連載
» 2011年07月08日 08時00分 UPDATE

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(4):脱原発、あなたは賛成しますか? (1/4)

ある調査によると、約7割が「原子力発電を段階的に減らして将来はやめる」ことに賛成した。多くの人が「脱原発」と考えているようだが、電力不足になることでさまざまな問題が起きていることも忘れてはいけない。原口一博氏と武田邦彦氏による対談4回目。

[土肥義則,Business Media 誠]

 2011年4月12日、原子力安全・保安院は福島第1原発事故の国際原子力事象評価尺度(INES)による評価を、最悪の「深刻な事故」であるレベル7に引き上げた。起こしてはいけない事故を、起こしてしまった日本。この事実は福島から離れたところの人たち、東京、名古屋、大阪などの都市部も含めて目を向けていかなければいけない。

 朝日新聞社が6月に行った世論調査によると(関連記事)、74%が「原子力発電を段階的に減らして将来はやめる」ことに賛成と答えた。また原子力発電の利用に賛成という人(全体の37%)でも、そのうち6割ほどが「段階的に減らして将来はやめる」ことに賛成とした。

 この結果をみると、多くの日本人が「脱原発」に賛成しているようだが、一気に原発を止めるべきなのだろうか。節電をすることで、さまざまな問題が起きていることも忘れてはいけない。

エネルギーというのは“権力”そのもの

yd_takeda10.jpg 武田邦彦教授

原口:エネルギーというのは、実は“権力”そのものです。その権力をもっている東京電力は、計画停電を行いました。僕は計画停電に大反対しました。総務省に計画停電を行った根拠を聞いたところ、返事がないんですよ。

武田:返事がないのは、思いつきでやったからじゃないでしょうか。計画停電をしたせいで、産業はかなり痛んでしまいました。「工場の機械が動かせない」と困っている中小企業の経営者はたくさんいましたから。

原口:中小企業だけではありません、交通も相当痛みました。また命の危険にさらされた人たちは、かなり不安を感じたと思います。

武田:病院で入院している人は、特にそうでしたでしょうね。また寝たきりになっている人も、不安に感じたことと思います。

原口:これまでエネルギーというのは「大規模・独占・集中・排除」が基本でした。つまり権力の基本でもあるんです。それを「小規模・分散・自立・共同」にして、地球環境に責任をもつことが大切です。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集