ニュース
» 2010年11月04日 14時42分 UPDATE

冬のボーナスは増えるらしいけど……その実感は? (1/2)

今年の冬のボーナスはいくらくらい支給されるのだろうか。主要シンクタンクがまとめた調査によると、2年ぶりに増加することが分かった。

[土肥義則,Business Media 誠]

 「今年の冬のボーナスはいくらくらいもらえるのだろうか?」と、そろそろ“心配”しているビジネスパーソンもいるのでは。円高・株安といった暗いニュースが続いているが、その一方で「リーマンショックのときに比べると、企業業績は随分良くなった」と感じている人も多いのではないだろうか。

 主要シンクタンクがまとめた調査によると、2010年冬のボーナスは「2年ぶりに、わずかに増加する」と予測していることが分かった。対前年比の伸び率で強気の予想を示したのは三菱UFJリサーチ&コンサルティング。民間企業(パートタイムを含む)1人当たりの平均支給額は39万2800円で、前年比3.3%の増加とした。このほか第一生命経済研究所が同1.5%増の38万5962円、みずほ総合研究所が同1.3%増の38万5151円としている。

yd_bonus.jpg (出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

 冬のボーナス支給額が増加する理由として、第一生命経済研究所は3つの点を挙げている。「1つめは経常利益の増加が続いていること。2つめは多くの企業がボーナス支給額を通年単位で決定しており、夏と冬は似た結果になりやすいこと。3つめはベースとなる所定内給与※が持ち直していること」としている。

※所定内給与:毎月の給与のうち、残業手当や休日勤務手当など所定外の手当を除いた給与のこと。

 また三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは「人件費の削減による利益の押し上げ効果が一巡したこともあって、伸び率は縮小したものの、水準はリーマンショックが発生した2008年7〜9月期を上回るまで回復した」と分析している。

yd_bonus2.jpg (出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集