コラム
» 2010年04月08日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:ドキュメンタリー映画『TOKYO TO OSAKA』が伝える“ピストバイク”の魅力 (1/2)

13人の米国人たちが、渋谷から大阪まで自転車で駆け抜ける姿を追いかけたドキュメンタリー映画『TOKYO TO OSAKA』。その中で彼らが乗っていた「ピストバイク」の魅力とは何なのだろうか。

[郷好文,Business Media 誠]

著者プロフィール:郷 好文

マーケティング・リサーチ、新規事業の開発、海外駐在を経て、1999年〜2008年までコンサルティングファームにてマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略など多数のプロジェクトに参画。2009年9月、株式会社ことばを設立。12月、異能のコンサルティング集団アンサー・コンサルティングLLPの設立とともに参画。コンサルタント・エッセイストの仕事に加えて、クリエイター支援・創作品販売の「utte(うって)」事業、ギャラリー&スペース「アートマルシェ神田」の運営に携わる。著書に『顧客視点の成長シナリオ』(ファーストプレス)など、印刷業界誌『プリバリ[印]』で「マーケティング価値校」を連載中。中小企業診断士。ブログ「cotobike


 自転車でどのくらいの距離を走りますか?

 自転車に乗り始めた時のこと、補助輪を外し、後輪の荷台を支えてもらい、右に左に傾きながら、遂に支えなしで走れるようになる。感動の一瞬。「自由だ、どこまでも走ってゆける!」というあの感覚。距離にしてせいぜい100メートルだが、偉大な100メートルだった。それから走行距離を1キロ、2キロと伸ばしていくが、たいてい5キロ止まりでそれ以上は走ることは珍しい。さらに、子どもができると子ども運搬用になってまた2キロ程度に逆戻り。

 ローティーンの私は比較的長い距離を走った。実家のある池袋から自転車で高田馬場へ、しばしば新宿へ、まれに渋谷まで明治通りを上り下りした。交通費を浮かして、名画座のハシゴ。ごくフツーのチャリでよく走った。ところがそんなスケールを超えて、“渋谷”から“大阪”まで、一気に1週間で走り抜いた13人の男たちがいる。それも“ピストバイク”で。

 13台の自転車が箱詰めで米国から到着。渋谷の街頭で、男たちがバイク(自転車)を組み立てるスリリングなシーンからその映画は始まる。フレームにタイヤを付け、ハンドルやサドルをセット。よく見ればどれも“フィックスド(固定)ギア”なのだ。

ah_tokyo2osakapic01.jpg

 ギアは前後2枚(変速なし)、ネイキッド(裸)なフレーム、シンプルなハンドル(ブレーキ1つも見かける)。常にペダリングして走る、走る間はペダルが回る、つまり競輪選手が乗るようなプロ自転車、それがピストバイクだ。フィックスドギアはその英語表現(ピストは仏語で“競技場”の意味)である。バイクを組み上げると、一斉に渋谷の街頭を走り出す。ぞくぞくするシーンだ。

※前後輪にブレーキをつけていない形での自転車走行は道路交通法違反となります。ピストバイクで公道を走る際には、必ずブレーキがついた状態で走ってください。

東京から大阪までピストバイクで

 13人のピストバイクに乗る若者たちのドキュメンタリー『TOKYO TO OSAKA』。エキサイティングな自転車ロードムービーだ(2010年6月米国で公開予定)。

ah_IMG08603.jpg 撮影:Jason Lam

 「なぜ東京から大阪? なぜ日本で“フィックスドギア”の自転車映画を撮影したんですか?」、監督のNick Hillさん(28)に聞いた。

 「外国で自転車ツアーをしようと思って、まず日本だなと。日本のバイク文化にひき付けられたのさ。フィックスドギアの原点である、日本の競輪やレースにも興味があったね。それを直で見たかったんだ」

 13人(監督自身を含む人数)のバイク好きな男たちが、東京から大阪まで、海岸沿いの道を1週間で350マイル(560キロ)走り抜けた。渋谷から国府津へ、富士、御前崎、田原、そこからフェリーにバイクを積んで海を渡り鳥羽へ、伊賀、起伏のある奈良、歓喜の大阪へ。バイクのスピード感が満ちあふれ、笑顔もあれば疲労もある。出会いがあり喝采がある。そして何より表情がいい。

『TOKYO TO OSAKA』トレイラー

Tokyo to Osaka Teaser from John Murillo on Vimeo.

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集