ニュース
» 2010年10月07日 08時00分 UPDATE

最高醸造責任者に聞く、ギネスビールの“正しい”飲み方 (3/3)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

ギネスビールは立って飲む

yd_guiness5.jpg 男らしく堂々とギネスビールを飲むマーレイ氏

――どのようにすれば、おいしく飲むことができますか?

マーレイ:まず目で飲んでください。ギネスビールが多くの人から愛される理由は、この美しさにあるのではないでしょうか。

 重要なことですが、ギネスビールを飲むときには男らしく立つことです(笑)。きちんと地に足を付けることが大切で、姿勢が悪いのはダメですね。そしてお腹が出ている人は少し引っ込めて……わたしも少し引っ込めますが(笑)。

 視線は地平線を見つめるようにしてくださいね。グラスをのぞき込むようにする姿は、とてもマナーが悪いですから。そしてグラスを上手に傾けるために、肘を上げてください。

 もう一度言います。男らしく足を広げて堂々と立つ。お腹は引っ込めて、目線は地平線。そしてグラスを持つ肘を上げて、泡を通して飲んでください。そして2口、3口と飲んだときにグラスを見てください。そこには飲んだ回数分の泡の輪ができていることでしょう。あとはゆっくりと飲むことですね。

ファーガル・マーレイ氏のプロフィール

ロンドンにある「Institute of Brewing」で醸造の学位を取得。その後、セント・ジェームズ・ゲートのマスターブリューワーに就き、そこでアーサー・ギネスのビジョンを守りながら、ギネスづくりの伝統を学ぶ。現在、ギネスの最高醸造責任者としてギネスビールの普及に務めている。またギネスビールをおいしく注ぐ“パーフェクト・パイント”でもあり、その技術を数十カ国のバーテンダーたちに伝授している。


前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集