コラム
» 2010年06月30日 08時00分 UPDATE

決める前に削ぎ落とす――事業仕分けを仕分けする (1/2)

事業仕分けを見ていると誰もが思う、「なぜ、誰が見ても一目瞭然のムダな支出がこう簡単にまかり通るのか?」という疑問。その原因と対策を考えてみた。

[中ノ森清訓,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:中ノ森清訓(なかのもり・きよのり)

株式会社戦略調達社長。コスト削減・経費削減のヒントを提供する「週刊 戦略調達」、環境負荷を低減する商品・サービスの開発事例や、それを支えるサプライヤなどを紹介する「環境調達.com」を中心に、開発・調達・購買業務とそのマネジメントのあり方について情報提供している。


 事業仕分けのニュースを見ていて、あなたも疑問に思ったのではないでしょうか? 「なぜ、誰が見ても一目瞭然のムダな支出がこう簡単にまかり通るのか?」と。

 例えば、エネルギーや原子力への理解を求めた財団法人日本立地センターの女性誌への雑誌広告では……

  • そもそもの意識調査が十分統計学的に処理されていない
  • 国の原子力安全行政の中で女性にターゲットを絞ることはあまり意味がない
  • すでに色んな独法や公益法人で広報事業が行われており、この事業が女性を対象に料理教室などを開催しながら、エネルギーや原子力について考えた様子を雑誌に掲載することが、どういう波及効果があるのか不明

 女性の労働環境、就業支援、健康促進を行なう財団法人女性労働協会の、女性と仕事総合支援事業に対しては……

  • 東京に箱モノを持ち、この財団に非競争的に国費を出すことは正当化されない
  • 同様の事業は自治体・民間で多数行われており、国として実施する特段の理由はない

 水環境保全のための魚類繁殖場調査及び生物多様性の学習用簡易評価手法を開発する社団法人日本の水をきれいにする会に対しては……

  • 調査能力もまったく欠如しており、業務委託先として不適当
  • こういう団体に発注を認めてしまう発注側(環境省)の姿勢についても問題がある
  • このような発注が認められれば「何でもあり」になってしまう
  • この法人のための事業発注になっているのではないか

 宝くじの普及宣伝を行なう財団法人日本宝くじ協会、財団法人自治総合センターについては……

  • 天下りの方々の高額給与の問題、過度に豪華なオフィス、複雑な交付形態、無駄な宣伝広報事業
  • 自動的に宝くじの収益がこれらの両団体に流れ、自治体による実質的に自主性を持った公益事業が行われていない

 上記のような指摘がなされています。これらの指摘はもっともですが、見れば見るほど「こんなの予算をつける前にチェックできるよな」と思わざるをえないことばかりです。

もぐらたたき式だとダメ

 これらのケースは明らかに、予算策定と執行段階のマネジメント、チェック機能が行政においてまったく働いていないということを示しています。「だから、事業仕分けをやっているんだ」という反論もあるかもしれませんが、今のところ、事業仕分けは個々の案件をもぐらたたきのように叩いているだけで、「予算策定と執行段階のマネジメント、チェック機能が行政においてまったく働いていない」という問題に正面から取り組んでいません。これでは、いつまで経っても、ムダはなくなりません。まあ、当人たちは、汗をかいて「国民のために良いことをしている!」と気持ちよくなっているのかもしれませんが。

 今のもぐらたたき式のやり方では、ムダが生じてからそれを削りに行くので、少なくとも一定期間はムダが生じることになります。施設や空港、道路やダムといったプロジェクトモノ、箱モノの場合には、ムダが生じてからでは手遅れ、時には撤退にコストがかかるため、引くに引けなくなり、ムダと分かっていながら、それを容認し、ムダを垂れ流し続けなければならない場合もあります。

 もぐらたたき式のやり方だと、組織には慣性の法則があるため、予算を一度付けてしまうと、それが既得権益となり、抵抗勢力を生むことで、見直されることがなくなってしまう恐れもあります。特に、行政のような前例踏襲型の組織では、この危険性は非常に高くなります。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集