ニュース
» 2010年01月22日 18時43分 UPDATE

杉山淳一の +R Style:第25鉄 位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(完結編) (1/6)

位置情報ゲーム「コロプラ」をしながら、東京近郊区間を大回りする旅、いよいよ完結編。徹夜明けの筆者は予定の行程を無事こなせたのか。1日でたまったのは何プラ? そして旅の終わりに知った「130円大回り」の本質とは――。

[杉山淳一,Business Media 誠]

 JRの東京近郊区間を130円の最低運賃で大回りし、位置情報ゲーム「コロニーな生活☆Plus(以下、コロプラ)」の“プラ(ゲーム内通貨)”を稼ぐ旅。今回は後半をお送りする。後半と言っても行程の半分は夜になってしまい、車窓は楽しめない。そして、夜の闇より心を暗くする失態が……。

バックナンバー

 →位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(ルール解説&計画編)

 →位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(出発進行編)

 →位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(完結編)

ay_01.jpg 今回の旅程はこの通り。マークしたところが位置登録予定ポイントだ(詳しくはGoogleMapsで)

 成東駅12時02分発の銚子行きは空いていた。次に乗り換える駅は、銚子の1つ手前の松岸駅だ。約50分の乗車である。徹夜明けがたたってかなり眠い。しかし、松岸を寝過ごしたら大回りは終わりだ。大森から銚子までの普通運賃は2210円。130円を差し引いて、2080円も払い、帰りのきっぷも買わなくてはいけなくなる。

ay_02.jpg 成東から銚子行き電車に乗る。またしても113系横須賀色
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ