コラム
» 2010年07月02日 08時00分 UPDATE

吉田典史の時事日想:生き残るのが難しい……ゴーストライターの世界 (1/4)

なにかとトラブルが絶えないのが、ゴーストライターの世界だ。それではトラブルに巻き込まれないようにするにはどのようにすればいいのだろうか。筆者の吉田氏がこれまでに経験した事例などを踏まえ、解決策を紹介する。

[吉田典史,Business Media 誠]

著者プロフィール:吉田典史(よしだ・のりふみ)

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2005年よりフリー。主に、経営、経済分野で取材・執筆・編集を続ける。雑誌では『人事マネジメント』(ビジネスパブリッシング社)や『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)、インターネットではNBオンライン(日経BP社)やダイヤモンドオンライン(ダイヤモンド社)で執筆中。このほか日本マンパワーや専門学校で文章指導の講師を務める。

著書に『非正社員から正社員になる!』(光文社)、『年収1000万円!稼ぐ「ライター」の仕事術』(同文舘出版)、『あの日、「負け組社員」になった…他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(ダイヤモンド社)、『いますぐ「さすが」と言いなさい!』(ビジネス社)など。ブログ「吉田典史の編集部」、Twitterアカウント:@katigumi


 ゴーストライターの仕事は、トラブルが絶えないもの。そこで今回の時事日想は、私なりの解決策を紹介する。結論から言えば、少なくとも次のようなことを踏まえる必要がある。

(1)「著者の暴走」を防ぎ、共存共栄体制を作る

(2)編集者、著者にゴーストライターの仕事を理解させる

(3)ゴーストライターをする以前に、足元を見つめ直す

 (1)であるが、著者(経営者、コンサルタント、政治家、タレントなど)の身勝手な姿勢をあらためるように仕掛けることが必要だ。著者の中にはトラブルメーカーが少なくなく、取材した中には部下をいじめ抜き、「退職強要」として訴えられた中小企業の経営者もいた。役員との間でお金でもめて裁判になり、負けたベンチャー企業の経営者もいる。クライアント先の企業から訴えられ、賠償金を支払ったコンサルタントもいた。

 これらの人は、法律やルールを守るといったことが苦手だ。私が経験した例を挙げよう。1年ほど前、創業間がないコンサルティング会社の経営者(30代男性)から依頼を受けた。「A出版社から本を出したい。構成案を書いてほしい。その代価として10万円を払う」と。

 そこで構成案を送ってみたものの、返事がなかった。そして1カ月後に、このような連絡がきた。「経営が苦しくなったので、本を出すことを取り止めたい」――。ただ働きになったが、「仕方がない」と自分に言い聞かせた。

 だが、経営者はB出版社に構成案を持ち込み、ゴーストライターを使い、書かせていたのだ。タレコミをしてくれたB出版社の編集者によると、原稿は私の構成案どおりになっているらしい。弁護士に相談したところ、経営者の行為は「詐欺に近い」という。その本は近く発売されるが、もちろん構成案を書いた私やA出版社に、お金は1円も入らない。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集