ニュース
» 2010年11月05日 16時51分 UPDATE

「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭 (1/2)

10月17日、瀬戸内国際芸術祭2010が開催された香川県・豊島に「豊島美術館」が開館した。アーティスト内藤礼氏と建築家西沢立衛氏によるもので、豊島の唐櫃岡(からとおか)地区、瀬戸内海を近くに望む小高い丘の中腹に建設された。

[木熊太郎,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 10月17日、瀬戸内国際芸術祭2010が開催された香川県の豊島(てしま)に「豊島美術館」が開館した。アーティスト内藤礼氏と建築家西沢立衛氏によるもので、豊島の唐櫃岡(からとおか)地区、瀬戸内海を近くに望む小高い丘の中腹に建設された。

エキサイトイズム 豊島美術館 写真:森川昇

 美術館は水滴のような形の自由曲線による建築で、柱のない40×60メートルの広大なコンクリートシェル構造のワンルーム。高さも最大4.5メートルほどしかなく、一歩立ち入ると、水平方向の広がりを劇的に感じる。

エキサイトイズム 内藤礼「母型」2010年 写真:森川昇

 豊島美術館で鑑賞できる作品は1点のみ。建築と一体化した「母型」という作品だ。美術館の床に地下水が水滴や水たまりとなって、湧き出る泉のようにランダムに存在し、建物に空いた2カ所の大きな穴から風が吹き抜けると、水滴が床をコロコロと踊り、水たまりは形を変化させる。まるで水が自らの意思をもって動いているかのように見える。この空間でしか体験することができない、美しい現象なのだ。

エキサイトイズム 「母型」内藤礼 2010年 地下水、コンクリート、石、リボン、糸、ビーズ 写真:森川昇

 光り輝く水は変化をし続けている。開口部からは光が差し込み、周囲の美しい自然の気配を感じる。通り抜ける風で揺れるリボンの動きをじっと見入る。

エキサイトイズム 内藤礼「母型」2010年 写真:森川昇
       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集