ニュース
» 2010年07月26日 13時38分 UPDATE

デジタル時代に知ってほしい、シートベルトの大切さ (1/2)

おなじみのシートベルト。その実用化と普及に大きな役割を果たした自動車メーカーがボルボである。1960年代以降、シートベルトの装着により救われた命は100万人以上といわれている。

[日岐まほろ,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 クルマにとって「安全」とは、極めて重要な基本性能である。ABSやエアバッグ、ESC(車両姿勢制御装置)を始め、近年ではレーダーやデジタルカメラを利用したオートブレーキシステムなど、新しい安全技術も登場している。こうして日々進化を続けるセーフティデバイスだが、それらさまざまな安全装備の効果を充分に発揮するための基本となるのが、わたしたちに最も“身近”な安全装置であるシートベルトの存在である。

 2010年度版の交通安全白書の「交通事故の長期的推移」によれば、2009年における交通事故による死者数は4914人。交通事故による死者数は9年連続での減少であり、さらに死者数が5000人を割りこむのは1952年以来実に57年ぶりのことであるという。これには当然安全技術の進歩も役割を果たしているに違いないが、各県警の調査結果によれば、2008年6月よりスタートした「後部座席シートベルト着用の義務化」が大きな効果をあげていることが判明している。

 おなじみの3点式シートベルト、その実用化と普及に大きな役割を果たした自動車メーカーがボルボである。

エキサイトイズム 本国発表されたばかりの最新のワゴンモデル「V60」

 ボルボは1959年、腰部の左右と肩の計3点を支持する3点式シートベルトを世界で初めて乗用車(ボルボ120とPV544)に標準装備。その特許を世界の自動車メーカーに無償公開することで、万が一の交通事故における乗員保護という安全性能の拡大に大きな功績を残した。

エキサイトイズム 1959年、フロントシートに3点式シートベルトを標準装備(ボルボ120シリーズ)
エキサイトイズム ボルボ120シリーズ
       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集