロフィール:郷 好文

マーケティング・リサーチ、新規事業の開発、海外駐在を経て、1999年〜2008年までコンサルティングファームにてマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略など多数のプロジェクトに参画。2009年9月、株式会社ことばを設立。12月、異能のコンサルティング集団アンサー・コンサルティングLLPの設立とともに参画。コンサルタント・エッセイストの仕事に加えて、クリエイター支援・創作品販売の「utte(うって)」事業、ギャラリー&スペース「アートマルシェ神田」の運営に携わる。著書に『顧客視点の成長シナリオ』(ファーストプレス)など、印刷業界誌『プリバリ[印]』で「マーケティング価値校」を連載中。中小企業診断士。ブログ「cotoba


 気が早いけれど、今年のスポーツシーンのベストは何だろう。

 ソフトバンクホークスのリーグ優勝はほぼ決まり。世界陸上ハンマー投げの室伏広治さんは実に堂々たる金メダルだった。11年連続の200本安打が絶望的なイチローも違う意味で感慨深い。でも、何といっても私の記憶に残るのは、あの神がかりのアウトサイドボレーである。

 サッカー女子ワールドカップ決勝戦、米国VS.なでしこJAPAN。1−1で突入した延長前半に2−1と突き放され、「これで終わりか」と誰もが思った。ところが、不思議なほど絶望感が漂ってこない。これは何か起きそうだ。でも、日本は早朝だから寝不足でモウロウ。何が起きるのか考える余裕はなかった。

 ところが、澤穂希にはその“何か”のビジョンがあった。延長後半12分に得たコーナーキック。キッカーの宮間あやが手を上げる。アイコンタクト。澤がファーサイドからニアへ猛然と走り込む。宮間がピシッと蹴ったボールはニアへ。上背ではドイツにもスウェーデンにも米国にもかなわない。コーナーキックを生かすにはヘッドはだめ、ニアから斬り込むしかない。かなり練習したパターンだろう。

 おおおぉぉぉぉっ! 入った! 右足のアウトサイド・ダイレクトボレー、まるでボールを足で斬るように澤は決めた。“神の足”のゴォォォォォール! の瞬間、日本女子サッカーの新しい道が開いた。

 振り返れば2005年、川淵三郎キャプテン(当時)が立てた目標「なでしこvision」はとてつもなかった。「2015年、FIFA女子ワールドカップで優勝する」。

 4年前倒しであっさり達成したこの目標は“ビジョン2”。ほかにも2つビジョンがある。

 1つは「世界基準の“個”を育成する(指導者の育成)」。もう1つは、サッカーを日本女子のメジャースポーツにして「2015年、女性のプレーヤーを30万人にする」。残念だが、この数値達成はまだ遠い。

 2010年度の選手登録数は「2万5278人」で目標の1割以下。これではチヤホヤされた後、なでしこはブームで終わってしまう。

ah_go1.jpg なでしこvision(出典:日本サッカー協会)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集