コラム
» 2010年04月23日 08時00分 UPDATE

一人勝ちアウディのブランディング戦略 (1/3)

アウディの勢いが止まらない。日本で初めて輸入車シェア10%を突破し、3月の世界販売台数は月間記録を達成するなど、破竹の勢いを続けるアウディ。その徹底したブランディング戦略を探る。

[猪口真,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:猪口真(いのぐち・まこと)

株式会社パトス代表取締役。


 アウディの勢いが止まらない。

 リーマンショック後、売り上げが伸びないクルマ業界の中、確実に業績を伸ばしているのだ。2009年4月から2010年3月までの登録台数実績は、1万6978台(前年同期比8.8%増)。この数字はアウディが日本で販売を開始して以来、過去最高だという。特筆すべきは2010年1月から3月までの登録台数実績で、前年同期3374台に対して4181台(23.9%増)と、こちらはアウディ ジャパンが設立されて以来の最高台数とのこと。

 また、世界的にも、Audi AGは第1四半期において過去最高の約26万4100台の販売台数を記録したと発表した。アウディの世界販売台数は前年同期比約26%の増加、すべての地域で2ケタの伸び、3月には約11万400台を販売して月間記録を樹立しており、さらに第2四半期も同等以上の成長を狙うという。

 1月7日に発表した2009年1月〜12月の数値では、日本の輸入車市場において初めてシェア10%を実現した、とドミニク・ベッシュ社長は語る。この数値は2008年よりも輸入車市場全体が約20%縮小してきた中で、着実に業績を伸ばしてきた大きな証だ。アウディジャパンは、その躍進の理由を以下のように語る。

1.輸入車ブランドで最多となる2010年度燃費基準達成車をラインアップし、顧客の環境志向のニーズを先取りできたこと

2.ネットワークの拡充を行い、販売力の強化を図ったこと

3.社員のトレーニング強化を軸とした顧客満足度向上施策が成功したこと

4.アウディ100周年を訴求したCMや広告で顧客がアウディブランドを体験していたこと

 また、アウディ Q5は「2010年次RJC カー オブ ザ イヤー=IMPORT」を受賞するなど、専門家からも高く評価され、好調な販売を記録。アウディ ジャパンをプラスに導いた大きな原動力となった。

ah_aude.jpg アウディ Q5(出典:アウディ ジャパン)
       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集